このように近年の企業の雇用に対する考え方が変化したこと…

このように現在の会社や企業の労働背景が目まぐるしく変わってきた…

このようにここ数年の会社や企業の労働環境の激変ぶりに際して、34歳ぐらいまでの若者の世代が特に注目しているようです。多分、転職と自らのキャリアアップを同時に考えているのでしょう。このため、サラリーマンや労働者の労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、よりこの先、若年層の転職への関心度が増えると予想されます。そういったことから、転職は他人事でなくなりつつあります。「終身雇用制度」が機能していた時代には、「会社を辞めて転職」というとそのことで評価が下がるとも言われて転職が思い通りにいかないことも多くあったのです。ですが、時流の変化とともに現在の仕事に執着する必要はあまり無くなっているように感じます。

これは兄の友人から聞いた話です。

従兄の友達の話です。就職活動を始めて新卒の時にぜひとも入りたかった最終目標であるA社の最終の面接で不採用になって、後に不本意ながら別の会社で働くことになりました。その後2年経たぐらいに派遣の求人サイトを閲覧していて偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、どうにかしたくなり当時の会社をすぐ辞め、A社で派遣の勤務を開始、真面目に頑張ってその後どうにかA社で正社員登用され、現在は仕事に誇りを持ちながら楽しく勤めています。

転職することを成功させるためには、戦略を立てながら行動をしましょう。

転職を成功させるためには、事前に情報を集めることが必須です。ですから今を見ると小さな企業だって公式ホームページで宣伝しているというのが普通だから、インターネットを利用して知りたい情報をチェックしておくとまたその企業について疑問点などをチェックしておくと転職時に助かります。また、公式ホームページ以外にも、「転職サイト」にログインするのもお勧めです。さらに、インターネット以外の方法として、転職の候補にしている企業を自ら判断してみるのも良いと思います。

仕事の面接で着用するビジネススーツの色においては、新卒の就職活動…

転職の面接で着るスーツの色合いに関しては、新卒の方が就活の時に着るカラーが良いとされています。具体的に言うと、黒系や紺系といったダークな色になるわけです。それが、再就職のケースであっても、着用するスーツの色は黒系や紺系のカラーが多数で、他の色のスーツの人は少ないです。あえて言えば、グレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、ほぼ紺系や黒系が多数派なのです。ですから、面接を行う採用担当の人も黒や紺色であるほうが違和感なく感じるので、身だしなみ、という点においてはぜひともそのようにしてくださいね。

再就職をするときにとても重要となるのが間違いなく「面接」です。

転職時、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。ふつうの面接の際は当人に対して転職に至った理由や仕事の意気込みなど将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。そして必ず、一通りの質問が終わると、次は、転職希望者から、面接担当者へ逆質問というのがされるのが普通です。面接担当のスタッフから「弊社で働くことについて何か疑問や質問などはありますか・・?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、緊張のあまり、何も聞けずじまいになる可能性もあります。後で後悔しないためにも、前もって面接官からの問いに際し、質問の内容を準備しておくのがベストです。実際に働く前の段階で、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、やってみてください。

もしもあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」…

もしあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都市部から地方に移り住んで再就職したいと希望する人、実践する人が増えています。今では求人情報サイトをうまく活用すれば、地方での求人情報にも簡単にアクセスできます。ですが、地方や郊外での求人はどうしても都市部よりも少ないので、それがマイナスといえます。したがって転職サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもきちんとチェックしておくと良いでしょう。そうした機関の転職サポートの情報も注視しておきましょう。

再就職をする時に面接で決まり文句のように質問される…

再就職をする場合で決まっているかのように問われるのは会社を退職したのかという話ですが、このような質問が出た時には話の中心を前職のことにしない方がベストです。会社を辞めた経緯が話題の中心になってしまうとどうしても良くない面を伴った話になってしまいますから。この点を上手に進めていくにはなぜ前の会社を退職したかという点をこの会社にどうしても入りたい理由があったからという話に進めていくということで、入りたい会社の方に話の方向をもっていくべきなのです。こういった内容ならばマイナス面を消し好印象の以前の会社を辞めた理由に変えることが可能です。

長期間接客業で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねるにつ・・

長い間接客業で仕事を続けてきましたが、年をとったせいか座ることのできない仕事は体力的に耐えられないため、座って仕事ができる事務系のお仕事へ転職することを視野に入れて動きました。事務の経験がないとわりと厳しくて、だから接客経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も取り個人クリニックに転職しました。周りは超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係においても複雑。夜のシフトばかり押し付けられて、接客の仕事をしていた時よりも帰宅時間が遅くなったのですが、とにかく今はキャリア形成の時期だと腹をくくり頑張ります。

転職の面接に伺ったときのことです。

転職の採用面接にある会社に出向きました。たまたま会社で会議室が空いていないというわけで社外のある場所で人事部の方と待ち合わせて採用面接を行って、当該会場で解散をして、面接官もそのまま直接自宅に向かうとのことでしたが、ビックリしたのは下りる駅が私と一緒だったのです。それで電車の中でも面接を行った人と一緒にお話をしながらいっしょに帰宅することになって、緊張が解け面接の時よりも話が弾み、それが功を奏したからなのか何事もないまま採用を獲得することができました。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局は後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の会社での年収を水増しせずに申告し、それに見合った希望年収を設定することです。なお、現在の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はよほどのことがない限りありません。もし、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが間違いがありません。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのをその後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。