もしも転職するのなら、先に資格を取得することで選択肢が増えます。

もし将来、転職をするつもりなら、資格を取るとステップアップします。

  • もしも転職をするなら転職する前に「資格」を取得しておくと有利になります。また、転職活動を始める前の段階で、資格取得をしておくと、転職活動の際にあたって幅が広がるので、新しい仕事を探すのも容易になります。であるため、在職中であり、かつ転職活動前の段階で資格取得をするのが一番良い時期といえます。もしもあなたが将来を考え、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、仕事を辞めた後も心残りなく仕事を探せます。さらに、資格を取得できれば転職先での面接時に面接官に「即戦力」と判断され、これまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。

  • 再就職する時に絶対に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などにおいては、…

  • 再就職する際に絶対に準備する履歴書や職務経歴書に関しては、原則、手書きではなく、パソコンで作るというのが主流です。今の日本では履歴書についてはパソコンによるものではなく自筆で作るというのが一般常識だと思われることも多いですが、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトやパートの時に準備する履歴書であって、転職の場合は絶対にパソコンを使ってはいけないと言い切ることはできないのです。手書きの履歴書や職務経歴書を評価する場合もあるようですが、違うところがだんだん増えてきているようなので、自筆の履歴書や職務経歴書でなくてもよろしいケースは意外にも大量にあるのです。

  • このところ私は派遣の会社に入っています。

  • このところ私は派遣会社を通じて働いています。ウェブサイトの中で自分にぴったりの仕事を発見して確認してみると「その仕事はすでに別の方で話が進んでいます」と言われ瞬間的にウェブサイト上から仕事の情報が消えるのですが、翌日にチェックすると再びその求人募集が掲載されています。これは結局は私だとダメだって意味ですよね。そういうことならば最初からカドが立たないようにはっきりと言ってくれればありがたいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それともひょっとして偽の仕事なのでしょうか?

  • 新しい会社の社員になりたいと転職をする活動中の人というのは・・

  • 違った企業に入りたいと転職活動中のとき、「ほんの少しでも早く、採用通知をものにしたい」といった気持ちが強くなってきます。ですが、そういう気持ちで吉報を欲しいあまり、自分自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、その逆で自分を過小評価にしかならないことは、ゼッタイに避けるべきです。大事なのは焦る感情に抑え、冷静に客観的に考えながら自分の能力にあった職場を探すことに集中しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を賢く選んでみてください。

  • 仕事を始めてすぐは年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい仕事についてすぐはいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。入社したはじめの年度は、おおむね「試用期間」が入っているというのが可能性が高いです。自分のケースでは、苦労して新しい職を見つけることができたのに、予想と異なり以前の職場での稼ぎとあまり同額でした。また、業務内容はきつくたいへん責任も重大だったために、はじめの1年は、たいへん労力を伴いました。ではどうすればいいのか、初年度は、仕事を覚える期間として捉え、できる限り転職以前の段階で貯蓄しておくことに尽きると思います。

  • 私たちの労働環境は、今後徐々に単純労働は機械化に置き換わって…

  • 今後、労働力という観点において着実に簡単な労働は機械化が進み、その切り替えによって労働力は少なからず減っていきます。なぜなら、シンプルな作業は人よりも機械でやったほうが圧倒的に強いからです。例えば、数をカウントしたり、同一の動作を延々と繰り返すことは機械では当然何の苦もありません。人間とは違って泣き言も言わず、疲れもしない、不正をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるメリットもあります。加えて、給料を渡さなくてもいいのがメリットといえます。このような理由から、労働力として人間を使う意味が無いので機械に移行していくのも必然といえるでしょう。

  • ある古物商の社員募集にて、書類選考をクリアしました。そ…

  • とある古物商の求人に応募し、書類選考をパスしました。その後相手方から面接の日時を教えてもらいました。面接日当日、指定場所まで行ってみると、なぜか全く面接が予定されていませんでした。所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、終始呆れるほどだらしのない態度で迎えられ、グダグダな状態で面接が終了しました。だが、予定日になっても結果連絡が一切来ず、いてもたってもいられず、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待ちましたが、ですが、これも来ず、そこで改めて質問したところ、どういったわけか、「残念ですが不採用になりました」、とその直後、電話を切られてしまいました。呆れ返ってしまいましたが、本当は、採用されなくてよかったです。

  • 転職に先立ち現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要があります…

  • 転職を予定しているのなら今務めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、自分が望んで退職願を出して退社する、いわゆる自己都合退職においては直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月経ないといけないのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経過すれば給付されると思っている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、その結果としてハローワークの保険担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。加えて、労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定を受けたのちすぐ失業保険が給付となります。

  • この頃では、株・不動産投資などといった不労所得や個人事業や起業で頑張っている人も増えています。

  • 昨今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほか、独立といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった移り変わりに伴い、会社勤めだけが世の習いといったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長の頃には、将来的に不安定な個人事業で生きるよりも組織の一員として働くほうがずっと安定性にすぐれ、人が生きていくうえで正しい進路として、一般の人々に認知されていました。しかし、そんな時代は終わり、現在は、「成熟期」などと表現されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

  • 求人に係る情報を見るとき、例えば、オフィス系の仕事が希望だから・・

  • 求人に関係する情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど製造業を見逃してしまっています。そんな人は「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と誤解しているケースもあります。現に、製造業であっても、現場作業者だけでなく、人事・総務・経理と言った人材や購買、営業管理のような「事務系」に分類される部門もとても多いです。ただ、製造業の勤務場所はビジネス街から離れた地域に構えていることが多いですからそういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。そうであったとしても、自分の執着をなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。