失業者が受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえませんが・・

失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえません・・

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件ですが、この給付には「期間」があります。失業時までに勤務していた期間に応じて変わり、90日とか120日とか設定されるのですが、世の中には知らないで失業を続ける限り給付されると思い込んで永久に失業保険で生活しようと考える人がいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき急に仕事探しを始めてもあまりいいところは見つかりません。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといったことくらいはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。もしかすると、面接時に失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、受かりません。

将来に目を向け、楽しみつつ、再就職と付き合う事が出来れば…

将来に目を向け、楽しんで再就職に向けての転職活動と向き合えば、精神的な負担が減少するので、転職活動の間の堕落も回避できます。それにメンタル部分が元気なままでいれば、割と早く転職が出来るでしょう。そうする為には、やはり、休職期間を作らずに新たな勤め先を見付けることが大事です。今の仕事を続けながら、次の職場を探すのが理想です。休職期間をなくすことで、今現在の仕事を辞めても、すぐに始動できます。そうしておけば、職歴にも空白期間が無いので履歴にもキズがつきません。つまり、転職の時に不利になることがないということです。今後を踏まえて、スムーズに転職活動を進めてみましょう。

転社を度々しないための打開策が一つだけあります。

転職を度々しないための対策は、とてもシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返すことがなくなります。現在はネットもあるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。さらには、転職とは関連性のないことでも、メンタルを鍛えられます。何かと言うとズバリ「外国に行くこと」です。外国は、文化も言語も、日本とは大きく違うため、大きな刺激を常に得られます。ですから、帰国後変化があるのです。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。こういった気持ちの状態で、面接に向かうと、これまでとは違って自信満々に自己アピールができるはず。どうしても、退職間もないあいだは、精神的にまいっている人も多いので元気になるまで休みましょう。

転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必須です。

転職をスムーズに行いたい場合、準備は欠かせません。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、目に映る「服装」は、気になっている人も多いと思います。でも、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装で大丈夫な企業があるので、ビジネススーツを着て面接に出向かなくても良いケースもあります。とくに会社の創設して間もない会社などは、お堅い規則もないことが多く、私服で面接をした方が、良いイメージを持ってもらえます。正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるメリットも。さらに私服だと、面接中、服装の事で話題が広がることがあるので、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。というワケで、今後、転職は企業の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

転職先を考えるにあたって、もちろん仕事におけるやりがいアップも重要だ・・

転職先を考えるにあたって、言うまでもなくやりがいを考慮することも大事だけどさらに手取りのアップも大切なので「年収サイト」というサイトに登録をして前もって調査をしています。全く同じ会社でしかも全く同一の職種、経歴であるにも関わらず人によって広く違いがあることも複数あり、正直に言うと面接の時質問したことがあります。面接をした方もそのサイトを見たことがあるようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物も誰かそこそこは予測できるのですが、多分見栄をはってるんですよ。低い方の給料で心づもりしといてください」とのことでした。

20代前半で転職を2回した為、いまはいくつか資格を取得するため・・

20代前半に転職を2度行い、そして今、いくつか資格を取得するため、「派遣社員」として働いています。フルタイム勤務ではないのでやはり給料は安いのですが、しかし、前よりも心と時間に余裕ができました。思い返すと、もっと学生のうちに資格を手に入れて、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、きちんと資格を活かしている人を見ると自分もこうなりたかったと感じます。昔の私は、それなりに成功している人と自分を比べ、劣等感を感じる日もありました。今は結婚してから、過去と比べ生活環境も大きく変化し、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので楽しく日々を過ごしています。

働いていた会社で性格のきつい上司に嫌な目に合わさ…

初めて働いた会社で意地の悪い上司に悩みを持ち、耐えきれずにその会社は辞め、同業の別の会社に移りました。そこでは居心地よく仕事ができて本当に充実した日々が続きましたが、少しずつ業績が悪化して、ついにはある会社に経営統合されることになったのです。偶然にもその経営統合した先の会社が驚くなかれ前勤務していた会社で、加えてすごく嫌いだった上司がまた私の上司になることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょう。言うまでもありませんが新規の転職活動をスタートしています。

転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあるとたいへん参考になります。

転職先で見学などがあるとたいへん参考になります。とりわけ、「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるため、ワクワクします。そのような「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、本来の働き方を見せないのが特徴です。もっとも顕著なのは、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。個人のクセが反映されやすい業種なので、実際に入社するまで、実際の姿はみえません。なので、見学内容がそのまま仕事、と考えないことが賢明です。加えて、会社見学時に実際に仕事体験ができる会社はキケンなので気をつけましょう。正規雇用が結ばれていない場合、仮に問題が発生したとしても、保証も一切ないので、仮に、勧められたとしてもていねいに断るとこが大切です。

今がんばっている転職活動の際に「私はこれまでずっとこういう種類・・

励んでいる転職する活動の際に「私はかつて、こういう仕事をがんばってきました」「今までにこのような技術に磨きを掛けました」とそれまでの経歴をしっかりアピールしようと考える人はしばしば目にします。でも、転職先となる再スタートを図る企業で「近いうちにこういうような仕事をしたい」「こういうような内容の業務をするのならできれば貢献できるに違いない」と未来の展望を話してアピールする方がはるかに効果的だったりします。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えた…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、1年ごとにすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動を経験して思い知らされました。私は新婚生活が落ちついたあとできればすぐさま子供を持ちたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい現在の会社でそのまま仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員であったために、正規よりも給料は少なめでしたが、ですが時間的な自由が得られるのでガマンしました。でも、入社してみたら、一緒に働いている人たちは大半のスタッフが派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。派遣だからといって、契約が終わってもすぐに辞められるワケではないと、これが今の悩みになっています。