転職活動をやっていると、絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていると、例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をやっていると、面接において必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、思っていることをそのまま伝えてもOKですが、これとは異なり転職理由について率直に伝えるのは得策ではありません。給料に対する不満、人間関係に関する問題など、あまり良い内容ではありません。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、慎重に質問されることは避けられないでしょう。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。加えて、この企業に入社してこんなことを実現したい、5年後はこうなっていたい、そのために御社を選択しました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を見つけようとしているという証明が必要となります。

失業保険の給付については、職を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。としても、「会社を辞め少しの間でも仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」のが本音でしょう。なので、心から職を探しているように思わせる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは必須ですが、そこで、「求人票」を確認することを最低限しておきましょう。実際には探す気持ちが出ないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、(ハローワーク職員との)面談時に「労働条件のいい仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことに見つかりませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すという方法もあります。

転職希望者が受ける面接では、小規模業者であればおおよそは人事担当者になりますが、…

再就職時の面接では、中小企業だったらおおよそは人事担当者ですが、場合によっては、別の人が担当することになります。実際、これからともに仕事をする現場の一番偉い人、つまり管理職クラスである課長や部長が面接する可能性も考えられます。また営業や事務の場合は、資格だけでは具体的なイメージはありませんので、きちっと自分という人物を売り込んでいくことが重要になります。面接担当者たちから「この候補者はしっかり自己アピールできるし、戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大事です。

転職の際に必須となる採用面接での、多数の人が考え違いをしているので・・

転職先での会社での採用面接での勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりしていると、残念ながら不採用となる可能性が高いです。そんな事態を避けるためには例に挙げるならば面接の際は「残業」などの、多数の人がかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って率直に訊いておくと、間違いなくあなたのためになります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無遠慮なそういった質問をすることで面接結果に不採用になるのではないか」と懸念するかもしれません。だけども好印象を持ってもらえることは結果的には少なくないようです。これらのお金・労働環境に関する内容は、実際には、多くの人が気になっています。しかしながら、多数の人が気を遣い聞かないのも事実です。それをあえて踏み込んでおいたほうが、「勇気のある人だな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

転職活動をするとき、様々な手段で情報を集めるのが通常だと思います・・

転職活動を始めるにあたって、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、違った視点から見れば、書き込みの内容が真実でなければ、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかし、本当のことが書いてあるので会社側としては、「本当のことが書かれているので、はやく火消しをしよう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いのは、その分関わったらトラブルに遭遇する覚悟をしなければいけないと捉えておいて問題ないと思います。というか、良い会社には煙も立ちません。

2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、すぐに辞めてしまうケースが…

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、わずかしかたっていないのに退職届を提出する人がずいぶん多いものです。私の思うところをいうとリフレッシュな気持ちで自分に合った会社で勤務を始めてみたものの、「期待していた仕事とかけ離れていた」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」ということが理由で退職してしまうことが珍しくないといいます。できればこのような、転職における失敗を後悔しないためには、まずは事前の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。具体的な業務内容、昇給システム、などいろいろ調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

転職活動を現職と並行している人は少なくありません。

転職活動を現職と同時進行させる人が多いです。忙しく仕事を続けつつ求人案件の応募に走ったり、面接を受ける、というのはハードだといえます。現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。とりあえず応募する、という人がいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接が決定した後で辞退すると面倒な事になるかもしれません。エージェントを使っていた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も相手の会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。自分の大切な時間を浪費することになりかねないので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と理解しておく必要があります。

世の中は変わっていてスマホを使えばネット上には、要するに…

この頃はスマホを使えばインターネットのエリアには、要するに「転職に役に立つサイト」に類するものが無数にあったりします。その多くて困るくらいのサイトから自分自身が欲している転職先というのを見つけるにはまずは情報を収集することから始めましょう。こういうサイトをうまく利用することで効率的かつ満足度の高い転職が叶えられるはずです。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む優良なサイトがある一方で、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。まずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながらしっかり確かめてみてください。

転職活動を行うにあたっては、まず第一にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を閲覧したり…

転職活動を始めるにあたっては、予め、ハローワークやネット上の求人情報を見たりして興味のある会社を調べると思います。ところが、その会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントに相談をしていることが多いです。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。たとえ公開するとしても遠回しな表現に徹します。その類のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、それを鵜呑みにするのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」と気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、いろいろと難癖をつけて辞めさせないように謀っています。ブラック企業では、このようなことが多いです。

これはシフトの仕事についての話なのですが、毎週、一定の・・

シフトの勤務形態がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと思っているなら休み方やシフトの出し方を面接の際にチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、私は以前出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員として働き始めたのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトで、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った女性が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。なので「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?思い出すと腹が立ってきます。