もしも転職を考えているのなら、前もって「資格」を取得しておくと有利になります。

もしあなたが転職を予定しているのなら、あらかじめ「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

  • 転職したいと考えているなら、資格を取得することで有利になります。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取るのがおすすめです。転職活動の際にそれを生かせるので、新しい仕事を探すのも容易になります。そのため、在職期間中での資格取得が一番良いタイミングといえます。将来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも躊躇なく次に進められるはずです。また、資格を取ることができれば、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接で面接担当者に「即戦力」と判断され、待遇アップも期待できるでしょう。
  • 転職の時に絶対に用意しないといけない履歴書などについては・・

  • 再就職する時に書く必要がある履歴書や職務経歴書などにおいてですが、大方、自筆ではなく、パソコンを用いて作るのが当たり前となっています。今の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンではなく自筆で作成するということが常識と捉えられていることもありますが、それは新卒の人の就活やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際には、転職においては履歴書は必ず手書きでないといけないとまでは言えません。自筆の履歴書を評価するケースもあるようですが、違うケースがずっと増えてきますから、自筆の履歴書でなくてもOKな会社はいくつもあるのです。
  • 派遣の会社に入っています。インターネットサイトで何の気なし…

  • 派遣会社に登録して働いています。サイトの中で気の向くままに自分に向いていそうな仕事を見つけ尋ねてみると「その仕事はもうすでに別の方の採用が内定しています」と言われ瞬間的にサイト上から仕事の情報が消滅するのですが、その翌日になれば再びその求人募集が掲載されています。これは要するに私ではダメだっていう意味ですよね。そういうことであれば最初から変に隠さないくらいに正直に言ってほしいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。それともまたもしかするとダミーのお仕事なのでしょうか?
  • いい企業がいいと転職活動をする人の大半は「一刻もは…

  • もっと良い会社に入りたいと転職で活動している人とは「ちょっとでもはやく、採用通知が手にしたい」と考えてしまうはずです。ですが、それで採用通知が欲しいばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、またその逆に過小評価するかのようなことは、可能な限り避けておきましょう。そうではなくて、焦る感情にガマンして、冷静に客観視しつつ、あなたに適した職場を探すことに集中しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く選択してみましょう。
  • 仕事を始めてすぐは「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、はじめの年度はほぼほぼ「試用期間」を含んでいる場合がケースが多かったりもします。自分の新たな仕事に就いたときは、なんとか手にした職場だったものの、悲しいかな前の職場での稼ぎとほぼイコールということがありました。また、仕事もきつく、たいへん責任が伴うものだったので、初年度は本当に労力を伴いました。そういった実体験から、初年度は、勉強に充てる年と捉えておき、可能ならば転職する前から貯蓄をして備えておくべき、と痛感します。
  • 私たちの労働環境は、将来的にますます単純な仕事は機械に交代させられてい…

  • これからどんどん単純労働は機械化が発展していき結果、そういう仕事をする人手はどう考えても減らされてしまいます。なぜなら、シンプルな労働は人間以上に機械で進めたほうが圧倒的に能力が高いからです。数を数えたり同一の作業を延々と繰り返すことは、機械には何の苦もないのです。人間とは違って泣き言は言わないし、ペースが変わることもなく横着をすることもないし、早いし均一だし、さらに、報酬が発生しないのも大きな違いといえます。というわけで、労働力として人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械に置き代わるのも注目されているのです。
  • ある古物商の人員募集にて、書類選考をパスしました。すぐ…

  • とある古物商の会社で、書類選考をクリアして相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。にもかかわらず、当日、行ってみると、行き違いがあったのか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、始終たいへんにだるそうな対応の状態のまま面接は終わりました。が、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、私の側から問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なので仕方がないので再度連絡をしたところ、どういったわけか、「今回は見送らせてもらいました」とこちらが話す隙もないまま電話を切ってしまいました。私はしばらく言葉も見つかりませんでしたが、正直なところ、不採用で良かったと思っています。
  • 転職を行うにあたり、今働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、…

  • 転職を行うにあたり、現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、もしも自分の都合により退職願を出して退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、失業保険はすぐには給付されず手続きにした後に失業が認定されてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経てば給付されると思っている人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因でハローワークの職員さんと口論していたのを以前見たことがあります。念のために付け加えておくと、退職者の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇した場合は、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。
  • 昨今では、株・不動産投資といった、不労所得を得たり、…

  • 今のご時世では、株・不動産投資といった、不労所得で生活費を稼いだり、独立といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような社会的変化もあるせいか、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長を遂げている最中には、先の見えない個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれていました。人生の花形として、一般の人々に認識されていました。そういった成長期は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」などと呼ばれます。近い将来では、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。
  • 求人に関する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」という人・・

  • 求人情報をチェックする際、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、製造業を見逃してしまっています。そういった人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解している可能性が高いです。実際に、製造業の求人でも、経理、総務などの従業員募集から、資材、購買、営業管理などの「事務系」に属する部門も相当数あります。しかしながら、製造業がある場所はオフィス街から遠いのでそういった部分がイヤと思う人もいるでしょう。でも、自分の執着をなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。