新卒で入った会社を辞め、勇気を出して転職しました。

新卒で入社した会社を去り、一歩踏み出して転職を決意しました。

新卒として入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職すると決意しました。最初は相当に将来のことを考え不安になりました。ですが、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであると私自身が転職することで理解し、自然と悩みが消え、気が楽になりました。なにより転職をしたことでなんというか、気持ちが前向きになっていき、「自分のやりたいこと」を探すのが日々が明るくなりました。いまだに「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」という転職に対してマイナスな意見もありますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私の場合は転職をやって良かったと思っています。

今あるスキルや資格をふまえて再就職する場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業・・

今の自分のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動をしようと考えているのなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的、再就職が難しい業界がある事を理解しておいてください。再就職がカンタンといわれる業種は、たえず人手が足りない「医療・介護」が代表でしょう。医療や介護の業種では看護師および介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、諸事情によって、他の業界に再就職する事を考える場合、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。ですから、簡単に考えない事が必要です。転職をされるのであれば、他の業種では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように覚悟しておいたほうがよさそうです。

転職活動しているとき、気になる求人を見付けるたびにきち…

将来的に転職活動をするという時は、気になった求人(または職種)を見つけたら、100%「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで調べておくべきです。求人票・転職エージェントからはまずその業界のマイナス要素について、教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、簡易的なインターネット検索によっていとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そういう面を知らずに入社してしまうと、後々に入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人募集が出ている理由が「仕事がキツイから人がなかなか定着してくれない」といった場合が多くを占めます。目に留まった案件について、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

あたらしい職場で今までに培ってきた資格やキャリアを活かすことができれば、…

新しい職場で、これまでに培われてきた資格やキャリアを活用できれば、即戦力となって割と早く職場にも馴染めるはずです。それはつまり会社サイドも、スキルを持つ人材は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職はそこまで難しいものではありません。しかも、これまでの職場と同じ業界であれば転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。でも、即戦力となる実力があったとしても大手企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)はいつの時代も、かなりの難関ですから、覚悟を決めておきましょう。

『転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が固いな…

『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいという旨をすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、このときに相談という形を取ると、高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私もそういった経験があり、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。辞職したいことをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、結果的にはなぜか退職出来たのはこの年の11月です。予定では、年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。やはり職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを希望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので非常に呆れてしまいました。

就職活動をする場合に注意して欲しい求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く…

就職のため仕事探しをする際に注意して欲しい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長いというものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が非常に多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間とか45時間という感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月これくらいの残業が発生するため、最初から給料に残業代を組み込んで計算しておくというシステムです。(なお、これは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代50時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料がもらえます」という意味になります。しかし、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』という言葉自体がない場合もありますのでよく気を付けてください。

転職エージェント、そして転職サイトを使用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

転職エージェント、そして転職サイトを使用して、転職活動する人は年々増加しています。ですが、転職の幅を広げたいのであれば、加えて転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアは、数多くの企業が一堂に会するイベントです。参加することで多くの企業の情報が得られ、加えて、説明担当の企業スタッフから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。転職フェアに参加する場合には、面接を受けに行くのだと思ってしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。その結果としてフェアでの交流を通じて、企業から気に入られれば、その後応募して実際の面接時にかなり有利になると期待できます。

現在の自分の仕事や勤め先に関して、ほとんどの人は不満を感じていると思います。

現在の職場や仕事の中身について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の資格やスキルを真摯に評価してくれない」それゆえに「報酬は平行線だし、昇格の見込みもない」といった点が多くを占めるでしょう。とはいうものの、そういった悩みを持っている人の中には、自分の才能を実際よりも過剰評価しているケースが少なくありません。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる求人がない」と仕事をしない期間が長くなるおそれがあります。可能性も少なくありません。そういうわけで転職で良い成果を出すためにも、自分の能力を把握することが大切です。

そのうち転職しようと思うのなら、現在の仕事や業務の何に不満を感じているの…

そのうちでも転職をするに当たっては、今現在の業務や業務で感じている不満点をリストアップしてみましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。気に入らない点が限界に達しているから転職しようと思われているはずです。でも「ちゃんと現在の業務の不満なことを挙げる」ことを多くの人はやっていません。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「今よりも不便になること」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションのダウンを抑えることはできるでしょう。

女性の転職において、数年前と現在とは若干の変化があります。

女性の転職については、現在と数年前では若干、変化があるといいます。一昔前は面接の場で、結婚の予定や出産予定などのことに関して、当たり前のように女性に質問していました。でも、今ではそのような内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞かない会社が当たり前になりつつあります。世間に名の知れた大企業ほど、この手の質問を全面的に避ける傾向にあります。ただし実際、面接する側はYES・NO、ではなく、その女性の考え「結婚後も働きたいのか」出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいとは思っています。自分自身の価値観をわかっておいてもらうためにも、自己PRや志望の動機と一緒に表現することで、会社側の疑問も解消できると考えます。ですので、質問されていない部分も、あなたの側から企業にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いです。