新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職に踏み切りました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、一歩踏み出して転職をしました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、決意を新たに転職しました。会社を辞める前は、1人で悩んでばかりでした。ですが、社会人となって数年してから仕事を辞めて、多くの人が転職を経験していることを私自身が会社を辞めたことで痛感し、無意識のうちに以前よりも安心することが出来ました。なにより1回でも転職をするとなにか気持ちが楽になった気がして、自分に適した仕事を探すことが出来て日々が明るくなりました。いまだ「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」といった転職に対してマイナスな意見もありますが、それが正しいのかなと思いました。私の人生においては転職を決断して良かったです。

あなたが持つ現在のスキルが有利にはたらくように転職…

今の自分のスキルや資格を武器に再就職を考える際は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と難しいものを知っておいてください。転職がむずかしくないジャンルは、たえず人材不足がいわれている医療や介護系のジャンルが代表的といえます。看護師や介護士の資格が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今現在、医療従事者として働いている人が、何かしらの理由によって異業種に転職したいと考えているのなら、すぐに決めないほうがいいです。「医療」「介護」以外の業界は、流動性はかなり低くなります。安易に考えない事が必要です。再就職を実際に行う際は、他の業界では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけましょう。

転職活動の最中、良いと思う求人(もしくは業界)があったら…

将来転職活動をするのなら、気になる求人(OR 職種)を見付けるたびに絶対「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナス要素について、教えてもらえないのが普通です。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索でいとも簡単に現実を知ることができます。そのようなチェックを怠りながら入社した場合、あとから落胆してしまう可能性もあります。だいたい求人が出されていた理由が「仕事がキツイから人がなかなか定着してくれない」といった場合も多いので、気になった案件について、下調べをしてから応募することを心がけましょう。

新しく就いた勤め先でそれまでに培ってきたスキルを活かせられれば…

新たな仕事でこれまでに培ってきた資格やキャリアをフル活用できれば、即戦力として見なされ、早々に職場にも馴染めるはずです。人を雇おうとしている雇い主側もそういった即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえ問題なければ、そんなに難しいことではありません。それに加えてこれまでの仕事と近い仕事内容なら転職はかなり楽になるでしょう。ですが、なかなかのスキルがあるといっても大手の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、いつの世になっても、相当な難関になる可能性が高いと見ておきましょう。

『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるな…

『転職したい!』と考えていて、自分の意志が固いならば辞職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。そのときに曖昧な表現をしていると、言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたいということをはじめて直属の上司に話した時は年度末、結果的には退職届けを出せたのは同年の11月です。予定では、仕事の落ち着いた年度末を退職のタイミングと考えていたのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やはり職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、ほとほとガッカリしました。

就職のため職探しをするときに特に注意すべき求人内容は・・

就職活動するときに気を付けて欲しい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いというものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』が含まれている場合がとても多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間、45時間という風に求人の内容に時間の併記がされています。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、事前に給料に残業代を組み込んで計算しておくという仕組みです。(この仕組みは違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代50時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」という話になるわけです。ですが、悪質な求人には告知しておくべき『みなし』を記載していないこともザラですので充分に注意を払っておきましょう。

転職サイトおよび転職エージェントを活用し、転職活動を行う人はたくさんいます。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使用して、転職活動する人は年々増えています。だとしても、よりよい転職先を見つけたいのであれば、同時に転職フェアの積極的活動をおすすめします。多くの企業が一度に集まるので、参加すれば多くの企業に関する情報を得ることができ、同時に、常駐するスタッフ(説明員など)から、その企業の社風についてある程度は知ることができます。転職フェアに参加する機会があれば、面接に行く心構えで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それが功を奏してフェアを通して企業から興味を持ってもらえたら、その後応募して面接に進む際にアドバンテージになるはずです。

今現在の自身の職場や仕事内容に対して、大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今現在の勤め先や業務内容について何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っているスキル・能力が真面目に評価してくれない」ゆえに、「給料は変わらないし、将来昇進する見込みもない」といった不満が多いように感じられます。しかし、気持ちは理解できます。しかし、その手の不満を持っている人の一部には、自分自身の持っている手腕を実際よりも過大評価していることが少なくありません。過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍するための企業や職種がない」と就職するまでの期間が長くなると言う事に陥りがちです。という事態を招く可能性があります。そういうわけで転職を円滑に行うためには、あなた自身の能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

明日からでも転職活動を希望しているのなら、直近の業…

そのうち転職やることに当たっては、今の職場や仕事の何に不満があるのかを洗い出しておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも気に入らない点があるから転職しようと思っているはずです。でも「現在ある客観的にみた不満点を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職における後悔を減らせます。それを終えたあと、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。なぜなら、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職の失敗は未然に防ぐことが可能なはずです。

女性の転職については、数年前とここ最近とでは若干、状況が変わりつつあります。

女性が転職するに当たり、一昔前と今現在とは若干、変化があるといいます。前は面接のなかで、結婚観や出産予定などに関して、質問されることがありました。しかし、今現在の流れとしては、そのようなデリケートな内容は、セクハラに該当するとして質問しない企業、が増加傾向にあります。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、この手の質問を露骨に避けるようになっています。しかし実際、面接する側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その人の姿勢、結婚した後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいと思っているはずです。自分の価値観を理解してもらうためにも、志望の動機や自己PRと併せて話すことで企業側にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。たとえ、聞かれていない箇所もあなたの方から気遣って話していくことを考えてみてください。