失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業状態でなければもらえませんが・・

失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でない人はもらえませんが…

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。それまで勤務してきた期間によって異なり、90とか120日とか決定されるのですが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限りもらえると勘違いしていつまでも遊んでいる人を見かけるが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り大急ぎで就業先を探しても条件のよい仕事を見つけるのは難しいです。転職候補となる会社の面接官もアホウではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった部分は大よその想像が付く。相手によっては、面接の時にその手の質問をされることもあります。しどろもどろになると合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。
  • 楽しみつつ、再就職と向き合えれば、精神的に重荷を感じることもないので・・

  • 楽しみを見出しながら再就職と向き合えば、メンタルに重荷を感じることもないので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。それにメンタルにも健やかな状態であれば、直ぐに転職が出来るでしょう。ベストな形は、ブランクを設けないで新しい職場に飛び込むことが大事です。一番は働きながら転職活動することが良いでしょう。また、休職期間をなくすことで、現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。こうしていれば、職歴にも空白期間がなく、履歴にもキズがつきません。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、転職活動をがんばってみましょう。
  • 転職を度々しないための対策が一つだけあります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる現在では精神面を強くするための自己啓発系の情報はたくさんあります。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を鍛えることが可能です。たとえば「外国に行くこと」です。海外は、はじめて目にする光景もたくさんあったりと、どんな瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国すると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでの面接とは比べ物にならないほどに胸を張った面接になるので良い方法です。でも、退職して間もない頃は精神的に弱くなりがちなので、その後のために休業期間も必要です。
  • 転職にあたって相応の準備はやらなくてはいけません。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は不可欠です。なかでも、目に見える「ファッション」は重要だと感じてしまいます。ただ、現在の採用面接では形式ばらない服装を許可しているところもあるので、ビジネススーツで出向かなくても良いでしょう。会社の設立したての会社などは、お堅いルールもないことが多く、私服で面接したほうが、良いイメージを持ってもらえます。そして、フランクに会話が出来るのも魅力です。また、私服だと面接中に、洋服について、話題が広がることがありますから、うまくいけば面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。転職活動をする際は、企業の創業年数で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 転職先を探す際、言うまでもなく仕事のやりがいアップと一緒・・

  • 転職先を決めるのに、当然やりがいのある仕事をすることも重要だけどそれにとどまらず収入が上がることも大きなポイントになるので「年収サイト」に登録してあらかじめ研究をしています。同じ会社でその上同じ職種、社歴なのに人によって大きな幅がある場合も多く、正直に言うと面接で質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトをチェックしていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人間について誰であるのかそこそこ察しがつくのですが、多分格好をつけているのでしょう。低い方の年収だと覚悟しておいてください」とのことでした。
  • 20代の時点で転職を2回し、そして現在、資格取得のため…

  • 私は20代で転職を2度行い、現在、資格を取る目的で「派遣社員」として働いています。常勤の勤務とは異なるため、やはり手取りは以前よりも少ないです。ですがその分、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。学生時代に資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。また、資格を活かして働いている方に会うとかなり羨ましいと感じてしまいます。昔の私は、自分よりも上手くいっている人と比べ、ガッカリすることが多かったのですが、今では結婚を契機に生活環境が変わった今、以前よりもその中で将来の目標も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。
  • 就職した会社で怒りっぽい上司に悩まされ、とうとうこれ以上は無理だと思いその会社を辞…

  • 昔務めていた会社で嫌な感じの上司に嫌な目に合わされ、ついに我慢することができなくなりその会社は辞め、同業者である別の企業に職を変えました。その会社ではパワハラもなく満足の毎日でしたが、だんだんと会社の業績が悪化し、とある会社に経営統合されることになりました。奇遇にも経営統合したのは驚くことに転職前に働いていた会社で、しかも感じの悪かった上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょう。当たり前ですがもう一度転職活動をスタートしています。
  • 転職しようと考えている会社で見学などがあれば、すごく勉強になります。

  • 転職先の見学は、非常に勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるため、楽しめます。そんな会社の見学では、絶対に見学者には、普段通りの仕事風景とは違っているものです。例を挙げるとブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。個人のアクが出やすい業種なので、実際に仕事を始めてみるまでは、本来の姿は伺えません。そのため、仕事=見学で知った内容と思わないことが無難です。また、見学の時に実際に仕事体験できる会社はとても危険ですから選択肢に入れるのはおすすめしません。入社していない段階では何かしらのトラブルが起こっても、保障が一切無いので、仕事体験を勧められても丁重に断ることが大事です。
  • 転職活動で「これまでこういった種類の仕事に従事してきまし・・

  • 転職活動中に、「これまでずっとこういう価値のあるの仕事をしてきました」「過去の会社の仕事によって、こういった技術を身につけることができました」と自分の経歴をがっしりアピールしなくちゃと考える人はけっこう少なくありません。ただし、応募しその場所で「可能ならこういった仕事をしたい」「私があげたようなことであれば参加したい」と未来の話をして自己をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはない・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年ごとに好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職したことで学びました。新婚した後、生活に慣れたらすぐにでも子供を授かりたかったので、妊娠するまでの期間のために数年ほど今の職場で継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員としてだったので、収入は少なかったですが、やはり「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。でも、入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんどの人が派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。なので派遣社員であっても契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。