転職活動を行っていると面接において必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職のための活動を行っていて面接のときに間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていて面接において高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、これとは違い転職理由について正直に話すのは得策ではありません。例をあげれば給料に関する不満、人間関係に関する問題など、採用担当者に悪い印象を与えるものです。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。それにプラスして、この会社に入社してこんな貢献をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、職を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、就職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。しかし、現実的には「会社を辞めとりあえずはのんびりと過ごしたい」と思う人が多いとは思います。ということで、真面目に求職活動をしているように、見せる方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行くのはパスできませんが、その場で「求人票」を確認することを少なくともしておきましょう。真剣に探す意思がないときには、「求人票」にだけ目を通し、ハローワークスタッフとの面談時、「労働条件のいい仕事や続けられそうな仕事が残念ながら今月はゼロ件でした」と告げて次の機会に賭けましょう。

  • 再就職の際の面接では、中小企業であれば大体が人事担当者です…

  • 転職の際の面接は、小規模業者クラスの場合大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、その他にも直接、今後職場でかかわりの深くなる作業部署の一番偉い人、簡単に言えば部長・課長などの役職の人が担当することになるでしょう。とくに事務系・営業系などの部署に転職するのなら、資格を介した人の判断をするのが難しいですから、自信をもって自分自身を売り込んでいくことが求められます。面接担当の人たちに「この男は、きちんと主張できるし、戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。

  • 転職の際に外せない企業での採用面接でのよく思い違いがあるので…

  • 転職の際に必須となる採用面接では、してはいけないのは度を超えた猫かぶりすることは、残念ながら不採用に直結してしまいます。そうならないために思い切って面接時は、「給与制度」など、普通ならかなり聞きづらいことも勇気を出し質問しておくと、最終的に絶対に自分のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なそういった内容を無神経に尋ねたら、面接結果に響くのではないか」と危惧するかもしれません。ですが、かえってマイナスの結果をもたらす場合が多いようです。このような労働環境やお金に関連する疑問点は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。けれども、不採用を恐れるあまり、聞かないのも事実です。なので、一歩踏み出しておくと、「ほかの人とは違うな」と面接官に印象づけられるのです。

  • 転職をするにあたっては、いろんな方法で情報を集めることが多いと思います…

  • 転職活動をするとき、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは本当に有益です。過去に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社した元社員の復讐としてそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、別の視点から見ると、ウソばかりの投稿であれば、会社としては気にする必要はないはずです。でも、真実はクロで「マズイと考え急いで炎上をしずめよう」と思っている可能性もあります。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、好ましくない口コミが多いというのは、それだけ関わったらトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であるとみなしていいでしょう。そもそも、いい会社にはトラブルは発生しません。

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、…

  • ちょっと前に転職したばかりなのに、慣れもしないあいだに辞めてしまう選択してしまう人がなんとなくよく見受けられます。何故かと思うと私の考えをいうとリフレッシュな気持ちで素晴らしい仕事環境を見つけたというのに、「自分の理想としていた職場とだいぶかけ離れていた」「こんなはずが・・・」といった感じで去っていくのだとか。このような、転職における失敗を後悔しないためには、初歩として、情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。通勤時間、給与システム、など前もってチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人は少なくありません。

  • 現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。ただ、仕事を行いながら求人情報をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは心身ともに消耗が激しいといえます。さらに転職活動時は、現在の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も応募した会社からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

  • どうもPCやスマホは便利でネット上には、「転職のためのサイト」と呼ばれるもの…

  • 最近PCで調べればインターネットのエリアには、いわゆる「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらい点在しています。その多くて困るくらいのサイトから自分の目的に合った転職先を見つけるためには、とりあえず情報が大事ですから収集をしましょう。こんなサイトを上手く使うことで、効率的な転職が叶えられるはずです。客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意が必要です。とりあえずは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみましょう。

  • 転職する場合は、はじめに、ハローワークの求人票を閲覧したりして…

  • 転職活動をするとき、まず第一にハローワークや求人雑誌の求人情報を見たりして転職したい会社を調査するでしょう。しかしながら、当該会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。たとえ公表する場合でも差しさわりのない表現をします。その類の社長の方針や社員の感想については、それを事実として見るのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に額面通りに受け止めて入社してしまった場合、「こんなはずじゃない!」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、あれこれと難癖をつけて辞めさせないように画策しています。最近問題となっているブラック企業に多い例です。

  • 「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、休む方法の詳細やシフトの提出方法については面接の際にチェックしておきましょう。過去に私は産休で休む人の代わりにと正社員として就職したのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の女性が「土日」に必ず出る人だったので、私も同じような人として扱われてしまいました。なので「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩方に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。立場は同じなのに、土日を私だけに任せるなんて…。思い出す度、本当に異常な職場だったんだと思います。