自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意です。

自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は気をつけた方が良いです。

  • 得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意が必要です。私が実際に経験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが趣味でそれが高じて飲食の世界に勤めていました。そのお店での業務は、そのレストランで任されていた業務内容は、盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまったのです。ということが原因で、仕事をやめることにしたのですが、その結果、あんなに好きだった食べること、そしてその店で扱っていた食べ物さえも嫌になってしまい、よく似た飲食店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いたばかりの頃は、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分自身の大好き、を仕事にしたいと願い、実現させることは素敵なことだとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、真面目に自分と向き合う必要があります。

  • 再就職の時に行われる面接時に企業側からクールビズでお越しくださ・・

  • 転職の時にする面接では会社側からクールビズでお越しくださいと事前に言われる時もありますが、クールビズのスタイルで赴くのは実際は良くない印象になるのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズについての迷いを持っている人に言いたいのが、企業側からクールビズで来るように言われた面接なのであれば、書かれている内容を素直に聞き入れたほうが無難です。悩みすぎてしまい、夏真っ盛りの時期にスーツを着用すると相手側に暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと言われたらクールビズでも大丈夫というわけです。

  • 新しい職を探すのに、今勤務している会社を辞職した後…

  • 転職において、とにかく働いている会社の退社手続きを終えてからという考え方もありますが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスがいつ支給されるかについて事前に確認しておくのが無難です。ボーナス支給がある企業は星の数ほどありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが出る時期まで少ししかないのなら、ボーナスをもらってから辞めるという手もおすすめです。ボーナスはなかなか大金なので、頂いておいた方が良いとはっきりと言うことができますから、退職の時にはボーナスの支給日について知っておくほうが堅実です。

  • 転職するつもりなら、労を惜しまずに色々な企業を定期的にチェックしておけ…

  • 転身したいなら、まめに多様な企業の情報をチェックしておけば転業先を選ぶのに大いに役立ちます。現在の職場に何か不満や納得いかないことがあるケースでは、本格的に転職活動を開始した時に、どんな企業でもいいように映ってしまいます。そういった状況下では、どこを選べばいいのか困ってしまいかねず、どんな会社でも飛びついてしまいます。すると、最終的には直ぐに転職を考える羽目になるので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくべきなのです。良い方法は、企業の雇用面だけ見るのではなく転職したい会社の取引している会社にも目を向けてみましょう。透明性ある良い企業は、取引先の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、宣伝に力を入れる傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前を調べて、内容を確認してみてください。

  • 安定を欲しがり「正社員」として働きたいと考えている・・

  • より安定した人生を手にするべく正規の雇用社員になりたいと考えている人はかなりいらっしゃるはずです。にもかかわらず、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、中々正社員としての転職活動が現実化しないこともあります。派遣社員の求人情報は充実しているのに、正規雇用の求人募集以外には目もくれず時間を無駄にしてしまっているようです。仮に、中々正社員としての転職が難しいのなら、契約社員や派遣社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、実力次第で、2,3年で正社員への転換ができることもあるからです。面接を受けた時に、こうした可能性を尋ねておけば、将来設計にも役立ちます。

  • 求人関連の情報を見てみると、とうぜん多くの職場では月の給料が記載されているはずです。

  • 求人広告には、ほとんどの場合、まともな株式会社では月の給与等が記載されています。だけれどもこの月収を調べれる時には、しっかり確認する事が必要です。その額の多い少ないだけを見てわかってしまわないほうが良いです。会社によっては、月収の額の内訳で月20時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。何があるかというと残業代をあえて含めることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも考えられるのです。そのほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている会社もあったります。ですから、その手の可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。

  • 派遣として就業しています。労働契約法のからみで不本意にも…

  • 派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法の関連で残念ながら馴染みのある企業での仕事があと数週間で終了します。派遣仲間の中には、派遣で勤務している会社で正社員の地位をつかみ取った人もいるのですがそれはぶっちゃけ仕事の能力とは関係なく派遣先上司の扱い方がうまくてそのおかげで採用されたとしか考えられません。業務処理能力より上司にゴマをするスキルの方が必要なんじゃないのと選考に漏れた他の派遣の仲間と勤務先でいつも愚痴っています。

  • これから転職活動を始める際に次までの仕事にある程度期間がある方は…

  • 年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら必ず「失業手当」を受け取っておきましょう。勤めている会社側がもし「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、現在の企業の都合の退職、または残業時間次第ですぐに貰える可能性もあります。このとき、支給される「失業手当」の額は、会社で最後となる勤務月の直近の給料を軸に支給する額を計算されるため、会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている…

  • 転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ覚えていただきたいポイントが複数あります。まずはじめに派遣社員と聞くとお茶出し、その他雑用等をといった仕事内容をなんとなく考えた人がおそらく少なくないでしょう。最初は私自身もかつてはそう思っていました。今の企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「お願いしたい業務は電話対応になります」と面接で説明を受けました。が、実際に入社したとたん、なんと「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、要求されました。何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなので日々全くわからないような内容でしたので、とにかく、「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

  • 初挑戦となる分野などに転身したいときには、自分が以前の業・・

  • 経験のない業種などに転職したいと思っている場合には、以前の業界で身に付けた能力や経験したことを発揮できるというアピールが必要です。経験をしたことのない分野の場合、経験のない分その業界で勤務したことがある方よりも事実、不足することはありますが、自らが保持している能力がその分野でも十分に生かせるということをうまく相手に話すことができれば、戦うことができる場合もあります。という事で、未経験である業種に挑む場合は、その分野と前の職場でやっていた職務との関係をできる限り考えましょう。