自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にした・・

自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きた…

  • 自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。私が実際に経験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが好きだったのですが、それが高じて、かつては、飲食業界(レストラン)に勤めていた期間があります。そのレストランでの業務は、そのお店で私が担当していた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。けれども、人間関係ですごく嫌になりました。そのことが引き金になって、仕事をやめましたが、同時に、食べること、そしてそのレストランで提供していた食べ物すら嫌になってしまい、同ジャンルの飲食店はしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと願い、実現できるのは本当に素敵なことです。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり自分自身に問いただした上で行動するべきです。
  • 転職をする際の面接での身なりはクールビズでもOKとと事前に連絡が来るケースもあります。しか…

  • 再就職の時にする面接では会社側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されている場合もあるようですが、クールビズの格好は社会人として常識に欠けるのでは?と感じてしまいます。そのような思いを心に感じている方々に伝えたいのは、会社側からクールビズでも良いとされている面接については伝えられた内容を素直に聞き入れたほうが確かです。混乱して、真夏なのにしっかりとスーツを着用すると逆に不自然です。ですから、クールビズ可と事前に聞かされたのならクールビズで良いのです。
  • 転職において、とにかく今の会社を退社してから転職しようと考える人もいますが・・

  • 職を変える際に、まずは今勤務している会社を辞職した後でといった方法もありますが、そういった場合には今度のボーナスの時期を考えておきましょう。ボーナスの支給がある会社は多いですが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスをもらえる時期が近いときには、それから辞める意向を伝えるというやり方も賢いやり方です。ボーナスはなかなか大金なので、もらっておかないと損をすると明白ですから、会社を辞める決意をしたならボーナスが支給される時期について一度確かめておくともったいない思いをしません。
  • 転業を検討しているのなら、多くの企業の情報を普段から調べたり比較したりしておく…

  • 再就職したいなら、まめに多種多様な会社を日常的にチェックしておくと転職先の判断が大いにしやすくなります。今の仕事になにか納得のいかない部分がある場合、転職活動する際、どんな会社でもいいように映ってしまいます。そういった状態だと、どの会社を選択するべきか、迷ってしまうので選択を間違える可能性も少なくありません。そうすると、最終的には短い期間で退職しなくてはならなくなるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。方法としては、転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その企業の「取引先」も気にしておきましょう。透明性を重んじる企業は取引している会社を公表していますし、そういった企業でない場合、宣伝ばかりなのでその点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前を調べると細かい所もチェックできます。
  • 安定を手に入れるために正規の社員になりたいと思っている・・

  • 安定的な生活を欲しがり正規社員として働こうと考えている人は相当数います。しかし、いくら努力しても、正社員のためのキャリアアップがうまくいかない可能性もあります。非正社員の求人募集があるのに正規雇用の求人に固執し、時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。仮に、正社員としての転職が難しいのなら、準社員の募集もチェックしてみましょう。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、成果次第で2,3年で非正規雇用から正規雇用への転換ができる可能性もあるからです。面接時に「正社員登用」の有無をヒアリングするようにしておけば人生設計が立ちやすいはずです。
  • 求人広告には、大部分の場合は多くの職場では月の給料が記載されているはずです。

  • 求人についての情報を見てみると、ほとんどの場合、大部分の職場では月収等が記載されています。でもこの箇所をチェックする際は、しっかり確認する事が大切です。額の多い少ないだけを見て納得しないほうが無難です。実はひょっとすると、月収の額の中身に月20時間残業の場合が含まれているおそれもあります。何が問題かというと残業代の金額を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている所があるからです。さらに「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せているケースもあったります。そうやってよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社ははじめから相手にしないほうが無難です。
  • 派遣として就業しています。派遣法とかの関係で残念ながら…

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法とかのからみで残念なことに長くお世話になった会社での勤務があと数か月で終わります。同じく派遣で働いている人の中には派遣先の会社で正規社員としての契約を手に入れた人もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけ仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのあしらい方が上手でそれが採用の決め手となったみたい。職務を遂行する能力よりも上司正社員転がしスキルが重要なのだろうと選考に漏れた派遣仲間達と派遣先の職場で愚痴る毎日です。
  • これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのな…

  • 年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。この手当ては会社側がもし「雇用保険」を支払っていた場合は、誰でも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、今の企業の都合や残業時間によっては日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。このときの、受け取れる「失業手当」の金額は、最後に受け取った月の給料をもとに失業手当の支給する額を計算するので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の…

  • 転職の際、「派遣社員」を選択予定の方に注意していただきたい点があります。一般的に派遣社員という言葉を聞くと、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの業務をなんとなく考えた人が多いかと思います。はじめは私も今、勤めている会社に入社するまでは「電話対応がメインです」と入社前に派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、業務に掛かると、なんと「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを指示されました。毎回振り回されますし、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々非常に困っています。とりあえず、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。
  • 経験したことがない分野などに転業したいときには、自分の以前の仕事…

  • 初挑戦となる業界などに転身をしようとするときには、前の業界で身についた腕前や経験したことが生かせるという自己アピールが必要になります。そのジャンルで経験をしたことがないという人は経験のない分だけその業界で今まで働いてきた人たちよりも正直、損にはなりますが、自らが保持している力がそこで十分に発揮することができるということを伝えれば、戦えるケースも多くあります。ですから、経験が全くないジャンルに挑戦する場合は、その業界と自分がこれまでやってきた仕事との関連を可能な限り発見しましょう。