失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが・・

失業時にもらえる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件ですが・・

失業した人がもらえる失業保険は、失業している間もらえるが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに勤務していた期間に応じて変わり、90とか120日とか決定されるのですが、これを知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦りながら仕事を見つけようとしても条件のよい仕事を見つけるのは難しいです。会社の面接官も無能では無いので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」についてほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。相手によっては、面接官から失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、まず受かりません。

楽しみつつ、転職活動と付き合っていけば、精神的な負担を抑えられるので…

将来に目を向け、楽しんで再就職と向き合っていけば、メンタルへの重荷を抑えられるので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。おまけにメンタル面が健全な状態のままであれば、すぐに転職先も見つけられるはずです。オススメなのは、やはり、ブランクを設けないで転職先を見付けることです。現在の仕事をしながら、転職探しをすることが、ベストです。しかも、隙間をなくせば仕事をやめても、すぐに働けます。そういった形にしておくと、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴への影響も回避できます。すなわち、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。将来のことを考えながら、うまく転職活動を進めてみましょう。

転職を度々しないための対策は至ってシンプルです。

転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。スキルを向上させることもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返すことがなくなります。今では、ネットがあるのでメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。さらに、転職とは全然違う行動によっても、精神面を強くすることが可能です。オススメは、「海外旅行」です。外国は、言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、どの瞬間も勉強になります。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に帰ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態のまま、面接に臨めば、今までの面接とは違って胸を張った面接になるので良い方法です。ただ、退職直後は精神面がダメージを受けやすいので休暇も必要です。

再就職する場合、相応の準備はしなければなりません。

転職活動を進めるには、準備は欠かせません。その中でも目に映る「ファッション」は、気になる人が多くいます。けれども、ここ最近の、採用面接については私服がOKな会社も多いので、きっちりスーツを着て面接に臨まなくても良い場合があります。とくに会社の創立してすぐの歴史のない会社ほど、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服で行ったほうが、相手に好印象を与えられます。また、正装ではないので、フランクに会話が出来るのも魅力です。そして私服だと、面接のなかで、ファッションの話もしやすくなるため、ポイントが残るでしょう。ということから、これから転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

転職先を決めるのに、もちろんやりがいを考慮することも重要だ…

転職先を決めるにあたって、仕事のやりがいのアップと共にそれにとどまらず手取りが増えることも大きなポイントになるから「年収比較サイト」に登録して事前に研究しています。全く同じ会社でしかも全く一緒の職種、社歴であるのにすごく人によって幅があることも多くあって、正直に言うと面接の際質問をしたことがあります。面接をした方もそのサイトをよく見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた側も誰だろうとそこそこ察しがつくのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

20代までに転職2回で、今現在は複数の資格をとるために…

20代に転職を2回経験し、そして現在、資格取得のために派遣社員として企業に採用されました。フルタイム勤務でないため、やはり給料が少なくなってしまいました。前よりも心と時間に余裕ができました。もっと学生のときに資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。しっかりと資格を活かしている人と話すと羨ましく感じたりもします。前は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、ガックリしていましたが、しかし現在では、結婚してから、がらりと生活環境も大きく変化し、以前よりも明確にやりたいことを見つけたのでまいにち充実しています。

昔務めていた会社でパワハラを行う上司に悩まされて、つ…

昔務めていた会社で性格のきつい上司に困ってしまい、とうとう耐えることができなくなってその会社は辞め、同業者である別の企業に職を移しました。その会社では気分よく働くことができとても満足のいく日々でしたが、ちょっとずつ会社の収益が落ち込み、ある会社に経営統合されることになりました。その統合した先の会社が驚くなかれ前にいた会社で、大嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新たな転職活動を始動しています。

転職候補先の見学は、すごく勉強になります。

転職しようと考えている会社で見学などがあるとすごく勉強になります。そのなかでも「職人」がいる会社での見学は、職人技を間近で見られて楽しいものです。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者にはたいていの場合、本来の姿を見せてはくれません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この分野では、癖の強い人が多いので仕事を始めてみるまでは、本来の姿はみえません。そのため、会社見学で見たものを仕事内容だと思わないことが大切です。また、見学時に実際に仕事を体験させる会社はキケンなので正直言って、注意しておくべきです。入社していない段階では万が一何かあっても、それに対する保障もないので、仮に、勧められたとしてもやんわりと断りましょう。

がんばっている転職する活動をしているときに、「私はかつ・・

転職する活動の際に「私は今まで、こういった仕事に従事しました」「過去の会社の仕事によって、こういった経験を手に入れました」と過去の自分の成功体験やセールスポイントを強調しようとする人は多くいます。が、転職先の1から始める企業で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「私が申したようなことであれば積極的に貢献したい」と将来のプランを話して自分自身をアピールしていったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

派遣社員であったとしても、すぐ辞められるというわけではないこ…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、好きなタイミングで退職できるわけではないと転職活動したことで感じました。新婚生活に慣れたらできればすぐに子供を授かりたかったので、妊娠するまでの間のために数年だけ今までの仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員としてだったので、正社員より年収は少なめでしたが、家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。でも、入社してみたら、一緒に働いている人たちはほぼ全員のスタッフが派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。なので派遣だからといって、契約が終わってもすぐに辞められるワケではないと、この先どうすべきか、とても困惑しています。