失業時にもらえる「失業保険」は、失業していることが給付の必要条件ですが、…

失業した人がもらえる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが…

  • 失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件ですが、給付期間が無限に続くわけではありません。離職時までに働いていた期間に応じて変わり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、驚くことにこれを知らずに期間の制限がないと勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから急いで転職活動を始めてもろくなところが見つからない確率が高いです。会社の面接官もアホウでは無いので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった点はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。運が悪ければ、面接官から何をしていたか質問されることになり、返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、不合格となるでしょう。
  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら再就職と付き合っていけ…

  • 楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動ができれば、精神的にも結果として転職先が見つかるまでの間に堕落しないで済みます。しかも精神的な箇所が健やかであれば、すぐに新たな転職先も見つかるはずです。理想的なのは、休職期間を作らずに新しい勤め先を見付けることです。現在の仕事を辞めずに転職活動することがベストでしょう。しかも、ブランクをなくせば仕事をやめても、すぐに働けます。そのように予定を組んでおくと、働いていない期間はできませんから、今後に響きません。つまり、転職の時に不利になることがないということです。将来的な展望を踏まえつつ、うまく転職活動を考えていきましょう。
  • 退職と転職を度々しないための対策が一つだけあります。

  • 転社を度々しないための対策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる現在では精神面を強くする自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは全然違う行動でも、メンタル面を強くすることが可能です。オススメは、ズバリ「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと言葉も文化も大きく異なるので、刺激が山ほどあります。なので、帰って来てから変化があるのです。帰国すると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え、面接に向かうと、これまでとは比べようがないほどに自信満々に自己アピールができるはず。しかし、退職直後はメンタルが弱くなりがちなので、気力回復のために休暇も必要です。
  • 転職活動では、然るべき準備は必要不可欠です。

  • 転職する場合、然るべき準備は不可欠です。その中でも目に見える「服装」は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。でも、最近の面接については、形式ばらない服装がOKな企業も多いので、ガッチリとビジネススーツで決めて赴く必要がない場合もあります。とくに創業したての新規の企業などは、柔軟な考えなので私服で面接したほうが、良い印象を持ってもらえます。また、フランクに会話がしやすい、というメリットもあります。さらに私服であれば、面接時に、服装について、話もしやすいですから、ポイントが残るでしょう。ですので、面接にトライするなら創業年数で決めることが、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 転職先を考えるにあたって、むろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だけど…

  • 転職先を選ぶとき、もちろんやりがいのある仕事をすることも大切だけどそれだけでなく年収のアップも大きなポイントですから「年収サイト」に登録をして事前に研究しています。全く同一の会社でそして同一の職種、社歴なのにすごく人によって幅があることも数多くあり、ぶっちゃけて言えば面接の際質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをチェックしていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた方もそこそこは察しがついているのですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方だと考えておいてください」とのことでした。
  • 私はこれまでに20代で転職を2回経験し、いまは資格を取るべ・・

  • これまで20代前半までに転職を数回で、今現在は資格取得の勉強をしながら、派遣社員で働いています。常勤の勤務ではないのでやはり手取りが少なくなってしまいました。しかし、前よりも心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代にもっと資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。また、身近にそういった人を見てしまうとなんだか羨ましく見えてしまいます。これまで私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、ガッカリする毎日でしたが、今では結婚をキッカケにがらりと生活環境もかなり変わり、前よりも明確な目標ができて自分の人生に満足できるようになりました。
  • 就職した会社で感じの悪い上司に頭を抱え、結局耐えることができなくなり退職し・・

  • 昔務めていた会社で相性の悪い上司に悩まされて、その結果我慢することができなくなり退職し、同業他社に移りました。気分よく仕事ができ非常に充実した日々が続きましたが、徐々に会社の債務が増えて、経営統合されることになりました。ところがその統合した会社が驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、おまけにすごく嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょう。当たり前のことですが新たな転職活動をやり始めています。
  • 転職先で見学などがあると良い勉強になります。

  • 転職先で会社見学などがあれば、たいへん勉強になります。その中でも、「職人」がいる会社は、職人技を近くで見られるため、楽しみです。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には高確率で、普段通りの姿を見せてくることは少ないのです。その傾向が強いのはブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。個人のクセが反映されやすい業種なので、入社した後でないと、実際の姿はわからないものです。なので、見学内容イコール仕事現場、と解釈しないことがとても大切です。それに加えて、会社見学時に実際に仕事体験ができる会社は、倫理的にアウトですし、選択肢に入れるのはおすすめしません。入社してもいない人にはもし何かあっても、それに対する保障など一切ありません。担当者から勧められても丁重に断っておくようにしましょう。
  • がんばっている転職活動中に、「自分は振り返るとこういう種…

  • がんばっている転職活動中に、「自分は今まで、こういう仕事をしました」「これまでにこういった技術を手に入れました」と過去の自分自身の実績などをよく伝わるようにアピールしようと考える人はとても多いです。ところが、希望する新たな職場で「こういった仕事をしたい」「私が経験したような内容の仕事をするのなら貢献したい」と未来の姿を通して自分自身をアピールする方がはるかに効果的だったりします。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても自分の好きなタイミングで退職できるものではない・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年経ったら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職活動したことで思い知らされました。新婚し、生活が落ちついたあとできればすぐに子供を持ちたかったので、妊娠するまでの期間のために1年半~2年くらい続けられれば良いなと思い就職しました。派遣社員であるために、収入は少なかったですが、仕方なく時間的な融通のために、この道を選択しました。ところが、入社してみると一緒に働く方たちはほとんどの方が派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。結論として派遣社員であっても期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、困ってしまいました。