もし転職を考えているなら、転職前に資格を取るのがおすすめです。

もしもあなたが近い将来、転職するのなら、あらかじめ資格を取得することでステップアップできます。

  • もしあなたが転職を考えているのなら、あらかじめ資格を取得することで有利に事が運びます。とくに、仕事を続けながら資格を取っておくのがベストです。転職にあたって幅が広がるので、新しい職場も探しやすくなります。といったわけで、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階が一番良い時期なのです。もしあなたが未来を考え、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、会社を辞めた後も心残りもなく、前に進んでいけます。加えて、資格を手に入れることで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の際、面接官に「即戦力」と好意的に捉えられ、今までの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

  • 再就職の時に絶対に用意する必要がある履歴書や職務経歴書などについては…

  • 再就職しようとする際に書く必要がある履歴書や職務経歴書などに関してですが、基本、自筆ではなく、パソコンで作成するというのが一般的です。日本においては履歴書は自筆で用意するのが当然だと思われることもよくありますが、それは新卒に関する就職活動やアルバイトやパートに関してであって、実際には、転職の時は100%パソコンを使ってはいけないとはっきりとは言えません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を評価するケースもあるようですが、そうじゃないところがだんだん増加していていますので、パソコンで作成した履歴書や職務経歴書でもよろしい会社はいくつもあるのです。

  • 今、私は派遣の会社に登録しています。

  • このところ私は派遣会社に入っています。サイトの中で自分に合っていそうな仕事を発見して聞いてみると「その仕事はもう別の方で話が進んでいます」とお断りされて一時的にウェブサイト内から仕事の情報が見えなくなるのですが、翌日になればもう一度載っています。これは結局私ではダメだって意味ですよね。そういうことであるならば変に隠さないくらいではっきりと言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それともまたもしかするとダミーの仕事なのでしょうか?

  • 違った会社の社員になりたいと転職をする活動をする大半は…

  • 今と違った会社がいいと転職活動をしている中のとき、「少しでも早く採用通知が手に入れたい」といった気持ちが強くなってきます。が、そのために内定通知ほしさのばかり、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいはその逆に自分を過小評価するかのようなことは、できるだけ避けておきましょう。焦る気持ちをブレーキを掛けて、落ちついてあなたに適した職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を賢く選んでみてください。

  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職の予定があるのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。一年目は「試用期間」が含まれていることも多くあります。私の事例では、四苦八苦して手に入った職場なのに、なんと以前の職場での年収とあんまり同じだったことがあります。それに、仕事内容もきつく、重大な責任が伴うものでもあったので、はじめの1年は、本当に厳しかったです。そういった経験から初年度はいわば勉強の年と割り切って、できる限り転職する以前にお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

  • 近い将来、社会ではぐんぐんと簡単な作業は機械で済まされるように…

  • 将来的に、私たちの社会的環境において徐々に単純な仕事は機械化が進んでいき、最終的にはそういう仕事をする稼働人口はどうしても減少していきます。なぜなら、シンプルな作業は人より機械で進めたほうが比べられないほど強いからです。例えば、数量を計測したり、同一の作業をずっと繰り返すことは機械では当然何も不自由もありません。人と違って愚痴も言わず、ペースが変わらないし、誤魔化すこともないし、正確な作業ですし、それを均一化できます。さらに、賃金が発生しません。ですので、労働力として人間を使う意味が無いことが明白で、機械にシフトされるもの当然の結果といえます。

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に受かったので、…

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。その後担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。けれど、当日行ってみるとどういうわけか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。待たされたのち、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、終始呆れるほどけだるい表情を見せ、かろうじて面接を終えました。予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、待っていられず、私の側から問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、結局、届きませんでした。仕方がないのでふたたび、問い合わせたところ意味が分からなかったのですが、「今回は見送らせてもらいました」とその直後、電話を切られてしまったのです。私はしばらく何も言えませんでしたが、正直、採用されなくて良かったと思っています。

  • 転職の際に今勤務している会社辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが…

  • 転職の際に今働いている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、もし自分の希望により退職届を書いて退職する、いわゆる依頼退職においては失業保険はすぐには出ず手続きをした後で失業が認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、この規則を誤って理解している人が、本当はもらえるはずだと言い張ってそれが原因でハローワークの職員さんともめ事を起こしているのを見たことがあります。ですが、退職者の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定が下ったのち即、失業保険が給付されます。

  • 近頃、株・不動産投資といった、不労所得のほか、独立、起業…

  • 今の時代は株式・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、独立を目指す人も増えています。そのような変化もあり、「自営業は安定しない」といったこれまでの考えも変わってきています。高度経済成長期に関してはどう転ぶかわからない株式投資や自営業者よりも雇われているほうが安定性にすぐれていました。そのため人生の「花形」としてまたそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認識されていた。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」ともいうらしいです。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

  • 求人サイトを見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、…

  • 求人情報をチェックする時、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業を見逃してしまっていますが、そんな人の多くは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と間違って解釈しているケースもあります。実際に、製造業での求人募集でも、製造マンだけでなく総務・経理と言ったスタッフや購買、営業管理などの「オフィス系」に関する部門も結構多くあります。しかし、製造業の勤務場所はオフィス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、そうだとしても、自分の執着をなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。