新卒採用で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職をしました。

新卒採用で入社した会社を退職し一歩踏み出して転職をしました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、転職に踏み切りました。実際にやめる前後は、非常に不安で悩みました。社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと自身の転職を通じて理解し、無意識のうちに安心しました。また1度、転職を経験したことによってなにか肩の荷が下りたような感じがして、「自分のやりたいこと」を考えるのが楽しいものになりました。やはり「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような転職に否定的な意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私の人生においては転職を決断して後悔はありません。

  • 自身のスキルや資格をふまえて転職活動する場合、再就職し易い業…

  • 今あるスキルを有効活用しつつ、再就職する場合、転職し易い業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておきましょう。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」系が代表でしょう。医療や介護では、看護師、介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高めの業種ともいえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていてとある事情によって他業界に転職したいと思っているなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は現業界よりも少なく、簡単に考えないことが大切です。転職を希望するなら、他の業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。

  • これから先、転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは業種…

  • 転職活動しているとき、気になる求人(または職種)を見つけたら、絶対「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで調べておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス点は知らせてもらえません。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、簡易的なネット検索によっておおまかな実態を理解できます。そういった検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、のちに後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が「内容がきつく、人が辞めて穴が開く」ということも多いので気になった業種について、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

  • あたらしい職場で自身の過去の実力を活用できれば、即戦力として周囲から扱われ・・

  • 新しく就いた仕事でこれまでのキャリア・スキルを生かせたら、即戦力として周囲から扱われ、仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。また会社としても、大いに助かると言うものです。タイミングさえうまくいけば、簡単に採用されるでしょう。加えてかつての職場と似ている仕事なら転職は非常に楽になるでしょう。でも、まずまずの能力があるといっても大手の事務系の仕事や、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、時代に関係に左右されることなくかなりの難関になることを肝に銘じておきましょう。

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が固いなら…

  • 『転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。しかし、このときに相談という形を取ると、状況によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたいということをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあって数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。予定では、年度末を区切りにしたかったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、さすがに心の底から失望しました。

  • 就職のため仕事探しをする際に注意が必要な求人は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、…

  • 転職活動する場合に気を付けるすべき募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束される時間が長いものです。このような案件は、給料に『みなし残業代』を含んで算出していることがたいへん多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間・45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、前もって給料に残業代を組み込んで計算しておく、といったものになります。(注・合法です)もし求人に『みなし残業代25時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料がもらえます」ということになるわけです。ただし、悪質な求人には告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してないことも少なくないので気をつけましょう。

  • 転職サイトや転職エージェントを通じて、転職活動すること自体、一般化してきました。

  • 転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動される人は多くなってきました。だとしても、それに加えて転職フェアも利用してみてはいかがでしょう?転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、参加すれば複数の企業に関する情報に触れることができ、そして、そこで説明してくれるスタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに行く際には、1次面接を受けにいくつもりでしっかりと自分をアピールしましょう。それによりフェアの最中に企業側から魅力的な人材、と思われれば、それからあとの面接の本番時にアドバンテージになるはずです。

  • 現在の自身の仕事や職場に関して、多くの人は不満を感じていると思います。

  • 現在の自分の職場や業務内容に対して、何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っているスキルや仕事での能力を正しく評価されていない」あるいは、「年収は平行線だし、将来的な昇格も期待できない」といった不満が多くを占めると思います。けれど、気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自らの持っている器量を実際よりも過剰評価している事が少なくないのです。もしも、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「自分が活躍できる求人なんてない」と転職の空白期間が長くなるおそれがあります。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。再就職に当たっては自分のキャパシティを客観的に分析することからはじめて見てください。

  • 今からでも転職を予定しているのなら、現在の業務で感じている不満点・・

  • そのうちでも転職活動しようと思うのなら、現在の業務や仕事で感じている不満点を洗い出しておきましょう。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満なことがあるから転職しようと思っているはずです。でも「しっかりと現在の職場や仕事の客観的に考えた満足できない点を書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあとに、もしも転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。すべての問題が解決するとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は防ぎやすく、成功することが可能です。

  • 女性が再就職する時、一昔前と近年とでは若干の変化があるようです。

  • 女性の転職に関しては、ここ最近と一昔前では多少、状況が変わりつつあります。前は面接の場で会社側から、結婚観や出産後の仕事など、ごく普通に質問されることが多々ありました。ですが、近年では、「セクハラ」にあたるとして、聞かない会社が一般化しつつあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、全面的に避ける傾向にあります。けれども実際、企業側としては、はい・いいえ、だけでなく、その女性の価値観、結婚した後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、知っておきたいと思うはずです。あなたの将来設計をわかっておいてもらうためにも、志望動機・自己PRと混ぜながら話すことで面接担当官にもしっかり伝わり、判断してもらいやすくなると思うのです。なので、たとえ、聞かれていない箇所についても、こちらが先んじて企業にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いです。