このように今現在の会社や企業の労働環境の激変ぶりに際して、働きざかりの世代の中・・

このように現代の企業の雇用に対する考え方が大きく変化した…

  • このようにここ最近の会社や企業の労働背景の激しい変化に際して、全世代の中で34歳ぐらいまでの若年層が特に注目しているようです。それはたぶん、「将来的なキャリアアップ」を見据えようとしているのでしょう。このため、労働者・サラリーマンといった層の労働力の「流動化」が著しくなっているため、一層、今後、世代に関わらず転職への関心が強くなると予想されます。労働力の「流動化」が進んでいく結果、仕事を変えることは身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が普通に実在した頃には、「会社を辞めて転職」は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、それで損してしまうこともあったのです。ところが、社会が変化し今勤めている職場に執着する必要はますます無くなってきています。
  • 従妹の旦那の話です。始めに新卒の時にどうしても勤めたかっ…

  • このような話は知り合いの話です。始めに新卒時にぜひとも入りたかった憧れの対象であるA社の最終の面接で不採用になり、それから後嫌々ながら別の会社で働くことになりました。その後約1年半経過した頃に派遣の求人サイトをチェックする中で偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見することができ、いてもたってもいられなくなり当時の会社をすぐさま辞めて、A社での派遣の就業を開始、死に物狂いで頑張ってそれから先予定通りにA社で正社員登用され、現在においては仕事のやりがいを持ちながら明るく勤めています。
  • 転職することを成功させるためには、前もって意味のある情報収集をしておきましょう。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、前もって意味のある情報を集めることをしておきましょう。そうしようと思うのならネットを見るとたとえ中小企業であってもホームページで企業を紹介しているケースがよくあるので、インターネットの機能を活用して自分の知りたい情報をチェックしておくとそれとその会社についてよくわからないことなどをチェックしておくと転職に役立つはずです。さらに公式サイトのほかに、「転職サイト」を利用してみるのも有りだと思います。そのほか、インターネット以外の方法として何よりもその職場を自分の目でチェックしてみることも大切です。
  • 転職の面接で必要なビジネススーツの色合いについては…

  • 転職時の面接で着用するビジネススーツの色に関しては、新卒の人たちが就職活動の際にに身に付けている色が安心です。ですので、紺系や黒系のダークなカラー、ということになります。それが、再就職の場面であっても、スーツの色合いというのはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが大方を占めそうでない色のスーツの人は少数です。それ以外だと、ごくたまにグレーのスーツを着ている人がいるくらいです。大方は紺系や黒系が多数派なので、面接を行う人事担当の方からも多数を占めるカラーを着用している人の方が普通に見えます。ですから、第一印象という点ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • 転職する際、重要となるのが「面接」です。

  • 転職活動において、かなり重要視されるのが「面接」である。多くの場合面接では、応募者に対して転職に至った理由や退職理由などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から面接担当の人に聞いておきたかったことなどを質問できます。面接担当の方から「弊社に関して何か聞いておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。こんなときは、面接者本人が対応できず、慌ててしまうかもしれません。こんな時の為に、事前に面接担当者からの質問に対する、聞きたいことをいくつか考えておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • もしあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」にて…

  • 仮にあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」において都会から地方に移り住んだ上で再就職したい、と思っている人が、近年増えています。昔と違って転職サイトを使えば、地方や郊外での求人情報にも手軽にアクセスできます。ですが、地方での求人情報は、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが事実、痛いところでもあります。したがって求人サイトを使用するのは当然ですが、求人サイトだけでなく、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも確認し、「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートのイベントにも確認しておくとよいでしょう。
  • 転職時の面接でほぼ問われるのは辞職した経緯についてです。

  • 再就職で面接でほぼ100%質問されるのが会社を辞めた理由なわけです。この質問になった時には前職にスポットを当てない方が安全です。会社を辞めるに至った経緯にスポットを当てるとどうしてもマイナス要素を取り込んだ話題になってしまうので。どういう風に話せばいいかと言えば、なぜ前の会社を辞めたかという点をこの職場に必ず入りたいという考えがあったからといった感じの話に進めるべきであり、自己アピールもかねて今自分が入りたいと思っている方の会社にスポットを当てるべきなのです。こういった内容ならばマイナスではなく良い印象を与えることができる以前の会社を辞めた訳にすることができます。
  • 長いこと接客業で仕事を行ってきましたが、歳をとるにつれて…

  • 長いこと接客業で仕事を続けてきましたが、年齢を重ねると共に立ったお仕事は体力的にハードなため、座り仕事である事務系のお仕事への転職を志して活動をしました。事務の経験がないとわりと厳しく、接客業の経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格試験にも合格し個人の医院に転職をしました。周囲は超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業で働いていた頃より帰る時間も遅いのですが、とりあえずはキャリアの形成時期だと思って仕事を続けます。
  • 転職における採用面接に転職希望の会社へ赴いたときのこと・・

  • 転職における採用面接に希望先の会社へ訪ねました。その日に限ってその会社にある会議室が空いていないということで外の会場で面接官と待ち合わせで採用面接を行い、そのまま解散して、面接官もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ところが下りる駅が私と一緒だったのです。なので電車内でも彼と一緒にお話をしながら帰ることになって、打ち解けて面接しているよりもお話が弾んで、それが奏功したからなのか何事もないまま採用を掴むことができました。
  • 就職活動において、年収を無視することは不可能です。

  • 就職活動において、年収はとても大事な要素です。面接では、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当にもらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげると、現在の年収が400万円の人が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほぼあり得ません。たとえば、現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが得策です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職に追いやられる事態になることもあるので、気をつけましょう。