転職活動をしている際に、面接時に高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動で面接のときに例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていると、面接時に高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。例をあげれば給料に対する不満、人間関係の問題など、面接担当者に悪い印象を与えるものです。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。さらに、「入社したら、〇〇をやっていきます「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機に話題を変えてしまいましょう。
  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、職を探していることを証明しなくてはいけません。

  • 失業保険の給付においては、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。が、実際は「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でもゆっくりしたい」と考えるのが正直なところでしょう。というワケで、きちんと次の仕事先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。1ヶ月おきの「ハローワーク」での面談は言うまでもなく必要ですが、求人票を見ることは少なくともやっておきましょう。実際には探す気が無い時には、求人票を真剣に見ているフリをして、ハローワーク職員との面談にて、「労働条件のいい仕事ややっていけそうに思える仕事が残念なことに見当たりませんでした」と言って、次の機会を探すという手もあります。
  • 転職時の面接では、零細企業であればその社内の「人事」担当者が面接官になりますが・・

  • 再就職のための採用面接では、小規模業者であれば概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが、どこでもそうとは限りません。具体的には、これから一緒に仕事をする作業部署の責任者、言い換えれば中間管理職である部長や課長が面接をすることもあります。とりわけ事務職や営業職の場合は、資格などという判断がしづらいので、積極的に自分自身を売り込んでいくことが大事です。担当者から「この人はしっかり主張するし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。
  • 転職活動中の会社での面接でのよく思い違いがあるので・・

  • 転職先での面接でのやめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいとあからさまな猫かぶりをすることです。すると正直に言って不採用となる可能性が高いです。そうなる前に思い切って面接の際は「残業」といったような、通常ならかなり質問しづらいことを勇気を出し訊いておいた方が、最終的に確実にあなたのためになります。実際には「そんな無遠慮なそのような質問をすることで面接結果に不採用になるのではないか」と不安がるかもしれません。だけども、かえって悪い印象を持たれることは最終的にはいい場合が多いようです。こうした「お金」や「労働環境」に関連する内容は、多くの人が知りたいと思っています。ですが、不採用を恐れるあまり、聞かないのも事実です。しかしながら、一歩踏み込む勇気があれば「こいつは他と違う」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。
  • 転職活動を開始するにあたって、いろんな方法で情報を収集することが多いと思いますが・・

  • 転職を始める際、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトは非常に有益です。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社した元社員の復讐としてその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる視点から見れば、投稿の内容が嘘であれば、会社としては気にする必要はないはずです。とはいっても、現実は『クロ』で「これではいけないと思い、急いで炎上をしずめよう」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、その分入社してからトラブルに遭遇する覚悟をしなければいけないと考えてもいいと思います。そもそも、本当に善良な企業であれば煙も立ちません。
  • 2ヶ月まえに、転職したばかりなのに、入ってすぐに退職を決断する人…

  • この前、転職をやっとしたばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職してしまうケースがけっこうよく見受けられます。それは私見ですが良い会社を見つけたものの、「自分の期待していた仕事と大きくギャップがあって幻滅した」「納得行かない慣習があってウンザリしている」と考えてしまって去っていくのだとか。このような、転職における失敗を繰り返さないためには、やはり、情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、昇給システム、など多角的に事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

  • 現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。ですが、忙しく働きながら求人案件をチェックしながら応募したり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面もハードだといえます。さらに転職活動時は、今の職場の同僚や上司に隠さなければいけません。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、書類選考をクリアし、面接が決定した後で辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自分でダイレクトに応募したとしても、応募した会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると認識しなければいけません。
  • 近頃はPCを使えばインターネットのエリアには、今で・・

  • 近頃はスマホで調べればインターネット上では、いわゆる「転職のためのサイト」に類するものが多すぎるくらいあったりします。その多くて困るくらいのサイトから自身の目的にあった転職先というのを見付けるために、とりあえず情報収集をしましょう。このような「転職サイト」をうまく利用することでスムーズな転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた役に立つ「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみてください。
  • 転職を行うとき、あらかじめ、求人雑誌を見たりして関心のある会社を調べるとは思います。

  • 転職をする場合、前もって、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして気になる会社をチェックされるとは思います。しかしながら、その会社が情報を載せる際には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。仮に公表したとしても差しさわりのない表現をします。そのような「社長インタビュー」などに関しては、それを鵜呑みにするのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも鵜呑みにして入社した場合、「話が全く違う」とあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、いろいろとイチャモンをつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。
  • これはシフト制のある仕事についての話なのですが、決まった曜・・

  • シフトの勤務形態がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人をよく目にするのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法、休み方についてはあらかじめ確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、前に私は産休で休む人の代わりにと正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前にいた人が「土日」に必ず出ることができたので、私も出勤できると思われていたようです。「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は私だけなんて・・・。振り返ると「おかしな職場だった」としか言いようがありません。