失業した際に給付される失業保険は、失業中でなければ給付されません…

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業していることが給付の必要条件ですが…

失業することによって得られる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、永久に給付されるわけではありません。失業時までに勤務していた期間に応じて変動し、90日とか120日とか決められるのですがなんとこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限り給付されると勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから急に就職先を探し始めても好条件の仕事を見つけるのは困難です。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった内容はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。相手によっては、面接官からその手の質問をされることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用は極めて困難になります。

楽しみながら転職と向き合えば、精神的な重荷を抑えられるので、…

期待をもって転職活動と付き合う事が出来れば、精神的な負担が減少するので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。しかもメンタル面が健やかな状態であれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。一番良いのは、やはり、休職期間をつくらず新しい職場に飛び込むことです。現在の仕事を辞めずに次の仕事を見つけるのがベストでしょう。しかも、ブランクをなくせば退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうしておけば、働いていない空白の期間がなく、履歴にもキズがつきません。つまり、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを考えつつ、転職活動を進めていきましょう。

転社を度々しないための対策が一つだけあります。

退職と転職を繰り返さないための対策が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の今ではメンタル面を強くする自己啓発系の情報は容易に拾えます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を強化することが可能です。それは、海外への旅行です。海外に行くと、文化も言葉も大きく異なるので、目につくすべてが刺激となります。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え面接に行けば、これまでとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ですが、退職間もないあいだは、精神面がダメージを受けやすいのでこれからのために休みも必要です。

転職にあたって準備は必須です。

再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必須です。そんな中でも目に見える「服装」は重要なことだと感じてしまいます。でも、最近の採用面接については私服を許可しているところもあるので、スーツ(正装)で出向かなくても良い場合があります。とくに会社の創設してすぐの企業などは、お堅い規則もないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手先に良い印象をあたえます。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話が出来るのも魅力です。そして私服だと、面接の間に、ファッションの話題で盛り上がる可能性もあるので、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、転職活動は会社の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職先を選ぶにあたって、もちろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だけ…

転職を行うなら、もちろんやりがいを考慮することも重要だけどそれだけでなく賃金が上がることも大切なポイントになるので「年収比較サイト」に登録していろいろと研究をしています。全く一緒の会社でしかも同一の職種、社歴であるにも関わらず人によってかなりの違いがあることも多くあって、ぶっちゃけて言えば面接の際質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた人間も誰だかそこそこは予測がついているんですけどね、多分格好をつけているのでしょう。低い方だと思ってください」とのことでした。

私は20代の時点で転職を2回し、そして現在、いくつか資格を取得するた…

これまで20代前半で転職を数回した為、そして今、資格をゲットするべく派遣社員で働いています。フルタイム勤務ではないのでやはり手取りは過去の仕事よりも少ないです。ですがその分、前よりも心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代に取った資格を生かして仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際にそのような人を見てしまうと私もこうなりたかったと思います。前は、うまくいってる人と自分とを比較して、劣等感を感じる日もありました。しかし今は、結婚してから、私の生活そのものが大きく変化しその中で仕事や将来の夢も定まったので、まいにち充実しています。

勤務していた会社で嫌な感じの上司に悩みを抱えて、その結・・

新卒で採用された会社で感じの悪い上司の存在に悩まされ、ついに耐えることができなくなり退職し、同業である他の会社に職を移しました。上との関係も良好で勤務することができ満足の毎日でしたが、時が経つにつれて会社の業績が悪くなって、ついにはとある会社に経営統合されることとなりました。奇遇にも経営統合したのは驚くなかれ前に働いていた会社で、ものすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。当たり前ですが新たなる転職活動をやり始めています。

転職候補先の見学は、良い勉強になります。

転職先の会社見学ができれば、たいへん参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」のいる会社なら、腕を見るのが楽しめます。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には絶対、日常の仕事現場を見せてくれることはまずありません。その傾向が強いのはブルーワーカーなどの職種です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので仕事を始めてみるまでは、実際の姿はわからないものです。ですから、会社見学で見たものをすべてだと解釈しないことが良いです。加えて、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は、かなり問題なので正直言って、「論外」です。雇用契約を結んでいない人間には、何かあっても、保証が一切ないため、仕事体験を勧められてもやんわりと断りましょう。

がんばっている転職活動の際に「自分はこれまでこのような種…

やっている転職活動時、「自分はこれまでずっとこのような仕事に従事しました」「仕事の中でこういったスキルを得られました」とそれまでの成功体験やセールスポイントを十分にアピールしなくちゃと考える人はとても多いです。ところが、転職先のその場所で「将来、このようなことをしてみたい」「私が話したような内容ならできれば貢献できると思う」と未来の姿を話して自分をアピールを狙ったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

派遣社員であっても、1年ごとに好きなタイミングで辞められるわけではな…

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと実際に転職活動を経験して学びました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、できればすぐに子供がほしかったので、妊娠するまでの期間のために約1年半~2年ほど現在の継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。その為、正社員より収入は少なめでしたが、それでも時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。でも、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどのスタッフが派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。なので派遣社員であったとしても、すぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。