転職・退職

このように今の時代の企業の労働背景の大きな変化に関して…

現在の雇用事情が激しく変わってきたことに当たって、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代ほど鋭敏に感じ取っているようです。それはたぶん、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。なので、労働者やサラリーマンといった人たちの「流動化」が顕著になっているため、より後々世代に関わらず転職への注目が強くなるでしょう。
転職・退職

失業者が受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえませんが・・

失業することによって得られる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、この給付には「期間」があります。離職時までに勤務していた期間に応じて変わり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、驚くことにこれを知らない人が一定数います。「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから慌てて職を探し始めても条件のよいところを見つけるのは難しいです。
転職・退職

転職期間のあいだは、趣味に打ち込んだり、体力の向上を意識してお・・

転職期間では、自分の好きなことに没頭するほか、体力の低下を招かないようにしておくと良いでしょう。仕事が決まり、いざ仕事を再始動したとき、趣味に没頭していたことで、無意識のうちに集中する力が養われています。加えて、体力アップしていることでその場の社員さんよりも疲れない体になっているということを自覚します。
転職・退職

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、思い切って転職すると決めました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、悩みましたが、転職すると決めました。退職したときは、非常に不安な日々もありました。社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであることを私自身が転職することで理解し、いつの間にか漠然とした不安が消え、ほっとしました。
転職・退職

自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就き・・

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は注意が必要です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが大好きでそれが理由で、以前は、飲食業界で働いていたことがあります。そのレストランでの業務は、そのお店で任されていた業務内容は、盛り付け作業やホール業務です。
転職・退職

近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済政策が矢継ぎ早に展開されています。経済政策に連れ立って金融政策とも、たがいに作用しあって財界・民間企業ともに今までとは異なった変化が具現化されてきています。
転職・退職

もしあなたが転職を考えているなら、先に資格を取るとステップアップします。

もし転職される場合は、転職する前に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。また、仕事を続けながら資格取得をしておくのがベストです。転職にそれを生かせるので、新たな仕事を見つけやすくなります。ですから、在任期間中での資格取得がお勧めです。あなたが未来を見据えて、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも心残りなく仕事を探せます。
転職・退職

転職活動で面接で例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていると、面接のときに高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、「転職理由」を、率直に伝えると問題があるかもしれません。転職理由でよくある給与の不満、上司とそりが合わないことなど、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。
転職・退職

派遣で働く会社が決まりました。

派遣として働く会社が決まりました。勤務開始の日に派遣会社の営業の担当の方と就業先の会社近くのコンビニで落ち合うことになっていたところ、営業担当者がどうしたことかコンビニエンスストアの前にいなかったので店の中にいるのではないかと考えコンビニエンストアの中に入ったところ、彼はなんと雑誌コーナーにしゃがみ込んでいやらしいグラビアのページを開けてじっと見ているのを発見しました。
転職・退職

働くことによって精神的にまいってしまい転職せざるを得ない状況となったなら…

仕事のせいで回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積されてしまい、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そのときは、相談するのは会社でなく身内などの近しい存在の人と相談して、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、働くのは自身のことでもありますが、同時に家族の問題でもあります。