転職活動で面接のときに絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしている際に、面接時に絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をやっていると、面接時に必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。このうち志望動機については、正直に話しても問題ありませんが、「転職理由」を、率直に伝えると問題があるかもしれません。転職理由でよくある給与の不満、人間関係の問題など、採用担当者に好印象を与えるものではありません。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対抗して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そのあと、「入社したなら、〇〇を目指したいです」、「5年先はこういったことをしているだろう」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。
  • 現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を探していることを証明しなくてはいけません。ですが、現実的には「会社を辞めたことだし、少しの間でものんびりしたい」と思う人が多いとは思います。そこで、ちゃんと就業先を探しているように見せる方法があるので紹介しましょう。月に一度ハローワークに行って担当職員と面談するのはパスできませんが、その場にて、求人票を見ることは最低限行わなければいけません。まじめに探す気持ちがないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談にて、「労働条件のいい仕事ややっていけそうに思える仕事が今月はゼロ件でした」と、相手に告げて、次の機会を探すという手もあります。
  • 再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業クラスの場合・・

  • 再就職の際に必ず受けることになる面接では、小規模業者クラスの場合概ねは人事担当者になりますが、別の場合もあるようです。直接、今後仕事をすることになる一番偉い人、という具合に課長・部長などの中間管理職が面接を担当することも珍しいことではありません。特に、事務系や営業系に再就職する場合は資格を介した人の評価が難しいですから、積極的に自分自身を売り込んでいくようにしたいものです。面接担当者から「この男はしっかり主張するし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大切です。
  • 転職先での面接に関して、多数の人が考え違いをしているのです…

  • 転職の際に必須となる面接に関して、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと度を超えた猫をかぶることです。すると正直に言って逆効果になる可能性があります。そうなる前に思い切って面接の際は「休暇」など、通常はかなり質問しづらいことを勇気を出し率直に聞いた方が結果的にあなたのためにもなります。実際には「面接の段階でずけずけと質問をすると、面接結果に不利になるのではないか」と危惧するかもしれませんが、だけども、意外と好印象を持ってもらえることは最終的にはいい場合が多いようです。こうした実は面接時に実のところ、多くの人が気になっています。それなのに、多数の人が気を遣い聞かないのも事実です。しかし、一歩踏み込む勇気があれば「ほかの人とは違うな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。
  • 転職するときには、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが・・

  • 転職するときには、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に役に立ちます。少し前に、悪い口コミをサイトに載せられたと言って損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、辞めた社員の報復によってそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、別の角度から見ると、投稿の内容が嘘であれば、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかし、真実はクロで「マズイと考え早く火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いと言う事はその分入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなると思っていいでしょう。そもそも、良い会社だったら煙すら立ちませんから。
  • 数ヶ月ほどまえに、転職したばかりだというのに、わずかしかたっていないの…

  • 少し前に転職したばかりというのに、あっという間に退職してしまうケースが意外と多かったりします。何故そうかと思うと私の思うところをいうと良い職場を見つけたというのに、「自分自身の考えていたものとおかしいと思うほどかけ離れていた」「ルールにどうしても慣れなかった」ということが理由で退職を決意するのじゃあないかと思います。このような、転職に関しての失敗を後悔しないためには、第一に、事前の情報集めを徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、給与体系、などいろいろチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 転職活動を現職と並行している人が多いです。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。ですが、忙しく仕事を行いながら求人情報をチェックし、さらに応募手続きをし、面接に行くのは心身ともに消耗が激しいです。転職活動中は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。とりあえず応募する、という人がいますが、もしも、書類選考をパスし、面接前にキャンセルすると面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、他方自分で直接、応募したとしても相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにしても自分の大切な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と認識しなければいけません。
  • この頃パソコンやスマホを見ればネットで見られる世界・・

  • 世の中は変わっていてPCやスマホで調べればネット上では、いわゆる「転職のためのサイト」に類するものがかなりの数存在しています。その相当な数のサイトから自分自身に見合った転職先と思えるのを見つけるにはまず、情報を収集することから始めましょう。こういう「転職サイト」をきっちり利用することで効率的に転職を叶えられます。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた優良な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意が必要です。とりあえずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、厳しくチェックしてみましょう。
  • 転職活動をするいあたっては、前もって、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したりし…

  • 転職するのなら、まず、求人票やパンフレット、WEBサイトなどで興味のある会社を調べると思います。しかしながら、その会社が情報を公にする際には、、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す達人です。仮に公開するとしても差しさわりのない表現をします。そのような会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、半信半疑で聞き流すべきです。仮に言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「こんなはずじゃない!」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、いろいろと難癖をつけて辞めさせないように画策しています。この手のブラック企業には気を付けましょう。
  • これはシフト制の仕事についてです。

  • シフトの仕事に関する話です。決まった曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方を面接の際に確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前わたしは産休で抜けた人の代わりに正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。前にいた人が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。なので「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い出すと本当によく我慢したなと思います。