近年の企業の労働背景の目まぐるしい変移をについて、社会人の…

近年の企業の労働環境の変化に際して、働きざかりの世代の・・

最近の雇用事情の慌ただしい変移をに際して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代ほど関心度が高いといわれています。それはたぶん、将来を見据えた動きなのでしょう。こういった理由からサラリーマン・労働者の流動化が進行しているようで、一層、この先、より広い世代で転職についての関心が強くなると考えられます。労働力の「流動化」の影響で勤め先を変えることは他人事でなくなりつつあります。終身雇用が当たり前とされていた時代には、「会社を辞めて転職」をする人は、そのことで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかない人も多くあったようです。しかし時流の変化とともに今現在の会社に固執する意味も必要性も減少しているように感じられます。

こういう転職という話は知り合いから聞いた話です。

このような話は知人の話です。新卒の際に入社することを強く希望していた憧れていたA社の最終面接を受けながら内定を得ることができず、その先泣く泣く他の会社に入りました。そのあと1年経過したぐらいに派遣の求人のサイトにおいてたまたまA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、我慢できなくなってその時の会社を直ちに辞めて、A社で派遣の仕事を始めて、やったな、と思った行動です。死ぬ気で頑張ってそれから後計画通りにA社で正社員になり、今ではやりがいを感じながら楽しく仕事しています。

転職することを成功させたいのなら、あらかじめ、行動するようにしましょう。

良い転職する先を見つけるためには、最初から意味のある情報を集めることをしておきましょう。そうしようと思うのなら最近は企業の名前も知らないような小さな企業だって公式ホームページに会社の紹介を書いているというのがよくあるので、ネット上で色々と必要事項をチェックしておくとまたその会社について疑問点などを整理しておくと転職に役立ちます。さらに公式ホームページの他に、「転職サイト」にログインするのも対策としては有効です。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりも転職の候補にしている企業を自分の目で見て確かめてみるのも意味があります。

転職の面接でいるスーツのカラーについては、新卒の方が就活の際・・

転職時の面接で着用するビジネススーツのカラーについては、新卒の就活に身に付けている色味が基本となっています。具体的に言うと、黒や紺色といった感じのようなダークな色合いになります。再就職の面接においても、ビジネススーツのカラーはこういう暗めの落ち着いた色がほとんどで、そうでないカラーの人は少ないです。その他の色で言えば、まれにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、全体から見ても黒や紺のスーツ派がほとんどを占めているので、人事担当の方からも黒や紺色であるほうが当たり前であるかのように見えますから、見た目の印象という観点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

再就職において、かなり重視されるのが間違いなく「面接」である。

転職する際、比較的重要視されるのが間違いなく「面接」になります。一般的な面接の際は面接官が応募者に対し、転職の経緯や仕事の意気込みなどいろいろな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接を終えるあたりで次は、面接係員が転職者である面接者にたいして逆質問に切り替わります。担当者から、「弊社で働くことについて何か質問しておきたいことはありませんか?」と。こんなときは、面接者本人が答えを用意しておらず、何も聞けずじまいになる可能性もあります。こんな場面に備えて、事前に面接担当者からの質問に対する、聞きたいことを考えておくのもいいかもしれません。よく考えてみれば疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、やってみてください。

もしあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお…

転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移住した上で再就職したい、と考えている方が、ここ最近増加しています。ここ最近は求人情報サイトを使用することで地方での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。ただし、地方での求人はどうしても都市部よりも少ないので、それがマイナスといえます。そのため、求人サイトを利用するのは当たり前ですが、求人サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも頻繁に確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートの関連情報も注視しておきましょう。

再就職の面接で決まり文句のように追求されることが前の職を辞職…

再就職で面接で100%質問されるのは退職したのはどうしてなのか、という話です。このような質問になった際には話の内容を辞めた会社からそらしたほうが安全です。辞めた理由に焦点を当てるとほぼ確実に良くない面を伴った話になってしまいます。どのように進めればいいかというとどうして前の職場を退職したのかという事をこちらの会社に必ず入社したかった理由があるといった内容に持っていくべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社に焦点を向けていくと良いでしょう。そのような話ならば、悪い面ではなく良い面を押し出した前職を辞めた訳にすることができます。

長年接客関係で仕事を行ってきましたが、加齢とともに立って行わなければいけない仕事…

長い間接客関係で勤務していたのですが、加齢とともに立ったお仕事は体力的に耐えられないため、座って仕事を続けられる事務の仕事への転職を視野に入れて動きました。事務が未経験だとわりと難しく、そこで接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得して個人病院に転職をしました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係においても複雑。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業をしていた頃よりも帰宅も遅いわけですが、初めはキャリアを形成する時期だと思って仕事を続けます。

転職時の面接に転職したい会社へ行ったときのことです。

転職の採用面接を受けるためある会社に出向いたときのことです。その日に限って会社内の面接に使える部屋が空きがないとのことで会社外で採用担当者と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散をして、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま自宅に帰るとのことでしたが、驚くことに自宅の最寄駅が一緒だったのです。結局は電車の中でも面接官とずっとお話をしながらいっしょに帰ることになり、そのため打ち解けて面接の時よりも話が弾み、それがプラスになったのか何事もないまま採用を勝ち取りました。

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

就職活動において、カギになるのは年収です。面接の時、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで本当の年収を多く偽って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげると、今の年収が300万円の人が急に年収500万になるようなことはほとんど無い、と見ておくべきです。今、430万円の年収であるのなら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう