昨今の雇用形態の大きな変化に関して、働きざかりの世代の…

昨今の企業の労働背景の変移に当たって、全世代の中で34歳ぐらいまでの若い人た…

このように近年の労働環境が変化したことに当たって、社会人の中で34歳ぐらいまでの若い世代ほど鋭く感じ取っているようです。それはたぶん、転職と自身のキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。このため、労働者やサラリーマンといった人たちの労働力の「流動化」が活性化しているので、なおさら、この先、世代に関わらず転職についての関心度が強くなると予想されます。「流動化」の影響で仕事を変えることは当たり前となりつつあります。終身雇用が当たり前とされていた時代には、「会社を辞めて転職」は、それだけで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思うようにいかず、困っていた人もあったのです。ですが、時代が変化し今現在やっている会社のみに執着する意味も必要性もあまり無くなっているように感じます。

こういう転職という話は従兄からの話です。

こういう転職ができたという話は兄の話です。学生時の就職活動でなにがなんでも就職したかった憧れの対象であるA社で行われた最終の面接で不採用となってそのため他の会社に就労しました。その後1年経過したぐらいに派遣の求人サイトで偶然A社の紹介予定派遣の求人を発見し、どうにかしたくなりその時の会社を直ちに退職し、A社で派遣勤務を開始、真剣に頑張ってその結果なんとかA社で正社員として仕事をすることができ、今となっては仕事に誇りを持ちつついきいきと勤務しています。

良い転職先を見つけるためには、事前の情報を集めることをしておきましょう。

転職をスムーズなものにするには、あらかじめ、徹底した情報収集が不可欠です。この頃は例えば中小零細企業であろうともホームページが用意されている会社が当たり前になっているから、インターネットを利用して色々と必要事項を手に入れるとまたその会社のわからない点等を解消しておくと良いでしょう。さらに公式サイトに加え、「転職サイト」を利用するのも効率的ではありますが、実際に何よりも転職を考えている希望の職場を自ら確かめてみるのも意味があります。

転職の面接で必要なビジネススーツのカラーについては、…

転職の面接でいるスーツの色合いに関しては、新卒の学生が就職活動の時に身に付けている色味が基本となっています。ですから、黒とか紺色といった暗めの色合い、ということになります。転職の場面であっても、着用するビジネススーツのカラーは黒系や紺系のダークカラーが圧倒的多数であって、黒色や紺色以外の色の転職者はほとんどいません。それ以外だと、まれにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、大方は紺色や黒色が大多数を占めているのです。ですから、採用担当の人も黒や紺色のスーツの方が当たり前であるかのように感じます。ですから、第一印象という面ではおすすめということになります。

転職時にとても重要視されるのが間違いなく「面接」です。

転職時にかなり重視されるのが「面接」である。普通の面接では、面接担当者が応募者に転職をする理由や仕事の意気込みなどさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、面接終了の直前に次は、面接係員が転職者である面接者にたいして聞いておきたかったことなどを質問できます。担当者から、「弊社で働くことについて何か疑問や質問などはありますか・・?」と。そういった質問をされたとき、面接者本人が緊張のあまり、慌ててしまう可能性もあると思います。こういった場面に備えて、事前に面接官からの問いに対する、(あなたからの質問を)用意しておくのがベストです。よく考えてみればいくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。

仮にあなたが転職をする場合、「Uターン」「Iターン」のように・・

仮にあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」など、都市部から地方へと移住したうえで再就職してみたいと興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。昔と違って転職サイトを活用すれば、郊外・地方の求人も手軽にアクセスできます。郊外や地方での求人に関しては、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないのが難点でもあります。ですから、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもこまめに確認してみてください。そうした機関の転職サポートの情報も見逃しがないようにしましょう。

再就職時の面接でだいたい質問されるのは会社を辞めた原因についてです。

再就職で面接で行くと必ずと言っていいほど尋ねられることが職場を辞めたのはなぜか、という話です。このような質問になった時には話題を前職のことにしない方がベストです。会社を退職した経緯を的にしてしまうと絶対に面接において不利なことを取り込んだ話題になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を退職したかという点をぜひともこちらの会社に入りたい理由があったからという感じの話にするべきであり、入社したい会社の方に話の方向をもっていくべきなのです。そういった内容ならば、悪い面ではなく好印象の前の職場を去った理由に変えることが可能です。

ずっと接客業で勤務を続けてきましたが、年をとったせい・・

ずっと接客関係で勤務を続けてきましたが、年のせいか立ってする仕事は体力的につらくて、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を考えて活動しました。事務の経験がないとなるとなかなか厳しく、接客の要素もある受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格し個人のクリニックに転職することができました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係が苦痛。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客の仕事をしていた時よりも帰宅する時間も遅いわけですが、初めはキャリア形成の時だと割り切って頑張ります。

転職のための採用面接に希望先の会社へ赴いたときのことです…

転職の採用面接に希望先の会社へ訪ねました。社内の面接に使える部屋が空いておらず社外で採用担当の人と待ち合わせて面接が行われ、その場で解散ということになり、面接担当者も会社には帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、偶然にも自宅最寄駅が私と一緒。結局は電車内においても面接官とずっとおしゃべりしながらいっしょに帰ることとなり、おかけで打ち解け面接より話が弾んで、それが良かったのかなんとか採用を勝ち取りました。

就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。面接において、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで現実にもらっている年収よりも多めに申告し転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現職での年収は正直に申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。なお、今の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性はほとんどありえません。仮に、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円と伝えておくことをおすすめします。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。