失業した人がもらえる失業保険は、失業中でない人はもらえません・・

失業した際に受け取れる失業保険は、失業している間もらえる・・

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまで勤務してきた期間によって変わり、3か月とか1年とかが決まるのだが、驚くことにこれを知らない人が一定数います。期間の制限ががないと思い込んで「失業保険を受け取れるあいだは遊んでいよう」という人がいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから急いで仕事を探しても条件のよいところを見つけるのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」位はだいたいバレると思っておくべきです。状況次第では、面接の時にそういった質問をされるキケンもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、受かりません。

  • 期待をもって再就職をすることができれば、メンタル面への負担も軽減されるの・・

  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職活動をすることができたら、精神的な重荷を抑えられるので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。そのうえメンタル部分が健全な状態であれば、割と早く転職先も見つかるはずです。一番ベストな形は、休職期間を作らずに新たな勤め先を見付けることが大事です。現在の会社を退職せずに新たな職場を探すのが理想といえます。間をおかなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうしていれば、職歴の空白期間がなくなるので、履歴への影響も回避できます。つまり、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、上手に転職活動を進めていきましょう。

  • 転社を度々しないための対策は至ってシンプルです。

  • 転社を度々しないためには、少しコツがいります。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はネットがいつでも使えるので、メンタル面を強くするヒントは誰でも知ることができます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは関連性のないことでも、精神面を強化することができます。それは、海外への旅行です。外国は、生活習慣も文化も、そして言語も、違うことばかりなので、刺激をたくさん受けることができます。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちを携え、面接に向かうと、これまでの面接とは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。どうしても、退職してすぐは、精神面が弱くなっているので、適度に休んで、回復したあとで行動するようにしましょう。

  • 再就職する場合、然るべき準備はしなければなりません。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、目に映る「服装」は、重要なことだと感じてしまいます。けれども、ここ数年の、面接に関しては、私服がOKな会社も多いので、ビジネススーツで行く必要がないケースもあります。創業してすぐの歴史のない会社ほど、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服で面接したほうが、相手に良い印象を与えられます。そして、ざっくばらんに話ができるのも魅力のひとつです。また、私服だと面接のなかで、ファッションについて、話題が広がることがありますから、うまくいけば面接担当者へのアピールにもなります。ですので、これから転職にトライするなら「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 転職ならば、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと共…

  • 転職をするならば、仕事におけるやりがいのアップと一緒にそれに加えて賃金が上がることも大事なことなので「年収サイト」に登録して事前に調査をしています。同一の会社で加えて全く同一の職種、社歴なのにずいぶん人によって違いがあることも多くあり、ぶっちゃけ面接時に質問したことがあります。面接官もそのサイトを見たことがあるようで「高い収入で書いているのは、書いた人について誰だろうとそこそこ見通しはついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと覚悟しておいてください」とのことでした。

  • 20代前半で転職を2回した為、いまは資格の勉強をしながら…

  • 20代前半に転職を2度経験して、そして今、資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務ではないので給料は安くなりました。ですが、心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時にいくつか資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。資格を活かしている人を見ると非常に羨ましいと見えてしまいます。昔の私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、ガッカリする毎日でしたが、しかし現在では、結婚して私の生活環境も大きく変化し、将来の目標も決まり、自分の人生に満足できるようになりました。

  • 就職した会社で嫌な上司に神経を使い、最後には耐えきれずにその会社は辞・・

  • 就職した会社で意地の悪い上司に神経を削られ、最後には我慢の限界を超えてその会社を辞め、同業である別の会社へ転職をしました。そこでは上司で悩むこともなく満足の毎日でしたが、ちょっとずつ会社の業績が落ち込み、ついには経営統合されました。奇遇にもその統合した会社がなんと前に勤務していた会社で、おまけに感じの悪かった上司が再び私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょう。当然新たな転職先を探す活動を開始しています。

  • 転職したいと考えている会社の会社見学ができれば、非常に参考になります。

  • 転職したい会社の見学は、非常に参考になります。とくに、「職人」のいる会社なら、職人技を近くで見られるのでワクワクします。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、いつも通りの姿を見せてはくれません。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社するまで本来の働き方が出ません。そのため、見学で知った内容がそのまま仕事現場と考えないことが賢明です。それに加えて、見学の時に実際に仕事体験できる会社はとても危険ですから気を付けるべきです。入社していない段階では万が一ケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保証が無いので、万が一、勧められてもていねいに断るとこが大切です。

  • 今やっている転職する活動で「自分はこれまでずっとこのような内容・・

  • いい転職をしようと転職する活動で「私は今までにこういった仕事に従事しました」「これまでにこういった技術を身につけることができました」と自身の実績・セールスポイントをがっしりアピールする人は頻繁に見かけます。でも、志願し1から始める職場で「そのうちこういったことに挑戦したい」「これこれの事なら積極的に参加したい」と未来の姿を話して自己をアピールしていくほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年経ったら…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら任意のタイミングで退職できるわけではないと、実際に転職を経験して理解しました。新婚し、生活に慣れたらできればすぐに子供が欲しかったので、その時が来るまでのあいだ、1年半~2年ほど今の継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員だったので、正社員よりも収入は少なかったのですが、それでも「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ところが、入社したあと、一緒に働く人たちの大多数が派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。結論として派遣社員であったとしても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気もないと知り、これが今の悩みになっています。