趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。

自分の趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きた・・

  • 自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意が必要です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私は、もともと食べることが趣味でそれが高じて、前に、料理店で勤務していた時期がありました。その飲食店での業務は、そのレストランで私が任されていた仕事内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係にとても疲れてしまったのです。そのことが理由で、退職したのですが、その影響で、好きだった食べることやその店でメニューとして扱われていた食べ物も苦手になってしまい、同ジャンルの飲食店には現在も行く勇気がありません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた頃は、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の好き、を仕事にしたいと思うのは素敵なことです。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり冷静に自分に尋ねる必要がありそうです。

    再就職の面接において会社側からクールビズで良いとと連絡が来る場合もあります。ですが、…

  • 再就職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズで良いとと連絡が来る場合もありますが、なかには、クールビズで行くのは失礼に当たるのでは?と考えてしまいます。クールビズの悩みを懐に抱いている人に伝えたいのは、クールビズでも良いとされている面接については伝達事項をそのまま行動に移したほうが安心です。色々考えすぎてしまい、汗がだらだら出る季節にクールビズではなくスーツを着込んでいくと暑苦しいと思われます。ですから、会社側からクールビズで来てくださいと事前に聞かされたのならクールビズで大丈夫なのです。

    転職活動をスタートする際、今の会社を辞職した後でと考える方もいます…

  • 仕事を変えようとするときに、まずは今勤務している会社を辞めた後でと思っている人もいるようですが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスがいつもらえるのかを前もって調べておきましょう。ボーナスが支給される会社は山ほどありますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが支給される日が目前に迫っているのであれば、ボーナスが振り込まれた後で辞める意向を伝えるという方法も得策です。ボーナスってある程度大金なので、もらわないと損ということも断言することができますから、転職しようと思ったらボーナスについての規定と支給日を確実に頭に入れておく方が賢明な方法です。

    転業を検討しているのなら、まめに多種多様な会社の募集・・

  • 転身を近いうちにするつもりなら、頻繁にたくさんの企業の採用情報をチェックしておくと転身先の判断がしやすくなります。今の職場にやりがいを感じられないと思っているケースでは、いざ転職活動をする時にどの企業も魅力的に見えてしまいます。そうなってしまうと、どの企業を選択すべきか迷ってしまうのでどんな会社でも飛びついてしまいます。したがって、最終的には直ぐに退職しなくてはならなくなるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくのがベストです。方法としては、企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。

    安定的な人生を手にするべく正規の雇用社員を目指している人は…

  • 安定的な暮らしを手にするべく正規の雇用社員として働くことを念頭に置いている人がかなり多いのが現実だと思います。だが、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っても、正社員としての転身が叶えられないこともあります。派遣社員の求人情報があるのに正規雇用の求人に執着し、エントリーしない人も多いでしょう。仮に、正規雇用での転職が厳しいのなら、非正社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。企業の一部は、成果次第で数年で正社員への転身を図れるようにしている所があるからです。ですから採用面接時に、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを尋ねておけば、良いでしょう。

    求人情報にはほとんどの場合、多くの会社では月の給与がしっかりと記載されていますよね。

  • 求人関連の広告には、まともな職場では月の給料等が記載されています。だけれどもこの月収の部分を調べれる時には、しっかり確認する事が大事です。額の多い少ないだけを見て納得してはいけません。何故かというともしかすると、月収の額の内訳で月20時間残業の場合を含んでいるかもしれません。何が問題かというと残業代の金額を入れることで金額が高く見えるようにしていることも珍しくありません。このほか、基本給プラス歩合給で、歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性が考えられたりします。そういった「不誠実」極まりない案件は、はじめから相手にしないほうが無難です。

    派遣で会社で働いています。労働契約法が原因でずっと働いてい・・

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法の関連でずっと働いていた会社での仕事が終わります。同じ派遣である方の中には、派遣先で正規社員の待遇をつかんだ人もいるのですが抜擢された理由としてははっきり言って仕事の実力とは関係なく派遣先の上司へのあしらい方がうまい方でそれが採用の決め手となったみたい。仕事を行う能力よりもおじさん転がし能力の方が大切なのだろうと派遣仲間達と勤務先で愚痴を言う日々です。

    転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は…

  • これから転職される人で次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、ぜひ失業手当をもらうことをおススメします。所属する会社がもし雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、場合よっては企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。なお、失業手当の金額は最後となる月の近々の給料を基準に割り出されるので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

    転職を、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている…

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ注意していただきたい箇所が数点あります。まずはじめに派遣と聞くと「データ入力」「電話対応」「お茶出し」のようなものをなんとなく連想する人がおそらく多いかと思います。最初はかく言う私自身もそう勘違いしていました。今の企業に入るまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「担当業務は電話対応になります」と面接で派遣会社からも説明も受けてました。しかし、実際に働き始めると、なんと「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務をやってくれと言われました。毎回振り回されますし、はじめに説明された内容とは全く違うのでかなりきついです。今は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

    経験のない業種などに転業したいときには、自分が以前の職で…

  • 全く経験したことがない業界などに転業を考えるときには、自分が前の会社で培ってきた腕前や経験したことが生かせるというアピールが必要です。その業種の未経験者は未経験の分だけそのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも実際のところ、損にはなりますが、自分自身が保持しているスキルがそこで十分に生きるということを相手に話せれば、勝負になるケースは考えられるのです。という訳で、経験したことがない業界にチャレンジする場合は、その業界と前の職場でやっていた仕事とのかかわりを探しましょう。