もしも転職される場合は、転職する前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

もしもあなたが転職を予定しているのなら、転職前に資格を取得することで選択肢が増えます。

  • もしもあなたが近い将来、転職するのなら、あらかじめ「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職時に有効に使えるので、新たな仕事を見つけやすくなります。であるため、資格取得するなら、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番最適といえます。あなたが将来のために、このあと役立つ資格を持っておくと、今の会社を辞めたあとも後悔することなく前に進めるはずです。さらには、資格を保有することで転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の場では面接担当者に「即戦力」と認められ、それまでより待遇が良くなる可能性が高くなります。

  • 再就職する際に絶対に必要となってくる履歴書においてですが、…

  • 転職をする際に絶対に書かなければいけない履歴書などについてですが、大体、自筆ではなく、パソコンを活用して作るのが一般的です。日本の中では履歴書や職務経歴書は手書きで書くのが当然だと考えられていることもありますが、それは新卒時の就活やアルバイトやパートの時であって、転職のケースは履歴書や職務経歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないとはっきりとは言えません。自筆の履歴書や職務経歴書を評価する企業もあるようですが、違う企業が徐々に増加していていますので、パソコンで書かれたものでも良いとする会社は意外にも、けっこうあるのです。

  • 今、私は派遣会社で働いています。

  • 今、私は派遣会社に登録しています。サイトを見ていて興味を引かれる仕事を発見して尋ねてみると「そのお仕事はもうすでに他の方の採用が内定しています」と断られて一瞬ウェブサイトから仕事の情報が消滅するのですが、なぜか翌日になると再びその求人募集が掲載されています。それって結局私だとダメと言いたいのですね。そうであればカドが立たないようにはっきりと教えてくれればありがたいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それともまたひょっとして存在しない架空の仕事なのでしょうか?

  • 新しい企業につきたいと転職希望者の大半は、「1日も早く・・

  • いい職場がいいと転職をする活動をするとき、「ちょっとでもはやく内定をものにしたい」と思ってしまうものです。ただ、内定を得たいばかり、自分の能力を高く偽ったり、その逆に自分を安売りするようなことは、なるべく避けるべきです。そうではなくて、焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、自分にピッタリな職場を探すことに専念しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を賢く探していきましょう。

  • 新しい職場(転職先)では、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 新しい仕事についてすぐは「年収」の理想を高くしないようにしましょう。特に、転職したはじめの年は、ほとんど「試用期間」が入っている場合が可能性は少なくありません。自分の事例では、せっかく手にした職なのに、なんと以前の会社での年収とあんまりイコールということがありました。それに、業務はキツく、かなり責任が伴うものだったので、1年目をクリアするのにひどい状態でした。そうした実体験から転職1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、できれば転職以前に貯蓄しておくことに尽きると思います。

  • 将来的に、社会では今以上に単純作業は機械化が進行…

  • 私たちの社会的環境において、これからますます思考を必要としない作業は機械で処理されるようになっていき、その変化によって必要な人手は少なからず削減されます。というのも、シンプルな作業はヒトよりも機械で進めたほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ手順をずっと繰り返すことは機械にとっては何も不自由もありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言を言わず、疲れもしない、不正をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一だし、さらに、給与が発生しないのも違いですね。ですので、労働力として生身の人間を使う意味が到底無さすぎるため、機械化の流れは必然ともいえますね。

  • とある古物商の求人に応募し、書類選考に受かりました。その後…

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に合格しました。すぐに相手方から面接の日時を指定してもらいました。ところが、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、驚くほど面倒くさそうな態度を見せてグダグダな状態で面接を終えました。けれど、約束の日を過ぎても、採用結果はまったく告げられず、いてもたってもいられず、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なのでそこでふたたび、問い合わせると、どういうことなのか、「結果は不採用でした」、と勝手に電話を切られてしまったのです。私はしばらく言葉も出ませんでしたが、ハッキリ言って、採用されなくて良かったと思っています。

  • 転職するにあたって、現在働いている会社を退社する時に…

  • 転職するにあたって、現在働いている会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、もしもあなたの側から退職届を書いて会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは失業保険はすぐには出ず手続きをした後で失業が認められてから3か月待たないともらえないのです。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経過すればもらえると勘違いしている人がいますが、この規則について誤解している人が、本当はもらえるはずだと言い張ってハローワークの担当スタッフと大声でやりあっているのを見たことがあります。ちなみに、自分側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定を受けて即座に失業保険が給付となります。

  • 今の時代は株・不動産投資といった、不労所得、または独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

  • 近年では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、または独立といった生き方も増えています。そのような変化もあり、「会社員以外は不安定だしキケン」といった今までの常識も変わりつつあります。高度経済成長を遂げている際には、先の見えない自営業よりも会社勤めの方が大いに将来が安定していて、人生の正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように社会に認知されていました。そんな時代は終わり、現在は、「成熟期」という名が表現します。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、社会においては人の労力を必要としなくなると言われています。

  • 求人サイトをチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人・・

  • 求人サイトをチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そういったことをしている人は、「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解している場合もあります。事実、製造業の求人でも、経理、人事、総務などのスタッフ募集から、購買や営業管理等の事務系の仕事もとても多いです。ですが、製造業の勤務場所自体、オフィス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いです。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと言う人もいるかもしれませんが、ただし、自分の執着をなくすことで仕事の選択肢が拡がるはずです。