新卒採用で入った会社にお別れをして、決意を新たに転職しました。

新卒で入った会社を辞め、一歩踏み出して転職することにしました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、転職すると決意しました。会社を退職したときは、毎日悩みました。でも、新卒採用で入社した会社を退職し、多くの人が中途採用で働いていることを私自身が転職したことで学び、いつの間にか漠然とした不安が無くなりました。なにより転職をしたことで自然と精神的に楽になり、「自分の好きなこと」を考えることが嬉しくなっていきました。いまだ「辞めずに続けることが普通」というような転職する行為を咎める意見もありますが、それが正しいとは限りません。私の場合は転職してみるも大事だと思いました。

自身のスキルを活用しながら転職したいと思っているなら、…

今の自分のスキルを有効活用しながら、転職活動を考える際は、再就職し易い業界と転職が難しい業界がある事を知っておいてください。再就職しやすい業界は、慢性的に人材が不足している「医療・介護」がその最たる例です。医療・介護の職種では看護師、介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルの高いジャンルといえます。今現在、医療従事者として働いている人が、仕事がきついからと他の業界へ転職したいと思っているのなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は少なくなります。ですので、安易に考えない事が必要です。異業種への転職される場合は、異業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておきましょう。

今から転職活動をされるなら、良いと思う求人(業界)を見つけたと…

これから先、転職活動をされるなら、良いと思う求人(もしくは業界)を見つけた際には逐一、「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントの言葉からはまずその業界のデメリットなどは、教えてもらえないのが普通です。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索によってカンタンにその実態を知ることができます。そういう現実を知らずに会社に入ると、あとからガッカリしてしまうおそれがあります。だいたい求人が出ている理由が、「業務内容がキツく、人が辞めて穴が開く」といったケースがかなり多いため、興味をもった案件や業種については、きちんとチェックした上で応募しましょう。

新しい仕事で、今までに培われてきたキャリア・スキルを生かせたとしたら…

新たな仕事でこれまでに培われてきたスキル・キャリア生かせれば、即戦力として周囲から高く評価されて、即、職場にも馴染めるはずです。人を雇おうとしている会社側としても、そのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングさえうまくいけば、難なく事が運びやすいといえます。しかも、これまでの仕事と似たジャンルなら転職は非常に楽になるでしょう。但し、まずまずの能力があるといっても一流企業の事務仕事や、公職については、いつの世になっても、相当な難関となるのは違いないでしょう。

『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるな…

『今すぐ転職したい!』と考えていて、自身の意志が強いのであれば、退職したいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。相談という形で話せばもしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際にわたしが転職をすると話した時にはズルズルと長引き半年ほど予定が伸びてしまいました。はじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際では退職出来たのはこの年の11月です。予定としては、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズにはいきませんでした。やはり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、かなり心の底からガッカリしました。

転職のため職探しをする場合に特に注意したほうがよい求人・・

転職するため仕事探しをする場合に特に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。こういった募集内容では、給料に『みなし残業代』を含んでいる場合がとても多いのです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間・45時間という風に求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、はじめから給料に残業代を入れておく、といったものです。(違法ではありません)もし『みなし残業代50時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を入れた場合、この給料です」という話になるわけです。けれども、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』を意図的に表記してない場合もありますのでよく注意をしておきましょう。

転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動するといった方法は最近人気です。

転職エージェントと転職サイトを使って、転職活動を行うことは常識になりつつあります。さらに、ベストの転職先を探すにあたっては、それと同時に転職フェアを活用することをおすすめします。多くの企業が一堂に会し、参加することで複数の企業に関する情報に触れることができ、それにとどまらず、そこで説明してくれるスタッフから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けるつもりでしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。フェアを通じて、企業側から魅力的な人材、と思われれば、正式に応募して面接等に進む時にかなり有利なはずです。

今の自分の職場や業務の中身について不服に感じていることの中・・

現在の自分の仕事や業務に関して、不服に思っていることの中に、「自分のスキルや能力を正当に評価してくれない」または、「月給のアップも、将来出世する見込みもない」といった点を挙げる人が少なくありません。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には本人が自分自身の本当の実力を過大評価していることもあるのです。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った求人がないと、中々就職先が決まらないおそれがあるので、要注意です。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。そういうわけで再就職で良い成果をあげるためにも、自分の能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。

そのうち転職活動をするに当たっては、直近の仕事・業…

これから転職することを希望しているのなら、今現在の職場の何に不満があるのかをハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。元々不満なことがあるから転職しようと思っているはずです。でも「きちんと現状の会社の客観的にみた不満な点を挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職における後悔を減らせます。そのあと、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐことができるでしょう。

女性の転職において、一昔前と今日とでは若干、変化があるといいます。

女性の再就職は、一昔前と今日とでは若干の違いがあったりします。以前は会社側から「結婚観」や「出産後の予定」などについて、ごく当たり前に質問されることが多々ありましたが、今現在は結婚や出産などについては、セクハラに該当するとして質問を避ける企業が増えています。そして、世間に名の知れた大きな会社の場合は、タブーとして神経質になっています。でも実際、企業側は、YES・NO、といった形ではなく、その女性の生き方、結婚した後も働きたいのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいとは思っているものです。自身の将来設計を伝えるためにも、自己PRや志望した動機と併せて言い表すことで、企業側にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思います。というワケで、聞かれていない箇所についても、あなたから会社にとっては必要な情報と捉え、話を進めていきましょう。