政治によって変化の兆しが出始めている転職事情です・・

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。

  • 近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。今の安倍政権下ではアベノミクス「三本の矢」といった形で経済政策が続々打ち出されています。経済政策共々金融政策とも、たがいに作用しあって財界・民間企業側からも今までとは違う変化が増加傾向にあります。そういった変化が加わったことで、企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会問題化しつつあります。ここ最近では、「外国人の労働者」の割合を現状よりも増やしていく、であると現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは確実です。
  • 転職のための活動をしている最中は、最初に常に自分の…

  • 転職のための活動を効率的にやっていくには、まずゼッタイに自分自身の心のうちがスッキリしているということをとても忘れないようにしましょう。まだ会社を辞めないで転職をする活動をする場合はそれほど気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってから行うのであれば、やはり焦燥感が出るものです。であるので、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。今後、自分がやってみたい業務や、自分が働いてみたい職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。そして、実際の職場と比べてみて、それらが合致してるか、再度、冷静になって見極めましょう。しっかり考えることで転職で良い結果を出しやすくなります。
  • 転職の面接などにおいて面接担当者が名刺を差し出してきた場合…

  • 再就職の時の面接などの際に名刺を差し出されたとしたら、自分も同様に名刺を渡す必要があるのか?ないのか?と対応の仕方に迷ったら、おおむね差し出す必要のないもの、と考えておきましょう。面接というものは仕事の延長ではなく、職に就くための就職活動の一環なわけですから、普通に考えれば名刺をやりとりする時間ではありません。それに、会社の者としてその場にいるのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。なので、相手から名刺を渡されたとしても、こちらとしては、ただもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手に渡す責任は必ずしもないと推測できるのです。
  • 転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される案件の量も多いので…

  • 転職サイトは有名なサイトの方が掲載される会社も豊富なため、感じがよさそうな2つか3つの会社を、とりあえずはサイトに登録し、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、さらに条件に適合する案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職活動がスムーズに行えます。しかし、はじめは登録するのに幾分か時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録の初日は、少々時間がかかりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新規案件をチェックするだけでOKなので、後のことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけるのが得策です。
  • これまでの私は、転職サイトを利用するよりも、主に「ハローワーク」を利用していました。

  • これまで私は、新たな仕事を探す時はいつも「ハローワーク」に通っていました。というのは、大手の転職サイトは構造上、都心の求人しかないからです。これまでの転職活動をする時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。求人募集をしているいくらか企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域密着タイプなので探しやすい魅力があります。ですが、「ハローワークは地味なイメージがある」と思われている人が多いとは思います。理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、これから転職しようと思うのなら、参考までにハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。人気の転職サイトのような多くの電話やメールが送られてくる心配もありません。
  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。

  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえます。ほとんどの会社は履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容によって面接するかどうかを判断するため、どうあってもこの2枚の書類の作成が重要なポイントといえるでしょう。ただ文字を書くことにとどまらず、記載内容を魅力的なものにすることも必要です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き出します。また、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。例をあげれば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、など明瞭に記してみましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、上手な文章を引き出したりしてブランディングのために転職エージェントを頼ること一つの手です。
  • 再就職をする際の面接のときにつける腕時計については、…

  • 再就職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計のことなのですが、どう見ても目立つようなタイプの腕時計の着用は避けたほうが安全です。目立つというのは高級ブランドの腕時計とか、というだけではありません。反対に、明らかに安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう目立つということで真反対なことで目立つ、ということで認識しておいてください。再就職の面接時の腕時計というのはポジションとしてはスーツやネクタイのようにとらえて、面接するにふさわしい無難なものを身にするほうが賢明だと言えます。とはいえ、自分の年齢に適している腕時計ということも重要で、新卒の時に面接で準備した腕時計よりは少しでも値が張るものにした方が良いと断言できます。
  • 転職することが、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまう…

  • 転職前、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、雰囲気がガラリと変わるかもしれません。普段から良好な場合であれば、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。そればかりでなく、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽率に「転職します」と周囲に言うのは注意が必要です。なので、上記のような状態を回避するため、いまの職場では、真面目に仕事をしておきましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い状態のまま心置きなく会社を辞められるはずです。さらに、円満退職となったなら、転職後も、困ったときにアドバイスをもらえるかもしれません。規模や業界に関係なく、何処の会社も人とのつながりがとても大事なので、会社を辞める際のトラブルは、可能な限り回避してください。
  • かつては求人情報に募集条件の中に「性別」まで、しっかりと記載されていました。

  • 以前は求人誌では、雇いたい人の「性別」まで当たり前のように書かれていました。ところが今では、男女雇用機会均等法によって、採用時、男女の差別をしてはならない事となり、応募資格の詳細に「性別」の表記ができなくなりました。そんな変化があるものの、求人を出す雇い主としては、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。ですので、実は男性が欲しい業種に女性の応募が殺到したり、女性が必要なのに男性が来てしまったり、といった感じのトラブルが多々発生しています。もしも、「女性が活躍している仕事場です」といった内容の案件は、希望しているのは女性だと捉えておく無難です。
  • 転職して勤め先を新しく替えるということは、自身に合・・

  • 転職して仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った自分の理想に近い場所を見つけ出したほうが好ましいということです。職場や勤務先を変えることで、あなたに向いている仕事に出会うかもしれません。けれども、実際に行動するとなると、即戦力となりうるスキルを持っていないと、転職自体がままなりません。逆説的に表現すると、あなた自身が価値ある人材であれば、天職に恵まれるチャンスも高くなる、ということ。今の社会は、「職業選択の自由」が社会的に当たり前になっているので、退職し転職を選択しても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。組織と人との関係が軽薄になりつつあるこんにち「スキルのある人材が欲しい」と希望する企業もだんだん増加しているので、この好機を有効に使ってみてください。