政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況につい…

政治による影響がでつつある転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下では…

  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。今の安倍政権では、アベノミクス「三本の矢」など、新たな経済政策が複数、展開されています。経済政策が金融政策ともあいまって財界・民間企業ともに次の世代の社会的な変化が巻き起こりつつあります。そのような変化の中で、民間企業サイドでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会問題として拡大しています。また最近では、「外国人労働者」の数を現状以上に高めていくと現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。
  • 転職をするための活動をしているときは、なにはともあ・・

  • 転職をする活動中はとにかく、最初に必ず自分自身の心が静かであることを心がけましょう。会社で働きながら転職の活動をする場合はたいして気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってから行う際には、かなり心のうちが焦ってしまいます。ですので、冷静になりつつ、活動してみましょう。将来、自分がやってみたい仕事や、思い描く理想の職場などを明瞭にしてみましょう。そのイメージを実際の職場とのそれらが矛盾していないか、徹底的に見極めましょう。しっかり考えることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。
  • 転職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を渡してきた…

  • 再就職における面接などに関して担当者が名刺を差し出してきた場合、あなたも名刺を相手に差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と対応の仕方に悩んだら、大体の場合は渡さなくても良いと理解しておいてください。転職のための面接というのは仕事ではなく、仕事を得るための就職活動内のことです。ですから大体の場合は名刺をやりとりする場とは異なります。加えて、会社の者としてその場にいるのではなく、個人のことでそこにいるわけです。要するに、もし相手の方から名刺を渡された時でも、あなた自身は、ただ受け取るだけでよくて、担当者に相手の方にあげる責任は必ずしもないと判断できるのです。
  • 転職サイトは知名度の高いサイトであるほど多数の求人情報がが掲載されているた…

  • 転職サイトは大きなサイトであるほど掲載される会社も多いため、約2~3社ほどとりあえずは転職サイトに登録して、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報収集が楽になります。ですが、初回は登録するのに非常に時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録をする初回時は少々時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、後のことを考えれば、初めの段階できちんと準備することを心がけるのが無難です。
  • かつての私は、職探しをする場合は「転職サイト」よ…

  • 以前の私は、「転職サイト」を利用するより、主に「ハローワーク」を利用していました。その理由は、有名どころの「転職サイト」は、どうしても都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。そのために、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、いくらか知名度は低くなってしまいますが、地域密着型なため、安心して面接に進むことができます。ですが、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と思われている人も多いとは思います。でも、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、もしも転職しようと思うのなら、お近くのハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。有名な転職サイトのように多くの電話やメールが繰り返し来ることもありません。
  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠となります。

  • 転職活動を行う際には、「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。企業のほぼすべては履歴書だけでなく職務経歴書に記載されている内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、とにかくこれらの書類の作成が重要といえます。単に文字を書くだけでなく、内容を魅力的なものにすることが大事です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書き出しましょう。また、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。たとえば残業時間を何時間減らしました、などかなり具体的に書いていきます。難しいと思う場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、文章をチェックしてもらったりしてブランディングのためにうまく活用することも選択肢として考えておきましょう。
  • 再就職する際に行われる面接を受ける時につけていく腕時計ですが、…

  • 転職時の面接でする腕時計は、どう見ても目を惹くようなタイプのものは着用は避けたほうが悪い印象にはなりません。目立つ腕時計と言うのは明らかに高そうに見える腕時計とか、それとは真逆でチープな腕時計に見られてしまうとか、そのような目立つということで正反対で目を惹く、ということで認識しておいてください。再就職の面接の際にするべき腕時計においてはポジションとしてはスーツやネクタイと同じように考えて、ビジネスの場にふさわしい無難なものを身にするほうが賢明だと言えます。ただ、歳に適している腕時計ということもとても肝心であって、新卒の時に面接で準備した腕時計よりはわずかであっても値が張るものにした方が好ましいということははっきりといえます。
  • 転職する前には、今働いている会社の人たちがそのことを知ってしまうと・・

  • 再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ると職場の空気がガラリと変わるかもしれません。あなたの置かれている環境によっては、やっかみや意地悪される可能性もあります。そればかりでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に言うのは注意が必要です。なので、避けるために今の職場では、真面目を装いましょう。そうすることで、良い状態のまま会社を辞められます。加えて、トラブルなく退職できれば、退職後も、あなたが何かあったときに相談できるチャンスにも恵まれるでしょう。業種や規模に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりはとても大事なので、転職前のトラブルは、できるだけ控えましょう。
  • 以前の求人誌では、必要とする人材の「性別」まできちんと明記されていました。

  • 何年か前までは求人誌には、「性別」が書かれているのがほとんどでした。けれど今では、男女雇用機会均等法の施行等により、雇用において、男女差別がしてはいけないルールとなり、募集要項のなかに「性別」を明記できなくなりました。そうはいうものの、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。ですから、本当は男手を必要な会社に女性の応募が殺到したり、逆に女性を希望している案件なのに男性が応募してきたり、といった問題もひとごとではないのです。もし、「女性が活躍している仕事場です」とアピールする案件では、希望しているのは女性だと捉えておいたほうが良いです。
  • 転職することで勤め先を一新するということは、自分自身に合・・

  • 再就職によって職場を一新するということは、自分自身に合う居心地の良い場所を探したいものです。勤務先、職場を変えると、あなたに向いている仕事に就くことができるかもしれません。しかし、実際に行動するともなると、転職先にふさわしいスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。表現を変えると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に近い転職に巡り会える可能性も広がる、ということです。現在の社会では職業選択の自由が社会的にも当たり前になっているので、退職を決断し転職しても特に困難なことはないでしょう。組織と人との関係が軽薄になりつつある今現在では「スキルのある人材が欲しい」と希望する企業もますます増えているので、この好機に乗じて転職されるのも良いかもしれません。