新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職を決断しました。

新卒採用で入社しましたが、一歩踏み出して転職すると決めました。

新卒として入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職すると決意しました。会社を辞めて転職活動するときは、人生でもっとも不安な日々もありました。でも、会社を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを自身の転職活動中に思い知らされ、無意識のうちに悩みは消えていきました。また1度、転職をすると徐々に肩の荷が下りたかのような気分になり、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が毎日が充実したものになりました。なかには「辞めることが悪」といった意見も多々ありますが、それが正しいとは限らないと思いました。私の人生においては転職してみるも大事だと思っています。

今の自分のスキルや資格を活かしつつ、就職活動を考える際…

あなたが持つ現在のスキルを有効活用しながら、再就職したいと思っているなら、転職し易い業界と比較的、再就職が難しい業界がある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、たえず人手不足になっている「医療・介護」系がその最たる例です。医療・介護の分野では看護師および介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルが高く、売り手市場となっています。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、何かしらの事情によって異業種へ転職したいと思っているのなら、要注意です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。というわけで、簡単に考えない事が必要です。異業種への転職をされるのであれば、「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように気をつけておきましょう。

これから先、転職活動をするのなら、良いと思う求人(もしくは業…

これから先、転職活動をするという時は、気になる求人(あるいは業界)を見るたびに100%「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票・転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナス面などは教えてもらえないのが普通です。もしブラックな面があるならインターネット検索を通じて瞬時に実態を知ることができます。そのような面を知らずに入社した場合、あとから落胆してしまう可能性もあります。だいたい求人が出ている理由が「仕事内容がキツイから人が定着してくれない」といった場合も多くあります。気になった業種について、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

新しい職場で、これまでに培ってきたキャリア・スキルを生かせたとした…

転職した会社でこれまでに培われてきた資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として仕事をすることができ早々に仕事場にも馴染めるし、それはつまり雇い主としてもそういった即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、難なく採用されるでしょう。しかも、これまでの業務内容と似た仕事内容なら確率はおおいにあります。ですが、ある程度の実力があるといっても大手企業の事務系の仕事や、公務員の募集については、時代や景気に左右されることなく相当な競争率ですから、楽観視は禁物です。

『転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに上司に伝えましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、上司に言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際にわたしが転職をすると話した時にはスンナリと受理されずに最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。辞職したいことをはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあってなぜか辞められたのはその年の11月です。本音を言うと、仕事の落ち着いた年度末を契機にやめようとおもったのに、思うようにはいきませんでした。やっぱり企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対しての会社や上司に対して愛想が尽きました。

転職活動する際に気を付けて欲しい求人情報は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高・・

就職のため仕事探しをする場合に気を付けるすべき求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長めのものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合がたいへん多いのです。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、30時間とか45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記がされています。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料に残業代を組み込んで計算しておくという仕組みになります。(ちなみに、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代35時間込』という表記は「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料になります」という意味になります。しかし、悪質な求人情報ではこの『みなし』を表記していない場合もありますのでしっかり気を付けてください。

転職サイトや転職エージェントを利用して、転職活動することは今では当たり前のことです。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動すること自体、一般化してきました。ですが、加えて転職フェアを活用することをおすすめします。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加したのなら複数の企業について知ることができ、それに加え、説明担当の企業スタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに行く際には、面接に臨む覚悟でしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。それによってフェアのあいだに企業に自分の魅力が伝われば、正式に応募して面接の本番時に非常に有利になると予想されます。

現在の勤め先や仕事に対する大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

現在の職場や業務内容について少なからず何かしらの不満があるはずです。「自身の資格やスキルを正当に評価してもらえない」したがって、「給与は上がらないし、レベルアップも出来ない」と言う愚痴を漏らす人もいます。けれど、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自らの技量を過剰評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。もしも、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と中々就職先が見つからないおそれがあるので、要注意です。という事態に陥りがちです。なので転職を円滑に行うためにも、実際の自身の能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

そのうち転職を希望しているのなら、今の仕事で感じている不満点・・

今から転職活動を希望しているのなら、直近の仕事での納得いかない部分、不満に思う部分をハッキリとさせておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不満にガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。が、「現在ある業務の客観的に考えた不満なことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。その次にもしも転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職の失敗は防ぐ事ができると思います。

女性の再就職において、セクハラが社会的に問題になる前と今日とで…

女性の転職に関しては、一昔前と今現在とは多少の違いがあります。過去には面接のなかで会社側から、結婚の予定や出産予定などのことに関して、自然に質問されることが多々ありました。でも、近年では、こういった内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞かれないことのほうが多くなってきています。そして、とりわけ大きな会社ほど、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。そうではあるものの、面接する側としては、YES・NO、の2択ではなく、その人の姿勢「結婚後も働きたいのか」出産後は時短で働きたいなどを知っておきたいと思っているものです。自分の価値観を理解しておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRと一緒に言い表すことで、相手側も考えがわかり、安心できると考えられます。ですので、たとえ、聞かれていないことでも、先にあなたの方から積極的に話をしてみると良いでしょう。