新卒採用で入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職をしました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職すると決めました。

新卒で入った会社を辞め、思い切って転職しました。実際に行動する前は、とてもちゃんと転職できるか不安でした。ですが、社会に出て数年経てば転職をして中途採用で働いている人ばかりであると転職活動を通して理解し、自然と以前よりも安心することが出来ました。また1度、転職したことで自然と前向きに物事を考えるようになって、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに楽しくなっていきました。やはり「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」というような意見も多々ありますが、それが正しいのかなと感じました。私自身、転職を決断して良かったです。

自分のスキルや資格を活かしつつ、転職する際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャン・・

自分のスキルを有効活用しつつ、再就職する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそうでないものを知っておくことは大切です。転職がしやすい業界としては、働き手がいないと問題となっている医療・介護業界がその最たる例です。医療・介護の分野では看護師および介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高めの業種ともいえます。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、仕事のきつさから、他業界に転職したいと思っているなら、少し考えてみたほうが良いです。他の業界では人材の流動性は少なくなります。なので、安易に考えないことが大切です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけましょう。

転職活動をするのなら、気になる求人(業界)を見た…

これから転職活動をするのなら、良いと思う求人(または業界)を見るたびに忘れず「〇〇業、ブラック」でネットでチェックしておきましょう。求人票や転職エージェントでは、まずその業界のデメリットなどは、知ることができないのが普通です。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索ですぐに本来の姿を理解できるでしょう。そういった手間を惜しんで会社に入ると、あとから入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人が出されていた理由が「仕事の内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」といったケースが多くを占めるため、目に留まった案件・業種については、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

新たな勤め先でこれまでのスキル・キャリア生かせたとした…

あたらしい職場でそれまでに培われてきたスキル・キャリア生かせたとしたら、即戦力として周囲から扱われ、早々に職場で存在感を得られるでしょう。人を雇おうとしている会社側としても、即戦力となる人材は常に欲しがるので、タイミングさえうまくいけば、難なく採用されるでしょう。更にこれまでの仕事と近いジャンルであれば、転職はかなり楽になるでしょう。ですが、まずまずの実力があるといっても一流企業の事務系の業務や、公務員はいつの時代も、かなりの難関を突破しないと就職自体が難しくなります。

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなか・・

『転職したい!』と考えていて、自分の意志が固いならば辞めたいということを即、上司に伝えておきましょう。ですが、ここでは曖昧な表現をすると状況によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、話がこじれて最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたい旨をはじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本来、仕事が一段落した年度末を退職のタイミングと考えていたのに、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。やはり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員の意見を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、その会社に対しての前の職場に対して困ってしまいました。

就職活動に特に注意が必要な募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高めで・・

転職活動時に特に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長いものです。こういった求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいることが多々見受けられるます。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間・45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、最初から給料に残業代を入れて計算しておくという仕組みになります。(注・違法ではありません)もしも『みなし残業代50時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料です」という話になります。ですが、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』を意図的に表記してないことも少なくないのでしっかり注意をしておきましょう。

転職サイトおよび転職エージェントを利用して、転職活動することは現在の常識かもしれません。

転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転職活動を行う人はたくさんいます。しかしながら、よりよい転職先を探すには、並行して転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、一度足を運べば一度に複数の企業の情報を得ることができ、そして、その場で説明してくれるスタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。今後、転職フェアに行く際には、1次面接に臨むつもりでしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。仮にフェアのあいだに企業から気に入られれば、後日応募して本格的な面接時にとても有利になると期待できます。

今現在の自らの職場・仕事内容について少なからず何かしらの不満点があるはずです。

今のあなたの職場や業務について不服に感じていることの中に、「自身のスキルや能力をきちんと評価してくれない」そのため、「年収アップも、昇進する可能性も見いだせない」といった不満を挙げる人が多くいます。ですが、そのような悩みが強すぎる人の場合、自身の持っている手腕を実際よりも「過大評価」し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「この求人では、自分を活かせない」と休職期間が伸びる可能性が高くなってしまいます。という事態を招く可能性があります。そういうわけで再就職をスムーズに行うためにも、自分の能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

これから転職することをするのなら、現状の職場や仕事の何に不満があるのか・・

転職をするのなら、現状の仕事で感じている不満点をハッキリとさせておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満な点が大きいから転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと今の職場・業務の不満なことを列挙する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあと、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」を想像してみましょう。転職したとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションのダウンを未然に防ぐことができます。

女性が転職する場合、今と一昔前では少し違いがあります。

女性が再就職するに当たって、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは若干、違ってきている点があります。過去には、「結婚観」や「出産後の予定」など、普通に質問されることが珍しくありませんでした。ところが、最近では、結婚などについては、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞かない企業が一般化しつつあります。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、かなり神経質になっています。ただし実際、面接する側は〇か×ではなく、その女性の人生観、結婚した後も働きたい、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを知っておきたいとは思っているはずです。自分自身の将来設計を伝えるためにも、自己ピーアールや志望の動機と併せて話すことで会社側にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。たとえ、聞かれていない部分も、こちらが先んじて気遣いつつ、答えておくのが良いでしょう。