転職活動で面接のときに必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていて面接のときに例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていると面接時に間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもOKですが、これと違って転職理由についてストレートに伝えるのは賢明ではありません。給与が納得できないことや、上司や同僚との人間関係など採用担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。自分が不利になることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、慎重に質問してくると考えておくべきです。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そのあと、この会社に入ってこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることが必要なのです。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、仕事を探しているという証明が必要となります。とはいっても、実際は「今まで一生懸命働いてきたので、少しの間でものんびりと過ごしたい」と思う人も少なくないでしょう。なので、ちゃんと次の仕事を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。1ヶ月おきの「ハローワーク」での面談は避けようがありませんが、その場にて、「求人票」をチェックすることを最低限やってください。本腰を入れて探す気持ちがないときは、「求人票」を軽く見て、(ハローワーク職員との)面談時に「やっていけそうに思える仕事が意に反してありませんでした」と言って、次の機会を狙っておけば大丈夫です。

  • 再就職の際の面接は、中小企業であれば、その社内の「人事」担当が面接官になります…

  • 転職のときに行われる面接というのは、零細企業クラスの場合概ねは人事担当者になりますが、場合によっては違うこともあります。実際、これから職場でかかわりの深くなる現場の担当者、一言でいえば部長・課長などの役職の人が面接場にいあわせることも決して少なくありません。とくに営業や事務に転職する場合は資格を介した人の良し悪しを判断しづらいので堂々と自分という人物をアピールすることがとても必要であります。面接担当から「この候補者は、堂々と自己アピールしてるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、印象付けることが大事になります。

  • 転職の際に必須となる採用面接での勘違いしている人が多いのです・・

  • 転職活動中の面接でのしてはいけないのは採用を勝ち取りたいあまり度を超えた猫かぶりすることは、正直なところ悪い結果につながります。そうなる前に思い切って面接時は、「休暇」など、普通はかなり聞きづらいことも勇気を持って尋ねておくと、最終的に絶対にあなたのためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、そのような質問をすることで最終選考に響くのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、だけども、かえって好印象を持ってもらえる直結するといいます。これらのことは労働環境やお金に関する内容は、実のところ、多くの人が気になっています。その反面、多数の人が気を遣い大半の人が質問を躊躇しています。なので、あなたがあえて尋ねておくことで「言うことはちゃんと言える人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

  • 転職を行う場合、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思います…

  • 転職を行うにあたっては、様々な方法で情報を得ることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは絶対に利用すべきです。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の復讐によってその種の口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、裏を返せば、口コミの内容が真実でなければ、会社としては気にする必要はないはずです。しかしながら、本当のことが書いてあるので会社側としては、「これではいけないと思い、はやく火消しをしよう」という話かもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、その分入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなると思っていいでしょう。というか、いい会社にはトラブルは起こりません。

  • ちょっと前に転職をやっとしたばかりというのに、数ヶ月しかたっていないの・・

  • 少し前に転職したばかりであるにもかかわらず、何ヶ月もたっていないのに退職してしまう人というのもけっこう多いものです。何故かと思うと私の思うところをいうと気持ちも新たに、転職先の仕事環境を見つけたというのに、「想像していた職場環境とけっこう違っていた」「こんなはずではなかった」と考えてしまって別の仕事を探すことが珍しくないといいます。こういった転職における失敗を繰り返さないために、第一に、前もっての情報集めは徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、通勤に掛かる時間、など多角的にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。

  • 現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。でも、忙しく働きながら求人をチェックして、その応募手続きをしたり、面接を受ける、というのはきついものがありますよね。加えて、転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、面倒な事になるかもしれません。エージェントをあいだに入れていた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も応募した企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを理解しておくべきです。

  • 世の中は変わっていてPCやスマホは便利でインターネットで見られる世界・・

  • 世の中は便利になったものでパソコンを見ればネットのエリアには、いわゆる「転職サイト」と呼ばれるものが数多く点在しています。その多くのサイトから自分にあった転職先を見付けるためには、まず、情報を収集することから始めましょう。こんなサイトを上手く使いこなすことで、効率的な転職先探しができます。客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意が必要です。はじめは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、しっかり確かめてみましょう。

  • 転職を行うにあたっては、あらかじめ、公式ホームページ、求人票、パンフレットなどで…

  • 転職を行うにあたっては、あらかじめ、ネット上で転職関係のサイトを見たりして関心のある会社を調べるでしょう。しかしながら、当該会社が情報を掲載する際には、コンサルタントに相談をしていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す達人です。たとえ公開する場合でも遠回しな表現に徹します。その種の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、額面通りではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。もしも言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「こんなはずじゃない!」と後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は難癖をつけて、辞めさせないよう仕向けてきます。この種のブラック企業には注意しましょう。

  • 「シフト制」のある仕事についての話なのですが、一定の・・

  • 「シフト制」の仕事に関する話です。毎週、同じ曜日に働ける人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方を面接時にたずねておいた方が良いです。前に私は産休で抜けた人の代役として、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは、「土日」固定のシフトで、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前任の女性が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日は一人だけなんて・・・。思い返すと本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。