派遣のお仕事が決まりました。お仕事開始の初日に営業の担当の人・・

派遣での仕事が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社の営業担当の人と…

  • 派遣で働く会社が決まりました。お仕事開始の初日に営業を担当している方と派遣先の近くにあるコンビニで合流することになっていたのですが、営業担当者がなぜか約束のお店の前にいないから中にいるのではないかと思ってコンビニエンスストアの中に入ってみると、彼は大胆にも雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのページを開いて読んでいるところを発見!こんな担当者の仕事なんて勘弁してだと感じ、その場で声をかけずにこっそりとお店を出て速攻派遣会社に辞退の連絡を入れました。
  • 新しい仕事を探すとき、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント・・

  • 求職活動においおいて、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を使う手段もありますが、仮にそういった場所で登録し、めでたく就職先が決まった場合でも、失業保険を受け取ることはできないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには失業保険は給付されないので後々、後悔しないようにしたいものです。これと異なり、ハローワークにより斡旋してもらった会社に就職した場合は、就職の準備金として一時金を受け取ることが可能です。ネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険の手続きは管轄外です。これを押さえていなければ、失業中にお金がもらえなくなるため、気をつけておきましょう。
  • 在職期間にあるときは、可能ならば、社内の人間に悟られないよう・・

  • 在職期間中は、可能ならば、気づかれないように、(自身の例ですが)就労期間中に「転業するかも」という考えのみ早いタイミングで社内で話して、反応を見たことがあります。でも、その後に求人情報を必死に見て回ったものの、予想に反して転職する時期などさえも無鉄砲に決まらないまま、ダラダラ時間を空費する結果に。会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、お粗末な状況になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たのち、次の就職先を探す流れになりました。
  • 転職活動のコツは企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員…

  • 転職は、最初の第一歩は希望する企業そのもの、というよりもどちらかと言えば面接係員とのやり取りが重要といえます。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、ゼッタイに面接の時間になる前に焦らずに対応しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする心構えで望むと良いと思います。更に大事なことは面接がはじまると第一歩としてあなたの中身をチェックされてしまうのでマイナスな印象につながる言動は注意し避けましょう。そして社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメールで呆れるくらい連絡が入ってきます。

  • 転職サイトに登録した場合、電話やメールでの連絡がしつこく来ます。転職初心者は大変びっくりするケースが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが目的だといえるので、とても積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を完了させることで企業側からお金が支払われる仕組みといえるので、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えることが珍しくありません。その上「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が取れると間髪入れずに、入社するよう後押ししてくることがよくあります。自身の気持ちや意思をハッキリしておき、妥協した形の転職とならないように気を付けましょう。
  • 昔から”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したととも・・

  • 昔から「石の上にも三年」という諺がありますが、昨今、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。「転職」が一般的な事柄となってきています。ですが、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に再就職するつもりなら、時期を図る必要があります。初歩として、今現在の職場、や仕事内容について、不服に思う点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は探しておきましょう。そうしておくことで、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、もし決断したら躊躇することなく、今よりも良い仕事ができるよう、努力していきましょう。
  • 転職活動を行う際の最後の難問として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

  • 転職活動をする際の最後の問題として、現在勤めている企業からの退職があります。転職先の会社を見つけても、現在勤務中の会社があなたを放出したくないとして引き留めることは多々あります。そのような場合は、障害を乗り越えて退職する、という強固な意志を貫くことが大切です。もしも会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を記入しておきましょう。それから、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、「退職についての交渉は、すべてお断りします」とキッパリと伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動で大切な要素となります。
  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、100%の確率で質問されます。その際、どれだけ正しい意見だと思っても、前の仕事場での労働環境や人間関係に関しての愚痴を絡めた返答は、できる限り口にしないことをお勧めします。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用のチャンスを無駄にしてしまいかねません。面接時は、「前向き」な内容に徹底することが正義なので、とりあえず「新しい職場では自分の能力をより発揮し、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といった未来に目を向ける形が良い結果につながるのです。
  • 現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ・・

  • 近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増加しています。「特許」を申請した人は、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人以外にも、研究開発で論文を書いた経歴のある人や、雑誌で紹介されている人など、何らかの実績も持つ人に狙いを定めて、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングの匂いがする誘いを受けた場合は、そうなったきっかけを考えてみましょう。稀にヘッドハンディングと言いながら、登録料を請求する会社もありますが、そのような会社はおそらくは詐欺なので、引っかからないように注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • 仕事を探しているときに見ることになる募集事項に関して…

  • 再就職をする時にチェックすることになる募集事項の情報というのは、基準的なものとして載っている、ということもあります。そのため、そこに掲載されている内容は正しい情報だとは思い込むのはやめておいたほうがよろしいかと思います。とりわけ生活に大きくかかわってくる給料の金額などに関しては、全社員を平均した値なのか?最低額なのか?最高値なのか?といった評価ができる人は少なく、独断で解釈してしまうと、今後、悔しい思いをすることになりかねません。ですので、悔いることのないように、求人というのは、参考程度に考えて、そういったとても大切な事は会社の方に直接連絡を取るのが良いです。