新卒採用で入った会社にさよならをして転職に踏み切りました。

新卒で入社した会社を離れ、転職を決断しました。

  • 新卒として入った会社を辞めて、転職すると決意しました。会社を辞めたときは、しばらくの間大丈夫だろうか、と悩みました。でも、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動を通して学び、自然と漠然とした不安が消え、ほっとしました。1回転職したことでなにか気持ちが前向きになって、自分のしたい仕事を見つけることが毎日が楽しくなりました。いまだ「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」といったような転職に対するマイナスイメージもありますが、それが正しいとは限りません。私自身、間違ってなかった、と思っています。

    自身のスキルを活用しながら就職活動を検討しているなら・・

  • あなたが持つ現在のスキルや資格を活かしつつ、転職活動したいと思っているなら、転職がしやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を理解しておいてください。転職が容易な業界としては、慢性的に人手が足りない「医療・介護」が、おなじみですね。看護師および介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが高く、売り手市場となっています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、何かしらの事情によって他の業界に転職する事を考える場合、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の業界は、流動性は決して高くはないのです。ですから、安易に考えないことが重要です。転職をされるのであれば、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておいたほうがよさそうです。

    これから転職活動をするのなら、気になった求人(OR 職種)…

  • 転職活動をするのなら、良いと思う求人(OR 職種)を見つけた際には100%「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票・転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナス面などは教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、簡易的なネット検索によっていとも簡単に実態を知ることができます。そのような検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、のちに痛い目にあいます。だいたい求人が出ていた理由が「仕事がキツイから人がなかなか定着してくれない」ということも多くあります。気になった業種について、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

    新しい仕事で、それまでの資格やキャリアを活かせられれば・・

  • 新たな勤め先でこれまでに培ってきた資格やキャリアを存分に発揮できれば、即戦力として迎えられ、早々に仕事場にも馴染めるし、同時に雇い主側もそういった即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえあえば、難なく事が運ぶでしょう。それに加えて過去の業務内容と同じなら可能性は十分にあります。ですが、即戦力な人材であったとしても、大手の事務系、公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、時代や景気に左右されることなくかなりの競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。

    『なるべく早く転職したい!』と思っている人でその意志が強いのであれ…

  • 『転職したい!』と考えていて、自分の意志が固いならば退職したいということを速やかに上司に伝えましょう。ですが、そのときに曖昧な表現をしていると、言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際に私もそういった経験があり、話がこじれて結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。退職する旨をはじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、数ヶ月働くことになり、退職届けを出せたのは同年の11月です。本当ならは仕事の落ち着いた年度末を退職のタイミングと考えていたのに、スムーズにはいきませんでした。職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの希望を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでさすがに以前にも増して呆れてしまいました。

    転職するため職探しをする場合に注意すべき求人内容…

  • 就職活動するときに気を付けて欲しい求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長めのものです。このような案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が少なくありません。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間・45時間といった感じで求人の内容に時間が併記してあります。毎月この程度の残業が想定されるので、事前に給料形態に残業代を含んでおくということです。(この仕組みは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代30時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代も含めてこの給料がもらえます」という話になります。けれども、悪質な求人では、この『みなし』をわざと記載していないことも少なくないのでしっかり注意をしておきましょう。

    転職サイトや転職エージェントを通じて、転職活動される人は多くなってきました。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを通じて、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。ですが、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、その上に転職フェアを活用することをおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加することによってあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、その上、その場で説明しているスタッフさんから、企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに参加するのであれば、1次面接に行くつもりで自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。その結果としてフェアのあいだに企業側に必要な人材と思わせることができれば、後日応募して採用面接でアドバンテージになるはずです。

    今現在の自身の職場・業務内容について不服に思っていることの中に…

  • 現在の自身の職場や業務内容について大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の持っている資格やスキルを適正に評価してくれない」そして、「年収アップもないし、昇格も出来ない」といった不満を挙げる人が多くいます。とはいうものの、そんな人の中には、自身の持っている力量を実際よりも過剰評価しているケースが少なくありません。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職するまでの空白がながくなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。なので転職活動で良い成果を出すためにも、自身のスキルや能力を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

    明日からでも転職活動を希望しているのなら、今現在の業務や・・

  • これから転職活動しようと考えるのなら、今いる業務や仕事で感じている不満点を洗い出しておきましょう。不満があるから転職しようと思っているはずです。が、「よく考えて存在する仕事・業務の客観的に考えた問題を書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「今より何が不便になるか」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。こうした整理をする事で、転職の失敗は抑えることは可能です。

    女性が転職する際、数年前と近年とでは若干の変化があるといいます。

  • 女性の再就職に関しては、一昔前と現在とでは多少の変化があるといいます。前は面接のなかで会社側から、結婚の予定や結婚後の予定など、普通に女性に質問していました。しかし、今現在はその手のデリケートな内容は、セクハラに該当するとして聞くのを避ける会社が増えています。また、特に大企業ほど、神経を尖らせているようです。そうではあるものの実際、企業側は、はい・いいえ、といった形ではなく、その女性の姿勢、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいと思っている事でしょう。自らの人生設計を理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と並行して表現することで、相手方の疑問も解消できると考えます。ですから、質問されていない箇所もこちらから積極的に話を進めていきましょう。