失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが…

失業した人に給付される失業保険は、失業状態でない人はもらえません…

  • 失業した人がもらえる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、延々と給付されるわけではありません。離職時までに働いていた期間に応じて違い、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると思い込んで永久に失業保険で生活しようと考える人がいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき急に職探しをしたとしても良い結果につながらない可能性が高いのです。転職候補となる会社の面接官もアホウではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかに関してはだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ときには、面接時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、9割がた採用されません。

  • 将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、転職をすることができた…

  • 楽しみながら再就職に向けての転職活動をすることができれば、メンタル面への負担も軽減されるので、転職期間中の堕落も避けられます。しかも、メンタルが健やかな状態のままであれば、すぐに新たな転職先も見つかるはずです。最良なのは、休職によるブランクをつくらず新しい勤め先を見付けることが重要です。現在の会社を退職せずに転職探しをすることが、ベストです。隙間をなくせば退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうしておけば、職歴の空白期間がなくなるので、今後に響きません。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後を踏まえて、うまく転職活動を考えていきましょう。

  • 退職と転職を度々しないためにすることはただ一つです。

  • 転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。スキルを向上させることもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返しません。今ではネットを用いてメンタル面を強くするヒントは誰でもカンタンに拾えます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは全然違う行動によっても、精神面を強化することが可能です。たとえばズバリ「海外に行くこと」です。海外旅行に行くと、日本では考えられないような習慣があったりと、どの瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま面接に向かえば、これまでとは違って自信満々に自己アピールができるはずです。しかし、退職後しばらくの間は精神面がもろくなっている人も多いので心の回復のために休業期間も必要です。

  • 転職にあたって準備は不可欠です。

  • 転職にあたって相応の準備は不可欠です。なかでも、身だしなみ、に含まれる服装は気にしている人は多いはずです。…が、近年の面接については、形式ばらない服装がOKな会社も多いので、スーツで面接に赴く必要がない場合もあります。会社の創立したての新規の企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接したほうが、相手からの印象が良くなります。加えて、フランクに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば面接のなかで、ファッションの話題に発展しやすいので、面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということから、これから転職は企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

  • 転職先を選ぶ際、言うまでもなく仕事のやりがいのアップと共・・

  • 転職先を選ぶとき、仕事におけるやりがいのアップと共にそれだけでなく収入が上がることも重要なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録をしていろいろと調べています。同じ会社でその上全く一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によって非常に幅があることも少なくなく、ぶっちゃけて言えば面接で質問したことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書かれているのは、書いた人物についてある程度予想できるのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 20代の時点で転職を2回し、現在、資格取得のため、「派遣社員」で働くことにしました。

  • 20代前半に転職を2度経験して、今現在は資格取得のために「派遣社員」を選択しました。常勤の勤務ではないのでやはり手取りは過去の仕事よりも少ないです。以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。学生時に資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。きちんと資格を活かしている人を見ると自分もこうなりたかったと感じます。前の私は、自分と他人を比べてしまい、ガッカリする毎日でしたが、しかし現在では、結婚をキッカケにがらりと生活環境が大きく変わり、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

  • 初めて働いた会社で怒りっぽい上司に嫌な気分にさせられ・・

  • 昔働いていた会社でのことですが嫌な上司に悩み、ついに我慢できずにその会社は辞め、同じ畑の別の企業に移りました。その会社では居心地よく勤務することができて非常に満足の毎日でしたが、ちょっとずつ会社の業績が落ち込んで、とうとうある会社に経営統合されることになりました。偶然にもその経営統合した先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、加えて転職のきっかけとなった上司が再び私の上司になることに。いったいこれはどうしてこんな縁があるのでしょうか。当たり前のことですが再び転職活動を始める予定です。

  • 転職先で会社見学などがあれば、すごく参考になります。

  • 転職したい会社の見学ができれば、非常に勉強になります。特に、職人さんのいる会社ではスキルを間近で見られるので楽しいものです。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、本来の現場を見せることがまずありません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。個人のクセが反映されやすい業種なので、実際に仕事を始めてみるまでは、実際の姿は伺えません。なので、仕事=見学で知った内容と思わないことが無難です。ましてや、会社見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから選択肢に入れるのはやめておきましょう。雇用契約を結んでいない段階では仮に何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保証が無いので、仮に、勧められたとしてもていねいに断ることが大事です。

  • 今励んでいる転職活動をしているときに、「これまでこのような内容…

  • 励んでいる転職活動時、「私は今までずっとこのような仕事をがんばりました」「過去の会社の仕事によって、こういったスキルを得られました」と過去の自身の成功体験などをしっかりアピールしようと考える人はよく目にします。ところが、志願し再スタートを図る企業で「そのうちこういったことに挑戦したい」「私が申したような内容の事なら積極的に貢献できるはず」と将来のプランを話して自己をアピールする方がよっぽど効果があります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になってもすぐ退職できるというわけではないこ…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごとにすぐ辞められるというわけではないことを転職を通じて感じました。新婚し、生活が落ちついたあとできればすぐに子育てに取り組みたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、数年くらい現在の会社でそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員だったので、正規よりも給料は少なめでしたが、それでも時間的な自由のために、この道を選択しました。しかし、いざ入社後、一緒に働く人たちのほとんど派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣社員であってもすぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、ちょっと困っています。