転職活動をしていて面接のときに例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていると、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

  • 転職活動をしていれば、絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。転職理由でよくある給料の不満、上司や同僚との人間関係など採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。とはいっても、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重に質問をしてきます。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。さらに、「入社したら、〇〇をやっていきます5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機に話をすり替えてみましょう。

    失業保険の給付においては、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。

  • 失業保険の給付については、仕事を探していることを証明しなくてはいけません。しかしながら、現実的には「会社を辞めとりあえずは働かずにゆっくりしたい」と思う人が多いはずです。ということで、きちんと就職活動しているように思わせる方法があるので紹介します。月一回のハローワークスタッフとの面談は不可避ですが、そこで、「求人票」を確認することを必ず行わなければいけません。真剣に探すモチベーションがわかないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワークスタッフとの面談時、「労働条件のいい仕事ややっていけそうに思える仕事が今月はゼロ件でした」と、相手に告げて、次に期待しましょう。

    転職のときに行われる面接というのは、小規模業者クラスの…

  • 転職のための面接では、零細企業だったらおおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、それ以外の場合もあるはずです。例えば、一緒に仕事をする現場の責任者、要するに部長や課長などの管理職が面接を担当することも珍しいことではありません。とりわけ営業系や事務系に再就職する場合は資格だけでは人の評価が難しいですから、きちんと自分自身を売り込んでいくことが必要であります。面接官の誰からも「この候補者はハッキリ自己アピールできるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

    転職を成功させるための面接でのやめておいたほうがよい・・

  • 転職時の会社での採用面接でのよく思い違いがあるのですが採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫をかぶることです。すると予想に反して採用を勝ち取れないこともあり得ます。ですから、猫をかぶるよりも面接時は、「ボーナス」など、通常であればかなり質問しづらい内容を思い切って率直に尋ねておいた方が、絶対に自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「そんな無神経なずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、最終的に落とされるのではないか」と気にする人もいるかもしれません。ですが、意外と良い結果をもたらすことは最終的には可能性が高いのです。このような労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。とはいえ、不採用を恐れるあまり、なかなか聞きづらいのも事実です。しかしながら、一歩踏み出しておくと、「勇気のある人だな」と面接官に印象づけられるのです。

    転職活動を開始するとき、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思います…

  • 転職活動を開始するにあたって、いろんな経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職系「口コミサイト」は必ず利用しておくべきです。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐でその種の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、裏を返すと、ウソの書き込みだったなら、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。でも、実態は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、はやく火消しをしよう」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、好ましくない口コミが多いというのは、それだけ関わったらトラブルに遭遇する可能性も高いといえるでしょう。というか、善良な会社には煙も立ちません。

    この前、転職をやっとしたばかりというのに、わずかしかたっていないの…

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がけっこうよく見受けられます。私の考えでは気持ちも新たに、転職先の環境を手に入れたものの、「理想としていた職場と大きく違っていた」「ルールにどうしても慣れなかった」と考えてしまって去っていくことが多いといいます。可能ならこういった転職における失敗を繰り返さないために、初歩として、事前の情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、具体的な業務内容、などいろいろチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

    転職活動を現職と並行している人は少なくありません。

  • 転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。ですが、忙しく仕事を続けながら求人を探して、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神も肉体も消耗が激しいです。さらに転職活動時は、現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、仮に、書類選考を通過し、面接前にキャンセルすると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントをあいだに入れていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、自身でダイレクトに応募した場合も相手の会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と認識しておく必要があります。

    パソコンやスマホを見ればインターネット上では、今で・・

  • 世の中は変わっていてPCやスマホを見ればインターネットで見られる世界には「転職に関するサイト」と呼ばれるものがかなりの数点在しています。その多くのサイトから自身の目的に合致した転職先というのを見つけるにはまず、情報を収集することをしましょう。「転職サイト」をしっかり利用することで効率的な転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから安易に信じるのは考えものです。まずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、しっかりチェックしてみてください。

    転職する場合は、まず第一に求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして…

  • 転職する場合は、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりして転職したい会社を調べるはずです。その会社が情報を公表する際には、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。仮に公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような社長の方針や社員の感想については、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、こんなはずではなかったと後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、いろんな難癖をつけて退社させないように画策しています。いわゆるブラック企業に多い例です。

    これはシフトの仕事に関する話です。

  • これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方を面接時にチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、以前わたしは産休で休む人の代わりに正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。産休に入った前任者が「土日」に必ず出勤することができたので、私も同じような人として扱われてしまいました。「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返してみると本当によく我慢したなと思います。