失業時の助けになる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件ですが、…

失業者が受け取れる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが・・

  • 失業者に給付される失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、給付される期間が決まっています。それまで勤務していた期間に応じて異なり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、中にはこの現実を理解していない人がいます。失業を続ける限りもらえると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて遊び続けている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き焦りながら転職活動を始めてもろくな結果とならない可能性が高いです。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかに関してはそこそこわかるはずです。ヘタをすると、面接担当者から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。
  • 楽しんで再就職と付き合っていけば、精神的な負担も軽減されるので、…

  • たのしい気持ちでいながら転職活動と付き合っていけば、メンタルを脅かされることがないので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。しかも、メンタルが健全な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。もっとも良いのは、やはり、休職期間をつくらず新しい職場に飛び込むことが大切です。今の会社を退職せずに次の職場を探すのがベストでしょう。隙間をつくらなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうすることで、職歴の空白期間がなくなるので、履歴書にもキズがつかなくて済みます。つまり、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、スムーズに転職活動を進めていきましょう。
  • 転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

  • 転社を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。インターネットでなんでも見られる現在ではメンタル面を鍛えるコツはいつでも知ることができます。さらには、転職とは関連性のないことでも、メンタル面を強くすることができます。何かと言うと「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと日本では考えられないような文化があったりと、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に向かえば、今までの面接とは違い胸を張った面接になるので良い方法です。しかし、退職後しばらくは精神面がもろくなっている人も多いので今後のために休暇も必要です。
  • 再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。

  • 転職活動には、然るべき準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に見える「服装」は重要なことだと感じてしまいます。けれど、ここ最近の、面接については、形式ばらない服装を許可しているところもあるので、しっかりビジネススーツを着て面接に赴く必要がない場合もあります。とくに会社の設立してすぐの企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手先に印象をあたえます。正装でないので、フランクに会話できるのも魅力のひとつです。また、私服を見せるたことで面接の間に、服装について、相手との話が広がる可能性もありますから、面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というワケで、これから転職は企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。
  • 転職先を選ぶにあたって、当然仕事のやりがいアップと一緒・・

  • 転職先を選ぶにあたって、当然やりがいのある仕事をすることも大切だけどそれにとどまらず給料が上がることも大事なことなので「年収サイト」に登録をしていろいろと調べています。全く同じ会社で同一の職種、経歴であるのに人によって大きな違いがあることも数多くあって、ぶっちゃけて言えば面接で質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをよく見ていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた者も誰なのかそこそこ予測できるのですが、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方だと考えておいてください」とのことでした。
  • 私は20代までに転職2回で、そして現在、資格の勉強をしながら、…

  • 20代前半までに転職2回で、そして今、いくつか資格を取得するため、派遣社員として企業で働いています。フルタイムの勤務を選択しなかったのでどうしても手取りは過去の仕事よりも少ないです。心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生のときに資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。実際にそのような人を見てしまうとかなり羨ましいと思ったりもします。これまで私は、自分と比べてしまうことが肩を落とす日もありました。今では結婚し、生活自体が大きく変わり、以前よりも明確な進路ができて楽しい毎日を過ごしています。
  • 新卒で採用された会社で嫌で反りが合わない上司に困ってしま…

  • 昔働いていた会社でのことですがパワーハラスメントを行う上司に神経を使い、とうとうやる気がなくなってその会社を辞め、ある別の同業者の企業に職を移しました。転職先の会社では上との関係も良好で働くことができて非常に満足の日々でしたが、月日の経過とともに業績が落ち込んで、結局はある会社に経営統合されることになりました。そしてその経営統合先の会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、その上感じの悪かった上司がまた私の上司になることに。どうしてこんな縁があるのでしょうか。当然ながら新たな転職先を探す活動を始動しています。
  • 転職しようと考えている会社で会社見学しておけば、かなり参考になります。

  • 転職先での会社見学に参加するとたいへん勉強になります。その中でも、「職人」がいる会社での見学は、職人技を近くで見られるので気持ちが高ぶります。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、高確率で見学者には、いつも通りの現場を見せることがまずありません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーなどの業種です。この業種では、個人のプライドが強いので実際に入社するまで、本来の姿はみえません。そのため、見学だけの仕事だと思わないことがとても重要なのです。さらに、会社見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は問題がありますから選択肢に入れるのはやめておきましょう。雇用契約を結んでいない段階では万が一ケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障など一切ありません。仕事体験ができる、と言われても丁重に断るほうが良いでしょう。
  • 今がんばっている転職活動時、「経験としてこういった職…

  • 今がんばっている転職活動の際に「私は経験としてこのような価値のあるの仕事に尽力してきました」「これまでにこういったスキルを身につけることができました」とそれまでの自身の実績などをがっしりアピールしようと考える人はわりと少なくありません。ところが、希望する1から始める会社で「可能ならばこのようなことをしてみたい」「私が経験したような事ならできれば参加したい」と将来のプランでアピールを狙ったほうがはるかに効果的だったりします。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 派遣社員だからといって好きな時にすぐ辞められるというわけではないこ・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと転職活動したことで思い知らされました。新婚し、生活が落ちついたあとすぐに子供がほしかったので、その間までと思い1年半~2年だけ今までのそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、給料は安かったですが家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。でも、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほとんど派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣社員であっても契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、悩みが増えました。