転職活動をしていると、面接で間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていれば、面接のときに例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていると、面接時に例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。このうち「志望動機」は、思ったとおりの内容で構いませんが、これとは異なり転職理由について隠さずに伝えるのはよくありません。給料の不満、人間関係の問題など、採用担当者に悪いイメージを与えやすいものです。とはいっても、自分が不利益を被ると予想できることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そして、この会社に入ってこんな仕事をしたい、5年後はこうなっていたい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったようにうまく話をすり替えましょう。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、就職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、仕事を見つけようとしているという証明が必要となります。だとしても、「会社に行かなくて良いし、しばらくは仕事をせずにゆっくりしたい」と思う人も少なくはないはずです。そこで、真剣に次の仕事先を探しているように見せることができるので教えておきます。月一回のハローワーク職員との面談は当然必要ですが、その場で求人票を見ることは必ずやっておきましょう本気になって探す気力がないときは、求人票を真剣に見ているフリをして、ハローワークスタッフとの面談の際に、「労働条件のいい仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念なことに見当たりませんでした」と告げて次の機会まで待つという方法もあります。

転職時の面接では、小企業クラスの場合大体、その社内の「人事」担当が面接官になります…

転職時の採用面接では、小企業だったらその社内の「人事」担当が面接官ですが、100%ではありません。たとえば、今後共に仕事をする一番偉い人、平たく言えば部長や課長クラスが面接の場に居合わせる可能性もあるのです。とくに事務系や営業系といった部署に転職する場合は、資格などで人の評価が難しいので自信を持ち自分をアピールしていくことが必要であり大事なことです。面接担当者たちから「この候補者はハッキリ自己主張できるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。

転職活動中の面接では、やめておいたほうがよいのは露骨なまで…

転職先での採用面接での多数の人が考え違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまり無理に猫かぶりをすることです。すると残念なことに採用を逃してしまいます。そうなる前に猫をかぶるよりも面接時は、「有給取得率」といったような、多くの人がかなり質問しにくい内容を思い切って聞いた方が自分のためになります。信じられないかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった質問をすることで面接で良い結果が期待できないのではないか」と懸念するかもしれません。ところが、意外なことに、プラスに作用することは結果的には可能性が高いのです。この手のお金・労働環境に関する内容は、実際には、多くの人が気になっています。けれども、面接応募者の多くは、普通は質問できません。けれど、勇気を出して質問をすることで、「こいつは他と違う」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

転職活動を始めるにあたって、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが、…

転職活動を開始するとき、いろんな方法で情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に役に立ちます。過去に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐としてそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソの書き込みだったのなら、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。または、本当のことが書いてあるので会社側としては、「周囲に気づかれたら恥になるから、なんとか火消ししたい」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、それだけ関わったらトラブルに遭遇する心配をしなければいけないとみなしていいでしょう。というか、善良企業の場合トラブルは発生しません。

数ヶ月ほどまえに、転職したばかりなのに、わずかしかたっていないのに…

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、少ししか仕事もしてないのに退職を決意してしまう人がとてもよく見受けられます。何故かと思うと私の思うところをいうと気持ちも新たに、自分自身に合った会社を見つけたというのに、「自分自身の想像していた仕事とだいぶ違っていた」「職場環境が受け入れられなかった」という原因で退職してしまうみたいです。できればこういった、転職先選びで避けるためには第一に、事前の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、通勤時間、などいろいろ事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。

転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。しかし、忙しく仕事を行いつつ求人情報をチェックして応募したり、面接に行くのは精神面も肉体面も消耗が激しいといえるでしょう。転職活動をしているあいだ、現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、もしも、書類選考をクリアし、面接の段になって辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、他方自身で直接、応募した場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにしても自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と意識を持つことが大切です。

この頃はPCやスマホを使えばインターネットで見られる世界で・・

とみにパソコンやスマホは便利でインターネットで見られる世界には転職に関連するサイトがあちこちにあったりします。その数限りないサイトから自分自身が欲している転職先を見つけるためには、まずは情報が大事ですから収集が必要です。こういう「転職サイト」をきっちり使うことで、効率的な転職先探しができます。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから安易に信じるのは考えものです。まずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

転職をする場合、予め、求人雑誌を閲覧したりして気になる会社を調べるとは思います。

転職を行うとき、最初に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりして関心のある会社を調査するはずです。ですが、その会社が情報を公にする際には、、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。たとえ公開する場合でも差しさわりのない表現をします。その類の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、額面通りに捉えるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。仮に情報を信じて入社してしまった場合、予想とは全く違うと後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、いろいろとイチャモンをつけて会社を辞めれないように策を練ってきます。このようなことは、いわゆるブラック企業に多いです。

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、決まった…

「シフト制」の業務についてです。毎週、決まった曜日に働ける人を募集している求人を結構見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法、休む方法については、面接時にチェックしておくべきです。私は過去に、産休で休む人の代理として正社員として就職したのですが、そこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った女性が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の先輩たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。冷静に考えると、「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。