転職・退職

新卒採用で入った会社にさよならをして転職に踏み切りました。

新卒で入社した会社を去り、転職を決意しました。最初は1人で転職できるか不安になりました。ですが、会社をわずか数年で辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを転職活動を通して知り、無意識のうちに将来への不安が消えました。また1回転職をすれば、なんというか、体が軽くなったようで、「自分のやりたいこと」を優先できて日々が明るくなりました。
転職・退職

得意なことや大好きなことを仕事にしたいと思っている方は注意が必要です。

趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが好きだったのですが、以前は、飲食店で仕事をしていた時期がありました。その飲食店での業務は、そのお店で任されていた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。
転職・退職

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍政権下では「アベノミクス」「三本の矢」など、経済に関係する政策が次々と打ち出されています。日銀の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業ともに新しい社会的な変化が増えつつあります。その作用もあって民間企業のあいだでも今度は労働人口減による「人材不足」が社会的な問題として取り上げられています。
転職・退職

もし転職を考えているなら、先に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

もしあなたが転職を視野に入れているなら、転職前に資格を取得することでステップアップできます。また、職場に籍をおいているあいだに、資格取得をしておくのがお勧めです。転職時にあたって幅が広がるので、新しい仕事を探すのも容易になります。そんなわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階の資格取得がベストタイミングになります。
転職・退職

転職活動をしていると、面接で間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動で高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもかまいませんが、転職理由についてありのままに話すのはよくありません。例をあげれば報酬に関する不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に好印象を与えるものではありません。
転職・退職

派遣先の会社が決定しました。就業1日目に派遣会社で営業を担当している人と…

派遣会社での仕事が決まりました。就業の初日に営業担当の人と派遣先の近くにあるコンビニで待ち合わせたら、担当者がなぜか約束したお店の前にいないので店の中にいるのだろうと考えコンビニエンスストアの中に入ってみたら彼は驚くことに雑誌売り場前の通路に座り込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いて読んでいるところを発見!こんな担当者のお仕事なんてとてもじゃないけどできないことと考えて、声もかけずに気付かれないようにコンビニの外へ出てすぐに派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。
転職・退職

職場環境が原因で回復が難しいほど精神的なダメージが増え・・

仕事をするにあたって回復が難しいほど精神的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、会社を相手に相談するよりも、身内などの近しい存在の人に相談したうえで、退職するかどうかの判断をしてみましょう。それは、働くことは自身のことでもあります。が、しかし身内の問題でもあります。
転職・退職

このように昨今の企業の雇用に対する考え方の変移を、若い世…

このように現代の会社や企業の労働背景の変化を、34歳ぐらいまでの若者の世代ほど関心度が高いといわれています。先行きのキャリアアップを見据えているのでしょう。そのため、サラリーマン・労働者などの労働市場の流動化が進んでいるようで、一層、将来、世代に関わらず転職の関心度が増加すると予想されます。
転職・退職

失業した人がもらえる失業保険は、失業中でない人はもらえません・・

失業した際に受け取れる失業保険は、失業している間もらえるが、永久に給付されるわけではありません。離職時までに勤務していた期間に応じて異なり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、なんとこれを知らない人が一定数います。失業保険があるから働かなくてもいけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから急いで就業先を探してもよい会社を見つけるのは困難です。
転職・退職

転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やすことに加・・

転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力づくりを意識しておくと良いです。復帰した時に、趣味に没頭してたことによって知らない間に集中力がアップします。加えて、体力づくりも同時にできているため、その場の社員と比べると疲れにくいということを自覚します。