もしもあなたが将来、転職したいと考えているなら、・・

もしあなたが転職を考えているなら、転職前に資格を取得することで選択肢が増えます。

もし転職するのなら、「資格」を取っておくと選択肢が増えます。また、仕事をしているあいだに資格取得をしておくのがお勧めです。転職の際に有効に使えるので、新しい仕事を探すのも楽になります。こういった理由から、在職期間中に資格取得をするのが良いといえます。もしもあなたが未来を考え、実際に役に立つ資格を取得しておくと、今の会社を辞めたあとも後悔することなく前に進めるはずです。おまけに、資格を取得できれば転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接で即戦力になる人材だと認められ、それまでの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

再就職しようとする時に必ず用意する履歴書や職務経歴書についてですが、…

転職をしようとする時に準備しないといけない履歴書などに関してですが、だいたいは自筆ではなく、パソコンを用いて作るのが一般的となっています。日本の中では履歴書はパソコンを使わずペンを使って作るのが一般常識と思われることもよくありますが、それは新卒の人の就活やアルバイトについてであって、転職をする時においては履歴書や職務経歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とまでは言うことはできません。手書きの方を評価する場合もあるようですが、そうではない企業が増えてきますから、パソコンを用いて作ったものでも良いとする企業はたくさんあるのです。

派遣会社に登録をしています。サイトの中で何の気なし…

今、私は派遣会社で働いています。サイトで何の気なしに興味を引かれる仕事を探し出して応募したい旨を伝えると「その仕事はすでに別の人の採用が内定しています」と言われてしまい一時的にサイト上からも仕事情報が閲覧不能になるのですが、翌日になれば元に戻っています。これって結局私ではダメだっていう意味ですよね。そういうことであれば変に隠さないくらいにはっきりと教えてほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それともまた客寄せのためのダミーの仕事なのでしょうか?

いい会社に入りたいと転職活動をするとき、「ほんのちょっとでもはや・・

違った職場につきたいと転職活動をしている場合には「1日でもはやく、内定(採用通知)を手に入れたい」と思いがちです。が、そのために通知を得たいあまり、自分をより大きく見せたり、あるいはその逆で過小評価するかのような行動はなるべく避けておきましょう。そうではなくて、焦る気持ちをブレーキを掛けて、落ちついて自分の能力にあった職場を探すことに専心しましょう。これまでの経歴が生きるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く見極めていきましょう。

転職を考えているのならいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい職場(転職先)では、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。特に、初年度は大方「試用期間」を含んでいる企業も多く、自分の転職して新たな仕事をした時は、苦労の末手にした仕事なのに、予想とは裏腹に以前の会社での年収とあまり同じ額で変わりませんでした。そればかりでなく、業務内容はとてもキツく、たいへん責任が伴うものだったので、1年目を越すのもものすごく苦労しました。そういった経験をしたからこそ、初年度は、仕事を覚える年と割り切り、状況が許す限りやれるだけ転職前からお金をためておくことに尽きると思います。

私たちの社会的環境において、将来的に段々と単純労働…

私たちの社会的環境において、将来、ますます考えなくてもできる労働は機械で処理されるようになっていき、当然のことながら必要な労働人口はどうしても減少していきます。なぜかというと、思考を必要としない労働はヒトよりも機械で作業するほうが数段にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ動作をずっとリピートしたりすることは機械なら何も不自由もありません。人と違って不平不満を言わないし、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、早いし均一にこなせます。おまけに人と違って報酬が発生しません。こういったことから、労働力として生身の人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械に置き代わるのも自然の結果といえます。

とある古物商のお店で、書類審査に受かりました。2、3日…

とある古物商のお店で、書類選考に合格しました。その後相手方から、面接日時を教えてもらいました。ですが、面接日当日、行ってみると、なぜか相手が面接準備を全くしていませんでした。待っていると、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、終始たいへんにだらしない態度を見せられ、淡々と面接が終了しました。だが、予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、もどかしくなり、私から問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達で改めて連絡をしたところ、意味が分からなかったのですが、「今回はご縁がなかったということで」とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。私は呆れ果ててしまいましたが、率直に、採用されなくて良かったと痛感しています。

転職を行うにあたり、今務めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが・・

転職を予定しているのなら現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、仮に自らの希望によって退職届を書いて会社を去る、いわゆる「依願退職」であった場合は失業保険はすぐに受け取れません。手続きを終え、失業したことを認められてから3か月待たないと受け取れないのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、この規則をわかっていない人が、手続きに不手際があると勘違いしてそれが原因でハローワークの担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。例外として、リストラなど会社側の都合による退職のケースでは、失業認定を受けてすぐさま失業保険が給付になります。

近頃、株・不動産投資といった、不労所得や個人経営 や起業を目指す人も増えています。

近年では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。必ずしも「自営業は不安定であぶない」といったこれまでの常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、安定しない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが賢明であり、人生の「花形」としてまたそれが自然のことのように広く社会に浸透していました。そういった時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」という風にもいわれます。近い将来では、機械化、自動化が進んで機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。

求人に関する情報を見る際、「デスクワークがしたい」と思う人ほ・・

求人を見るとき、「デスクワークがしたい」と思っている人ほど製造業をあまりチェックしていません。そういった人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と誤解しているのです。製造業であっても、現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などの従業員募集をはじめ、資材・購買や営業管理等の事務系の職も相当数あります。とはいえ、製造業の仕事場自体、ビジネス街と同じ環境ではないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。けれど、自身のこだわりを捨てることで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。