転職活動を行っていると「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。

転職活動をやっていると、絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていると面接で「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。これらのうち志望動機については、率直に話しても問題ありませんが、これと違って転職理由について正直に話すのは得策ではありません。例をあげれば給料の不満、同僚・上司との人間関係など、面接官に悪い印象を持たれるものです。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。そのあと、この企業に入社してこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で志望動機に話をすり替えるのが正解です。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、就職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、求職活動をしているという証明が必要となります。そうだとしても、実際は「会社に行かなくて良いし、暫くは遊びたい」というのが現実でしょう。なので、きちんと就職活動しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。毎月の「ハローワーク」での面談は当然になりますが、求人票のチェックは最低限やっておく必要があります。本音では探す気力がないときは、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談のときに、「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が残念なことにありませんでした」と言って、次の機会を探すという手もあります。

転職のための採用面接では、零細企業だったらほとんどが人事担当者になりますが…

転職の際の面接では、規模の小さい企業クラスの場合その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、別の場合もあるようです。直接、仕事を一緒にしていく現場の責任者、要は部長や課長などの管理職クラスが面接の場に居合わせる可能性もあるのです。とくに事務系・営業系などの部署に転職する場合は、資格による見極めが難しいですから、しっかり自分自身をアピールしていくことが必要です。面接官の誰からも「この人はしっかり自己アピールするし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大切です。

転職の際に必須となる面接では、多数のひとが思い違いをしているのですが…

転職活動中の企業の面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまり無理に猫かぶりすることは、残念ながら採用を逃してしまいます。そんな事態を避けるためには例に挙げるならば面接の際は「給与制度」など、普通ならかなり質問しにくい内容を勇気を持って質問しておいた方が、結果的にあなたのためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「面接の段階でずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、最終的に不採用になるのではないか」と懸念するかもしれません。ところが好印象を持ってもらえることは少なくないようです。この手のお金や労働環境に対する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたいと思っています。とはいえ、面接応募者の多くは、なかなか聞けないものです。しかしながら、一歩踏み込む勇気があれば「こいつは他と違う」ということで格好の自己アピールとなるのです。

転職活動を開始するとき、いろんな経路で情報を集めることが多いと思います・・

転職活動を開始するとき、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは絶対に利用すべきです。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソの書き込みだったなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。でも、本当のことが書いてあるので会社側としては、「本当のことを書かれてしまったので、一刻も早く火消ししたい」と考えている可能性もあります。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、その分、入社してから不利益になる覚悟をする必要があると判断して問題ないでしょう。人もそうですが、いい会社だったら煙など立ちません。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、わずかしかたっていないのに…

この前、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、早期に退職を選択してしまう人がわりと多かったりします。何故そうかと考えてみると私の思うところは転職先の仕事環境を見つけたものの、「自分自身の考えていた職場環境と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「会社独自のルールになじめない」と考えて去っていくことが珍しくないといいます。できればこのような失敗を繰り返さないために、とにかく転職先の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、昇給システム、など多角的に前もって調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

転職活動を現職と並行する人が多いです。

現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。けれども、忙しく仕事をしつつ求人を求めて奔走したり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面も消耗が激しいといえます。さらに転職活動時は、今の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、もしも、書類選考をパスし、面接の連絡が来た後で辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、他方自身でダイレクトに応募した場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると覚えておきましょう。

近頃スマートフォンを見ればネットのエリアには、今・・

最近はPCは便利でネットの世界では、要するに「転職サイト」と呼ばれるものが数限りなくあります。その多くのサイトから自分自身が求めている転職先というのを探すためにも、何よりも情報を収集することが欠かせません。転職サイトをしっかり利用することで効率的な転職先探しができます。客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用できるサイトかどうかを他と比べつつ、チェックしてみてください。

転職をする際は、まず、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たり・・

転職活動を始めるとき、予め、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりしてその会社のことをチェックするのですが、しかし、その会社が情報を公にする場合には、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。仮に公開するとしても差しさわりのない表現をします。そういった類のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、額面通りではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。もしも言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後は、あれこれイチャモンをつけて辞めさせないようにするかを考えている。ブラック企業では、このようなことが少なくありません。

これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜…

これはシフトのある仕事についてです。一定の曜日に働ける人を募集している求人を結構見ますが、もしも応募しようと思っているなら休む手順やシフトの出し方については面接の際に確認しておくべきです。それはどうしてかというと、以前に私自身が、出産のため抜ける人の代わりにと正社員の仕事についたのですが、私のシフトが土日が固定シフトで新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。前任者が「土日」に必ず出られたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更の必要があり職場の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出す度、よくやってこれたなと思います。