転職活動で面接で例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていれば、「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

転職活動中に、面接のときに間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由についてありのままに伝えるのは問題です。たとえば待遇に納得できないことや、人間関係の問題など、面接官に好印象を持ってもらえるものではありません。自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、この企業に入社してこういうことをしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

失業保険の給付は、求職活動をしていることが条件になります。

きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、けれども、現実は「会社を辞めたことだし、とりあえずはのんびりしたい」と思うのが現実だと思います。心から働き先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。毎月欠かさずハローワークに行くのは当然必要ですが、そこで、「求人票」を確認することを必ず行ってください。実際には探す気持ちが出ないときは、求人票を熱心に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談にて、「納得できる条件の仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことに見当たりませんでした」と相手に報告し、次の機会を探すというやり方もあります。

転職希望者が受ける面接では、小企業クラスの場合その社内の「人事」担当が面接官になりますが…

転職の際の採用面接では、中小企業クラスの場合、概ねは人事担当者になりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。たとえば、共に仕事をする現場の担当者、わかりやすく言うと課長や部長などの管理職が面接の場にいることも珍しくありません。とくに事務系や営業系などの部署に転職する場合は、資格などという人の判断をするのが難しいですから、しっかり自分自身をアピールしていくことがとても大事です。面接担当者から「この男はハッキリ主張できるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。

転職時の採用面接での、多数の人が考え違いをしているのですが…

転職の際に必須となる面接での多数の人が考え違いをしているのですが良い印象を与えたいと度を超えた猫かぶりは、それがそのまま逆効果です。ですから、猫をかぶるよりも面接の際は「育休」など、多数の人がかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を出し率直に尋ねておくと、結果的にあなたのためになります。信じられないかもしれませんが、「そのような無神経なそのような質問をすることで結果が不利になるのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。ところが、意外なことに、面接官からの印象もいいことは結果的にはいい場合が多いようです。このような「お金」や「労働環境」に関連する内容は、多くの人が知りたいと思っています。しかしながら、多数の人が気を遣い聞かないのも事実です。なので、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

転職するときには、いろんな手段で情報を収集するのが通常だと思いますが・・

転職活動を始めるにあたって、いろいろな方面から情報収集されるかと思いますが、転職系の「口コミサイト」を利用しない手はありません。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた社員の報復によってその種の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、別の角度から見れば、ウソの書き込みなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。あるいは、実際には『クロ』で「本当のことが書かれているので、急いで火消しをしよう」と思っている可能性もあります。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが目立つということは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するおそれのあると判断して良いはずです。というか、善良な会社だったら煙など立ちません。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに・・

少し前に転職したというのに、入ってすぐに退職してしまうケースがずいぶん多いものです。何故そうかと思うと私の思うところはリフレッシュな気持ちで良い仕事を見つけたものの、「自分自身の期待していた職場環境とおかしいと思うほど違っていた」「こんなはずではなかった」といったことで別の仕事を探すことが多いといいます。できればこういった、転職先選びで未然に防ぐためには、第一に、前もっての情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、などいろいろ調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

転職活動を現職と並行する人が多いです。しかし、忙しく働きつつ求人を探しながら応募したり、面接に行くのは精神も肉体も負担がかかるといえます。現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、仮に、書類選考をクリアし、いざ面接というときに辞退すれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、それとは異なり自身でダイレクトに応募した場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにしても貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを認識しておくべきです。

世の中は便利になったものでスマホを見ればインターネット上では、…

とみにPCやスマホは便利でインターネット上では、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに存在します。自分に見合った転職先というのを見いだすにはまずは情報収集から始めましょう。こういう「転職サイト」をうまく利用することで満足度の高い転職を叶えられます。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、それとは対称的なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながらしっかりチェックしてみてください。

転職活動を始める場合、前もって、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たり・・

転職活動では、事前にハローワークの求人票を見たりして関心のある会社をチェックするとは思います。その会社が情報を公表する際には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。たとえ公開したとしても遠回しな表現に徹します。そういった社長の方針や社員の感想については、馬鹿正直に信じるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。もしも心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、こんなはずではなかったとあとでガッカリすることになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は文句をつけて、辞めさせないよう仕向けてきます。この手のブラック企業には注意が必要です。

これはシフトの仕事についての話です。

これはシフト制の業務についてです。特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法、休み方については面接の際に聞いておいたほうが良いでしょう。前に私は出産のため休む人の穴埋めとして、正社員の仕事についたのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。前にいた女性が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私もそう思われていたみたいです。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変わってもらうときは、上司に「日曜日に休みたいのです」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・振り返ると「よく耐えたな」と。