新卒として入った会社を辞めて、決意を新たに転職しました。

新卒採用で入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職すると決めました。

新卒で入社した会社を去り、心を改めて転職を決意しました。最初は相当に悩んだりもしました。でも、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、多くの人が中途採用で働いていることを自らの転職活動で知り、無意識のうちに不安が消えて、安心しました。転職を経験すると自然と気持ちが前向きになっていき、「自分のやりたいこと」を優先できて嬉しくなっていきました。いまだに「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」という転職に対するマイナスイメージもありますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合、転職を決断して後悔はありません。

あなたが持つ現在のスキルを武器に就職活動を検討する場合…

今ある自分のスキルや資格を武器に再就職を検討しているなら、再就職し易い業界と比較的、再就職が難しい業界がある事を認識しておきましょう。再就職の難易度が低めの業界では、常に人手不足になっている「医療・介護」が最たる例です。医療や介護の業種では看護師や介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて仕事がきついからと異業種に転職したいと思っているなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、働き手の流動性がそれほどありません。そのため、安易に考えない事が必要です。異業種への再就職をされるのであれば、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけておきましょう。

転職活動をされているのなら、気になった求人(OR 業種・・

あなたが転職活動をしているなら、気になる求人(職種)を見た際に必ず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからは業界に関するマイナスとなる面は、知ることができないのが普通です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、インターネット検索によってカンタンにいとも簡単に実態を知ることができます。そうした検索をしないまま、入社すると、あとになって後悔してしまうおそれがあります。だいたいその求人が出ている理由が「業務内容がキツく、すぐに人が辞めてしまう」という場合も多いので、気になった案件について、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。

新しい職場で、これまでに培ってきた能力を最大限に活用できれ…

新しい仕事で、それまでに培われてきたスキル・キャリア生かすことができれば、即戦力として周囲から認識され、早々に仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している雇い主もそういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえ合致すれば、難なく事が運びやすいといえます。しかも、過去の仕事と似ている仕事なら見通しはおおいにあります。ですが、即戦力になれるとはいっても大手企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、時代・景気に関係なく中々の競争率を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が強いのであれば・・

『なるべく早く転職したい!』と考えていて、未来の進む道もハッキリしているのなら、辞めたいということを即、上司に伝えておきましょう。相談という形で話せば場合によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引きおよそ半年、予定が伸びてしまいました。退職したいことを最初に直属に上司に話した時は年度末、数ヶ月働くことになり、退職を受け入れられたのは同年11月です。本音を言うと、年度末いっぱいで辞めたかったのに、スムーズに退職できませんでした。企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、さすがに上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、さすがに前の職場に対してガッカリしました。

就職するため職探しをする際に特に注意したほうがよい求人の募集内容…

転職活動中に注意すべき求人は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束時間が長いというものです。このような募集の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出していることがよくあります。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間・45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、前もって給料に残業代を組み込む、といった仕組みになります。(違法ではありません)例えば『みなし残業代45時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代を含めると、この給料です」という話になるわけです。ですが、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』という言葉自体がないこともザラですのでよく気を付けてください。

転職エージェント、そして転職サイトを活用して、転職活動するといった方法は最近人気です。

転職サイトや転職エージェントなどを通じて、転職活動される人は多くなってきました。しかし、ベストの転職先を探すにあたっては、同時に転職フェアの利用がおすすめです。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加したのなら気になる希望の情報に直に触れられますし、また、そこで説明してくれるスタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。もしも、転職フェアに行く機会があれば、1次面接を受けにいくつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。それが奏功してフェアの期間中に自分の魅力が企業に伝われば、後に採用面接時にかなり有利になると期待できます。

今現在の自らの職場や業務の中身について少なからず何かしらの不満点があるはずです。

今の自分の職場・仕事内容についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。「自分の持っている能力(スキル)を正当に評価してくれない」または、「月給のアップも、将来的な昇格もまったく期待できない」といった不満が多いように見受けられます。しかしながら、そんな風に思っている人の場合、本人が自分自身の持っている実力を実際よりも過剰評価してはいないか、再確認しておく必要があります。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と再就職先が全く決まらないおそれがあるので、要注意です。おそれがあるので、注意が必要です。ですから転職活動に当たっては「本来の自分の能力」を客観的に分析することからはじめて見てください。

転職することを希望しているのなら、現状の職場の何に不満を感じているの…

今から転職活動を希望しているのなら、今の業務や仕事で感じている不満点を明確化する事が良いです。元々気に入らない点が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。でも「よく考えて現状である仕事や業務の客観的にみた満足できないことを挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、転職を叶えたあと、「今よりも不便になること」を明確化してみましょう。転職できたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は未然に防ぐことが容易になるはずです。

女性の再就職において、セクハラが社会問題となっている現代・・

女性が再就職するに当たり、一昔前と現在とでは若干、違ってきている点があります。以前は面接の際に、既婚者なら出産の予定などのことに関して、ごく普通に女性に質問していました。しかし、今の社会では、結婚や出産などについては、セクハラに該当するとして質問をしない企業が一般化しつつあります。そして、とりわけ大きな会社ほど、NG質問として扱われています。けれども実際、企業側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その人の考え結婚後も働きたい、出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っているはずです。自らの将来設計を理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機とともに言い表すことで、面接担当官にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。というワケで、たとえ、質問されていない内容でも、先にあなた自身から企業にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いでしょう。