もしもあなたが転職を予定しているのなら、「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

もし転職するのなら、先に資格を取得することで有利に事が運びます。

  • もしあなたが近い将来、転職するのなら、先に「資格」を取得しておくと有利になります。また、仕事を続けながら資格取得しておくと、転職の際にあたって幅が広がるので、転職できる企業がグッと増えます。ですから、在職期間中での資格取得が最適といえます。キャリアアップを考えているなら、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の会社を退職後も後悔することなく前に進めるはずです。そのうえ、資格を取得した後では、面接のときには担当者に「即戦力」な人材として認められ、今までの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

    再就職しようとする時に必ず用意する履歴書についてですが・・

  • 再就職する時に書く必要がある履歴書などにおいてですが、だいたいは自筆ではなく、パソコンを活用して作るのが一般的となっています。今の日本社会では履歴書についてはパソコンで書かれたものではなく自筆で作成するというのが一般的だと思われていることも多々あるようですが、それは新卒の人の就活やアルバイトやパートについてであって、実際には、転職をする時においては履歴書や職務経歴書は100%手書きでないといけないとはっきり言うことはできないのです。自筆の方を良しとする企業もありますけど、そうではない時がだんだん増加してきますから、パソコンを使って作成したものでも良いとする会社は大量にあるのです。

    このところ私は派遣の会社に入っています。

  • 派遣で働いています。サイト上でふと自分に向いていそうな仕事を発見し尋ねてみると「そのお仕事はもうすでに別の方に決まりました」と言われて一瞬サイトからも仕事の情報が見えなくなるのですが、どういうわけか次の日になれば消えたはずの情報が掲載されています。これって結局私ではよくないのっていう意味ですよね。そういうことであるならば最初からカドが立たないようにはっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。はたまたもしかすると存在しない仕事を載せているのでしょうか?

    新しい職場につきたいと転職をしようとがんばっているとき…

  • もっと良い会社の社員になりたいと転職をする活動をする大半は、「ちょっとでもはやく内定が手に入れたい」と思いがちです。が、そういう気持ちで通知ほしさのあまり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、あるいは逆に過小評価にしかならない言動は可能な限りしないでください。大事なのは焦る気持ちはぐっと抑えて、冷静に客観的に考えながら自分にふさわしい職場を探すことに専心しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を見極めましょう。

    新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。

  • 仕事を始めてすぐはいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、入社したはじめの年度は、大概「研修期間」が入っているというのが少なくありません。自身の新たな仕事に就いたときは、苦労して手にした仕事なのに、予想と異なり前いた会社での年収と大方同じで変わりませんでした。また、仕事内容は多様で忙しく、責任が伴うものだったので、初年度はひどく厳しかったです。そうした経緯から1年目は、仕事を覚える時期として捉え、できれば転職するよりも以前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

    私たちの社会的環境において、将来的に着々と簡単な仕・・

  • 今後、私たちの労働環境においてどんどん短絡的な作業は機械に変更されていきそして、必要な稼働人口はどう考えても縮小させられてしまいます。というのも、考えなくてもできる仕事という観点では人以上に機械のほうが比べられないほど能力が高いからです。数をカウントするとか、同じ動作をずっと繰り返したりすることは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人間とは違って不平不満を言わないし、ペースが変わることもなく不正をすることもないし、何より正確ですし、均一にこなせます。また、給与も発生しないのです。ですので、労働力として人を使う理由がなさすぎます。機械にシフトされるもの自然の流れなのです。

    とある古物商の会社で、書類選考をクリアしました。2、3日し…

  • とある古物商にて、書類選考に受かったので、先方から、面接予定日を連絡してもらいました。にもかかわらず、面接日当日、行ってみると、行き違いがあったのか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。しばらく待たされたのち、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、たいへんに面倒くさそうな態度を見せて淡々と面接が終了しました。ですが、2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、もう待ちきれなくなり、私から問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なのでそこでまた連絡をしたところ、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れて言葉を失いましたが、素直に、採用されなくてよかったです。

    転職の際に今務めている会社を退社する時に失業保険についての手続きを行う必要があります・・

  • 転職するにあたり、今働いている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、もしも自発的に退職届を出して退職する、いわゆる「依願退職」のケースではすぐさま失業保険が出るのではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則をわかっていない人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してその結果としてハローワークの職員さんと喧嘩をしているのを見たことがあります。念のため、自分側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定を受けてからすぐに失業保険が給付される。

    昨今では、株式・不動産投資の不労所得や個人事業・起業といった生き方も増えています。

  • 今の時代は株・不動産投資をはじめとした不労所得、または独立といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような移り変わりもあり、「会社の下で働く以外は怖い」といったこれまでの見解も変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げている最中には、株式投資や自営業よりも雇われているほうが手堅いとされ、人生の正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認知されていました。しかし、そういった成長期は終わり、今現在は「成熟期」などといわれます。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。

    求人を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人・・

  • 求人情報をチェックする時、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そのような人の多くは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と間違って理解しているケースもあります。製造業の求人募集でも、経理、総務などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に関するお仕事もかなり存在します。しかし、製造業の勤務場所自体、ビジネス街から外れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと言う人もいるかもしれませんが、しかし、自身の執着をなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。