転職活動を行っていて面接のときに「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。

転職のための活動を行っていて面接において「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。

  • 転職活動を行っていて面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。志望動機については、思っていることをそのまま話してもOKですが、これと違って転職理由は、多くの人が現職の不満かと思います。転職理由でよくある収入面の不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に悪い印象を与えるものです。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重に質問してくると考えておくべきです。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。さらに、「御社に入ってから〇〇したいです」、5年後、10年後はこんなことがしたい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で巧妙に話をすり替えましょう。
  • 失業保険の給付について、仕事を探しているという証明が必要となります。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。だとしても、実際は「ハードワークから解放されたし、とりあえずはのんびりと過ごしたい」のが本音でしょう。なので、しっかり就職活動しているように思わせる方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行って担当職員と面談するのは必須ですが、その場にて、求人票を閲覧することが最低限しておきましょう。真摯に探す気持ちがないときは、「求人票」にさらっと目を通し、ハローワーク職員との面談のときに、「自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念なことに見当たりませんでした」と相手に言い、次に期待しましょう。
  • 転職の際の採用面接では、小規模業者であれば「人事」が面接官となります…

  • 再就職の際の採用面接では、小企業クラスの場合おおよそは「人事」が面接担当になりますが、100%ではありません。実際、共に仕事をする管理職、一言でいえば役職クラスである部長や課長が担当することになるでしょう。また営業系や事務系に転職する際は、資格だけでは具体的なイメージがないので、結局のところ自分自身をアピールしていくことで好印象を与えられます。担当者から「この人は、堂々と自己発言してるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。
  • 転職候補となる面接でのしてはいけないのは採用を勝ち取りたいあまり無・・

  • 転職候補となる採用面接でのやめておいたほうがよいのは露骨なまでの猫をかぶることです。すると思いのほか採用を逃してしまいます。そうならないために猫をかぶるよりも面接の際は「給与」などの、普通であれば触れにくい内容を勇気を出し訊いておくと、最終的に絶対に自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「面接の段階でそのような質問をすることで最終的に不採用になるのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、だけども、かえってマイナスの結果をもたらすことは最終的には少なくないようです。これらの「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。それなのに、面接結果に影響するのを恐れ、モジモジして質問できません。それをほんの少し勇気を出して質問することで「勇気のある人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。
  • 転職を始める際、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが…

  • 転職する場合、様々な経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系「口コミサイト」は必ず利用しておくべきです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社させられた元社員の腹いせによってそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、違った視点から見ると、ウソの書き込みなら、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。とはいっても、現実は『クロ』で「このままではいけないと考え、早く火消ししなくては!」と考えているのかもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いということは、その分入社後に厄介事が降りかかるおそれのあると判断して良いでしょう。人もそうですが、善良な会社だったら煙すら立ちませんから。
  • 少し前に転職をやっとしたというのに、入ってすぐに退職してしまうケー…

  • ちょっと前に転職したばかりであるにもかかわらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がとてもよく見受けられます。私の考えをいうと自分に合った環境に飛び込んだものの、「自分の思っていた仕事と大きく違っていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」というワケで退職を決意するのだとか。こういった転職における失敗を繰り返さないために、第一に、情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、昇給システム、など前もってチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • 今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

  • 転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。でも、忙しく仕事をしながら求人案件の応募に走ったり、そして面接に行く、というのは時間的にも体力的にも負担が大きいです。加えて、転職活動中は、現在の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、書類選考を通過し、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントを通している場合はエージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、それとは異なり自身で直接、応募した場合も相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると意識を持つことが大切です。
  • 世の中は便利になったものでスマホを使えばわかるけどネットの世界で・・

  • 最近パソコンやスマホを見ればネット上では、「転職に関するサイト」に類するものが数限りなく点在しています。そのいっぱいのサイトから自分の目的にあった転職先を見いだすにはなんといっても情報を収集することです。転職サイトをしっかり使いこなすことで、効率的に転職先探しができます。客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。はじめは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら確かめてみましょう。
  • 転職をする際は、最初に、ウェブ上の求人サイトを閲覧したり・・

  • 転職するのなら、最初に、ハローワークの求人票を閲覧したりして気になる会社をチェックするでしょう。ところが、その会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。仮に公開する場合でも差しさわりのない表現をします。その類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については疑いながら読んだ方がいいでしょう。心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「こんな話じゃなかったのに・・・」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後はイチャモンをつけて辞めさせないよう仕向けてきます。この手のブラック企業には注意が必要です。
  • これはシフトがある仕事についての話です。

  • 「シフト制」のある仕事についてです。特定の曜日に働ける人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方を面接時に確認しておくべきです。以前に私自身が、産休で休む人の助っ人として、正社員として勤めることになったのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前任者が土日に必ず出勤できる人だったので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフト変更を前もって伝える必要があり、職場の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と自分で連絡を入れなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思うとよく我慢してやってこれたと思います。